« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

エベレスト3Dを見にいく

今日は嫁さんと新しくできたイオンモール四条畷に映画「エベレスト 3D」を見に行きました。

S2
あ~やっぱり山ってコワいわ。エベレストじゃなくても、国内でも冬山で遭難て毎年ありますもんね。
趣味が模型作りでよかった。

S1
さて、一日警察署長の赤松悠実さんから自転車カゴの防犯カバーをもらって、大喜びの嫁。
そんなもんでそんなに喜ばんでええがな。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2015年11月29日 (日)

伏見稲荷に行く

嫁さんが急に伏見稲荷に行きたいと言うので、昼過ぎから行きました。

F3
伏見稲荷なんか、若いころから何回も行ってるし、スズメの焼鳥と鳥居しかないし、何が面白いねん?

F1
しかし行ってみると、もう午後3時も過ぎているのに、観光客の多さにびっくり!海外からの観光客や、着物を着た若いグループなどが千本鳥居に数珠つなぎ!

F4
嫁さん曰く、伏見稲荷は海外からの観光客の人気NO.1スポットだとか。

鳥居のトンネルも前は「けったいなもん」と思ってましたが、外国人に人気と聞くと「東洋の神秘」に見えてくるのは、我ながら単純。
F5
鳥居のトンネル回りはこれまで同様途中でリタイヤ。しんどいわ sweat01

F6
帰りは脇道で、縁結びの「荒木神社」で買った、かわいいキツネおみくじ。

F8
F7
門前の商店街ではスズメではなくウズラの丸焼きや裸弁天を売ってる店とか、なかなか面白かったです。
若いころとは趣味も興味も変わってきてるので、こんどゆっくり一人で来てみよう。

F2
帰るころはすっかり日も暮れてました。

F9
世界からのお客さんが来る観光地にすぐ行けるのはお得なかもしれませんね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2015年11月27日 (金)

海洋堂 ホビーロビー門真に行く

大阪に出る用事があったので、帰りに先月オープンした海洋堂直営店「ホビーロビー門真」に寄ってきました。

K1
確かによく考えると、本社のお膝元にいままでお店が無かったのも不思議っちゃあ不思議でしたね。

K2
さて、店内には海洋堂プロデュースの商品とともに、原型師のオリジナル作品なども展示されています。

K3
K4
一番嬉しかったのはコレ!かっちゃんのフルスクラッチビルドのディスカバリー号とタイファイターが展示してあったこと!happy01

K5
40年近く前、私が高校生のころ、自転車をこいで、寝屋川市から守口市の土居駅近くにあった海洋堂に初めて行ったときに釘付けになったのが、まさにこの2つの作品でした。

K6
K7
いま見ても素晴らしいし、あのころの気持ちを思い出します。

K8
「無いものは自分で作れ!」

K9

いまでもディスカバリー号とタイファイターが好きなのはこのおかけかも知れません。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2015年11月25日 (水)

KYOさんのルソー風と海外の掲示板から

いつも恐竜をレリーフやデザインでアレンジ・料理してくれるKYOさんが今回掲示板に投稿してくれた作品はアンリ・ルソー風の恐竜画。

0001846m
夢の世界に眠るティラノサウルスのようですね。
私、このルソーの絵が昔から好きで、本職の画家ではない「日曜画家」という響きも好きでした。
よく「へたうま」の代表のように語られますが、なんとも味わい深いですよね。
掲示板:ルソー風 

さて、ネットサーフィンしていると面白いもの発見。
海外のDinosaur Toy Forumにあった投稿作品で、私が原型制作したフェバリットのアロサウルスのソフトモデルをリペイントしたものです。

A1
や!とても良いじゃないですか!

A2
手前味噌でなんですが、ソフトモデルの中では実はこのアロサウルスが一番かっこよく作れたと思ってまして、こんな風に手を加えてもらえると作者冥利につきますね!happy01
Dinosaur Toy Forum: Repainted Favorite Co. Allosaurus W.I.P. 

ま、そんなに高価なものではないので、ひと手間加えてもらえると面白いんじゃないでしょうか。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (1)

2015年11月21日 (土)

なんでプラモデル出せへんの?

