« なんでプラモデル出せへんの? | トップページ | 海洋堂 ホビーロビー門真に行く »

2015年11月25日 (水)

KYOさんのルソー風と海外の掲示板から

いつも恐竜をレリーフやデザインでアレンジ・料理してくれるKYOさんが今回掲示板に投稿してくれた作品はアンリ・ルソー風の恐竜画。

0001846m
夢の世界に眠るティラノサウルスのようですね。
私、このルソーの絵が昔から好きで、本職の画家ではない「日曜画家」という響きも好きでした。
よく「へたうま」の代表のように語られますが、なんとも味わい深いですよね。
掲示板:ルソー風 

さて、ネットサーフィンしていると面白いもの発見。
海外のDinosaur Toy Forumにあった投稿作品で、私が原型制作したフェバリットのアロサウルスのソフトモデルをリペイントしたものです。

A1
や!とても良いじゃないですか!

A2
手前味噌でなんですが、ソフトモデルの中では実はこのアロサウルスが一番かっこよく作れたと思ってまして、こんな風に手を加えてもらえると作者冥利につきますね!happy01
Dinosaur Toy Forum: Repainted Favorite Co. Allosaurus W.I.P. 

ま、そんなに高価なものではないので、ひと手間加えてもらえると面白いんじゃないでしょうか。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« なんでプラモデル出せへんの? | トップページ | 海洋堂 ホビーロビー門真に行く »

コメント

前略、コメントありがとうございます。ルソーさん、いいですよね。本当はこの人、葉っぱを描きたかったんでしょ、と思えるくらい1枚1枚の葉っぱに愛があります。
つまりウロコを1枚1枚愛情を込めて作るのと同じなのでしょうかね。

投稿: KYO | 2015年11月26日 (木) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんでプラモデル出せへんの? | トップページ | 海洋堂 ホビーロビー門真に行く »