反省はまだ続きます。
ま、メカもモンスターも模型が出なくなったのは、子供(大きい子供も)のプラモデル離れも大きいと思います。
それでも販売したら絶対売れる模型はあると思いますね。
以下、私の偏見に満ちた販売して欲しい妄想プラモベスト5です。

第1位:2001年宇宙の旅のディスカバリー号

第2位:1970年の大阪万国博覧会 会場ジオラマ

第3位:SW 1m級スターデストロイヤー

第4位:関節可動のアノマロカリス

第5位:SW EP6の建設中デススター

1位のディスカバリー号はなぜ出ないのか模型界の七不思議のひとつですね。(あと6つ知らんけど)私はガレキは持ってますが、大手メーカーのは無いですよね。キューブリックが許可しないとか噂は聞きますが、オリオン号もムーンバスもプラモがあるのに不思議じゃ?出すんならやっぱり1m超えでお願いします。

20130626015345

2位の大阪万博ジオラマは私が小学生のときからの希望です。海洋堂がタイムスリップグリコでパビリオンの食玩を出したとき、もしかしたら?と期待しましたが・・・。デアゴスティーニあたりが100号分冊ぐらいで出してくれんかな~。

3位の1m級スターデストロイヤーは、これは近日中にもしかするともしかしますね。B社、K社に期待しています。

4位の関節可動のアノマロカリスですが、こんな節足動物、プラモデルにもってこいでしょ!今の可動技術なら、体節、足、ひれ、触手までクネクネ動かせまっせ!シリーズで三葉虫、海サソリや甲冑魚なんて夢のようなラインナップもありまっせ!

5位のデススター、完成状態はAMTが出してましたが、「ただのボールやんけ!なめてんのか!」と買いませんでしたが、今ではプレミアがついて・・・それはま、どうでもいいんですが、建設中のデススターのデザインを思いついたひとは天才やね。もう300枚くらいのエッチグパーツを重ねて電飾して、5年ぐらいかけて作りたい!やっぱり直径1mくらいでね!

これを読んでるメーカーの方がいらしたら、是非是非お願いします!!

(どこが反省やねん?てへぺろ)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (7)

2015年11月20日 (金)

反省の反省

さて昨日の反省。かっこいいやつに「スターシップ・トルーパーズ」のバグズを忘れてました!反省!

Img_5
tsukudadosさんやapuroさんのコメントもなるほどですね。

確かにどんなけったいなデザインでも見慣れるというのは大きいと思います。
ゆるきゃらでも見慣れると認知・承認されますもんね。
そう言う意味では、マーチャンダイジングでなんでもバンバン宣伝を打ってるものがメジャーになるっていうことでしょうか?(でもスチュアート・リトルなんかダメダメでしたね)

Stuartlittle

私のひとつの基準にフィギュアやグッズになってる数があります。
「ジュラシックワールド」の恐竜フィギュアがほとんど販売されないので、映画としては面白いが、やっぱり恐竜はキャラクターとしてはもう弱いんだと思います。

エイリアンやプレデターのグッズがどれほど巷に溢れているか。

同じことがメカにも言えると思います。
記憶にあるメカと言えば、スターウォーズ(クラシック)全部、スタートレックのエンタープライズ号、2001年のディスカバリー号、ブレードランナーのスピナー、エイリアンのパワーローダーぐらいと違いますか?(自分の好きなのを並べただけですが)
やっぱりこれもプラモやフィギュアになっている数は星の数ほどもありますね。(ITCメカや円谷メカもかっこいいと思いますが局地的ですので)

それに比べると最近の映画に出てくるメカって、モンスターと一緒で模型になりません(グッズが出ない)。私が知らないだけかもしれませんが。
火星のプリンセス「ジョン・カーター」のメカもオリエンタルでスチームパンクなメカでしたが、フィギュアや模型は見たことないし。

O0720040411925749393
デザインは凝って、複雑な形状になって、逆に記憶に残らないのかな?
最近の唯一出色だったのは「オブリビオン」のバブルシップぐらいですかね。

Oblivionimaxposter1

トランスフォーマーなんて、メカに人気があったら、バンダイが完全変形プラモデルとか出しそうなもんですが・・・出ないと言うことはそう言うことなんでしょう。

スターウォーズの新シリーズも「変なピカピカのメカ出すより、ファルコンやXウイング出しとくほうがみんな喜ぶよ、きっと」みたいな雰囲気ですし、それがまたその通りなのが憎たらしいですね。(結局バンダイのプラモデル買ってるし)

あれ?やっぱり反省になってないや。てへぺろ bleah

話はコロッと変わって、今日は「京都 大アンティークフェア」に行ってきました。

K1
が・・・もう何も買えるもん無いわ。

K2

なにもかも高い despair

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2015年11月19日 (木)

昨日の日記の反省

昨日の日記にディズニーピクチャーとルーカスフィルムからクレームが入りましたので(ウソ)、少し反省、補足します。

スターウォーズEP2のテリル・ウィットラッチ女史のモンスターのデザインが嫌いと書きましたが、そしたら旧シリーズ(EP4~6)にカッコいいモンスターやクリーチャーがいたかと言えば・・・despair
ボバ・フェットやミレニアム・ファルコンをはじめ、キャラクターやメカは思わず作ってしまいたくなるくらいメチャメチャかっこいいですが、モンスターと言えば、ワンパ?トーントーン?宇宙ナメクジ?ランカー?ジャバ?イウォーク??・・・確かに全然作りたくなるようなやつはありませんね・・・。

20101102_748480
そう思うとウィットラッチ女史のモンスターはまだマシなデザインだったかも?(やっぱり作る気は起きませんし、旧シリーズで唯一かっこよかったモンスター、デューバックのデザインを改悪したのも女史ですが)

それにしても海外のモンスターって魅力ありませんね。最近ではアメリカ版「ゴジラ」でも「パシフィックリム」でも、出てきたモンスターのデザインって何~にも覚えてないわ。(これは前にも書きましたが、私のセンスが時代に乗り遅れているだけかもしれませんが)

でも実際の話、エイリアンとプレデターとハリーハウゼンのモンスター達とドラゴンスレイヤーのバーミースラックス、アバターのイクランぐらいと違いますか?今でも愛されているのは。(猿が嫌いなので、キングコングは入れない)
ま、みんな一応主役(級)なので当たり前ですが。

Img_2

そう考えると恐竜って、モンスターとしてもキャラが立ってますよね!ティラノサウルスもトリケラトプスも!happy01

あれ?反省になってないや。テヘペロ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2015年11月18日 (水)

幻獣デザインのための動物解剖学

最近購入した本の紹介です。

「幻獣デザインのための動物解剖学:絶滅種・恐竜を含むあらゆる動物の骨格と筋肉」 テリル・ウィットラッチ著 マール社(2015年)

G1
以前紹介した「ANIMALS REAL AND IMAGINED」の続編・邦訳本です。

題名から分かるように、現生動物、絶滅動物、空想動物、恐竜などを骨格→筋肉→体表とイラストで解説している、模型作りにはとっても親切でお得な構成です。

G2
さて、前にも書きましたが私はウィットラッチ女史のクリーチャーのデザインが好きではありません。

G6
スターウォーズEP2に出てくるクネクネした変なトカゲみたいなモンスターのデザインは大嫌いです。

G3
それは、ま、好き嫌いの話ですが、この本の印象も前著と同じで、クリーチャーや恐竜の復元(?)は、まず女史の外観のデザインがすでにあり、それに骨格や筋肉を合わせている印象を持ちます。ま、クリーチャーは御自分のデザインなので、それもアリだと思いますが、恐竜にもそれが見えてしまいます。
恐竜も彼女の幼少からのもともとのイメージがあり、後付で解剖を描いてる感じがします。
(私も同じタイプなのでそれが透けて見えてしまいます)

G4
現生動物や人間は、もともとその外観を見知っていて、後学で解剖の裏付けをするのはしかたありませんが、恐竜はまったく違うと思います。
さっきの書き方なら、現生動物は、外観→筋肉→骨格。
せっかく現生動物まで併記してるんですから、ペンギンやカバのように「え?こんなに外観と骨格は違うの!?」みたいな絵、例えば(10年前ならともかく)羽毛恐竜などは骨格→筋肉→体表→羽毛で、もっと外観の違う(もっとふっくらした)イメージ画も付け加えるべきではないでしょうか。(特にこう言う影響力のあるひとには)

G5
こちらは少し前に発売された「BIRDER(バーダー)」2015年8月号の表紙絵のミクロラプトルですが、こちらも現生の生物、哺乳類や鳥を描いている川口敏氏のイラスト。羽毛に埋まってる首や羽のバサバサ感などすごく鳥っぽく描かれています。

B1_2
イラストのコンセプトが違うので、どちらが良いとか言えませんが、私の想像を超えてるという意味では川口氏の絵のほうが私は好きです。 

前にも書きましたが、これからも鳥を描いている画家やバードカーバーたちが羽毛恐竜を創ると、私みたいに恐竜しか作ってない作家が想像もできない面白い復元を創ってくれるんじゃないでしょうか。

ま、いろいろ欲張ったことを書きましたが、ドラゴンや恐竜模型を作るうえでもとても参考になる本だと思いますので、ご興味にあるかたどうぞ。

さて話はコロッと変わりますが、デアゴスティーニから「週刊 スターウォーズ ミレニアム・ファルコン」がついに発売されますね!

151117nsw2
1/43スケール!全長808mm、全幅596mm!

一部地域では先行販売されていたようですが、やっと全国発売!ヤッホ~!
全100巻、20万円か~ どうしようかな~?定期購読しようかな~? 3年ほど待ってヤフオクで5万円くらいになるまで待とうかな~?(買うな!!←嫁の声)

ちなみに私が持ってる一番大きいファルコン号。

K11

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

福井と丹波で恐竜イベント

福井県立恐竜博物館では現在「New Comer Collections ~ はじめまして!ぼくたち新参者です!~」が開催中。

Newcomer2015banner
館の新しい化石コレクションを随時公開予定だそうです。
現在はアロサウルスの全身骨格、復元模型、ディノニクスの実物大復元模型3体などを展示中です。
荒木恐竜工房もお手伝いしたPRモデルも公開中ですので、是非ご覧ください。
詳しくはこちら

また丹波市春日文化ホールでは丹波竜フェスタ「最新の恐竜研究2015」が12月6日(日)に開催されます。

25984
カナダのフィリップ・カリー氏など超豪華講師陣の講演やパネルディスカッション、ワークショップがあります。
詳しくはこちら

また香川県 宗吉かわらの里展示館では「竹内しんぜんフィギュアの世界展」が開催されます。

20151113103611_0001
詳しくはこちら

もう恐竜は夏だけのものじゃなくなりましたね!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2015年11月13日 (金)

池田に猪食い

さて昨日、今日と慰安と取材を兼ねて兵庫の池田と三田に嫁さんと行ってきました。

まずはチキンラーメンの発明者、安藤百福氏の「インスタントラーメン発明記念館」

S1
中は遠足のお子ちゃまでいっぱいでした。

S2
そのあと阪急池田駅に向かい、昭和テイスト満点の商店街を通って「落語みゅーじあむ」を見学。

S5
中学生のころ、夜中のテレビでやってた「枝雀寄席」の「池田の猪買い」で死ぬほど笑った経験があります。

と言うことで、伏尾温泉、不死王閣にボタン鍋を食べに行きました。

S7
奮発して露天風呂付の部屋。

S8
期待していたボタン鍋は肉が硬くて、味噌味が濃すぎていまいちでした。(和歌山の川湯温泉で食べたときは美味しかったのにな)

S9
でも風呂につかって夜空を眺めながら酒を飲むという、昔からの夢を実現できて気持ち良かったっす!happy01

S11
(2年ぶりのサービスカット)

さてあくる13日の金曜日の今日は道を間違えながらも「兵庫県立人と自然の博物館」を取材。

S10
その後嫁さん希望の「めんたいパーク神戸三田」と「神戸三田プレミアム・アウトレット」に。
めんたいこをしこたま試食させてもらいました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2015年11月10日 (火)

あかん!スターウォーズ見たくてたまらん!

もうすっかりスターウォーズ熱は冷めたと思ってましたが、新作「スターウォーズ フォースの覚醒」の新しい予告編を見ると、もう見たくて見たくてたまりません!sweat01

なんじゃこの「地獄の黙示録」のワンシーンのようなタイファイター!カッコ良過ぎるやろ!

Sw
クラシックシリーズの初期デザイン復活のXウイングや黒いタイファイター、マントをまとったトルーパー、女性の主人公など、なんかもうマニアのツボを押さえ過ぎ!
不細工なデザインと思ってたカイロ・レンのでさえ(私の勘では、こいつがルーク)、もうこれだけ見せられるとすっかり見慣れて、お馴染みのキャラクター(BB-8も)みたいに思うのはプロモーションの上手さ!

思えば40年前、最初のスターウォーズが作られたとき、誰かの「ディズニーがSF映画を作ったみたいだ」みたいな例えがあったが、それが本当になった!

12月18日が待ち遠しい!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2015年11月 7日 (土)

伊賀上野に行く

今日はtsukudadosさんと一緒に伊賀上野の上野民族資料館で開催されていた「恐竜と世界の化石2015」を見に行きました。(本日が最終日)

U1
U7
タブリンこと田渕良二さんの木彫骨格模型が多数展示されていました。

U2
スケールは1/10で大きくて迫力があります。

U4
U3
モンゴルの格闘化石。

U5
頭骨。

U6
土地柄、街中には忍者がいっぱい!

U8
忍犬!

U9

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2015年11月 3日 (火)

自動運転

ときどき書きますが、「失われた未来」話です。
私が子供のころ、21世紀になったら、車が空を飛んでいるイラストなんかありましたが、50年経ったいまでも車は地べたを走っています。

で、最近車の自動運転機能の実用実験が各国で開始されて話題になっていますね。

私は科学や技術に暗いですが、こんなもん公道で実用される(できる)わけないと思います。
こんなことができるんなら、とっくの昔に鉄道がすべて自動運行されているでしょう。

S1
大阪にニュートラムという鉄道交通システムがあり、一応これは運転士の乗っていない自動運行です。でもひとたびトラブルがあれば、職員が駆けつけて処理しますが、私の知っている限りでも事故やトラブルは2~3回はあったと思います。

たった数Kmのレールの上を一方通行して、駅に停まるだけの最も簡単で単純なシステムでも故障やイレギュラーで止まってしまうのに、くもの巣状、網の目状の道路を何十万と走る車、人、動物、自転車などをコントロールして自動運転なんかできるわけがないと思います。(自動車専用道路の一車線を専用にするとか、すべての乗り物が時速2~30km以下で走るとかなら分かりませんが)

ま、自動ブレーキや危険予測・回避機能の性能がもっと良くなるのが妥当なところだと思います。
それすら搭載車と非搭載車、性能の違いなどで当面はトラブルはあるでしょう。

例えば、限られた敷地内を自動運行できる乗り物ができても、悪意のあるものがトラブルを起こせば、自動が故に立て直すのに有人の際よりも時間がかかるかもしれません。

もちろん、人が起こすミスと機械が起こすミスとでは、数の上では減るかもしれませんが、一旦ミスを起こした後のシステムの混乱は予想できません。
(JRで川崎で起こった事故のため、川口まで電車が止まってしまうみたいに)
また完璧なシステムでも、それを操作する人間にはやっぱりエラーがあるわけですし。

ワークショップなんかでよく車で遠征する身としては、寝てる間に目的地に着いているというのは理想の未来ですが、機械に任せて良い部分と人に任せて良い部分とちゃんと区別しないと大変なことになるんじゃないでしょうか。

人の能力を補佐する事故防止システムが発達し、車対車、車対人などの事故を減らす。高速道路の一部車線で自動運転ができるぐらいが良いところではないでしょうか。

(ん~2020年、東京オリンピックで一般道や公道で自動運転が実用化されてたら、恥ずかしいな~ coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2015年11月 1日 (日)

恐竜太郎さんのデフォルメ恐竜とKYOさんのT-rex頭骨

さて当ブログ主がまったく恐竜を作らないのに、掲示板には続々と作品の投稿があります!ありがたいことです。

まずは恐竜太郎さんのデフォルメ恐竜!もうすっかりお馴染みになりましたね。

0001840_3m
この格闘化石のほか、テリジノサウルス、タルボサウルスもありますよ!→掲示板:モンゴル産デフォルメ恐竜たち

こちらは木彫レリーフや様々なデザイン作品で楽しませてくれるKYOさんが、今回はT-rex頭骨を粘土造型で挑戦してくれました!

0001841_2m
骨を粘土で作るのは結構難しいところがありますが、一度作るとコツを掴めるんじゃないでしょうか。
掲示板:T-rex頭骨 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »