« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日)

優しいうそ

今日の読売新聞に『「優しいうそ」に感激』という記事が載っていました。

内容を簡単に書くと、投稿者の女性が若いころ、赤ちゃんを抱っこしてバス停で待っていると、雨が降り出してきたそうです。雨が激しくなってきたとき、後ろから50代の女性が、「バスが来るまで一緒に傘に入りませんか」と声をかけてくれ、遠慮しながらも好意に甘えたそうです。そのうちバスが来て乗り込むと、その女性はバスには乗らず立ち去られました。最初は戸惑ったものの、私に気遣いさせないように優しいうそをついてくれたんだなと気がつき、「見ず知らずの人間にそこまで親切にしてくれて」と今でも感謝しています・・・という内容でした。(全文は→読売新聞HPの記事

さて私がこの記事を読んだ最初の感想はもちろん、いい話だな~でしたが、次に思ったのは「同じ思考レベル、価値観どうしの人でよかったな~」と言う事でした。

私みたいな鈍感な人間なら同じことされても、「あれ?あのおばちゃん乗るバス間違ってたんかな?笑」で終わっていたかもしれません。

嫁さんに話すと、「なんや、バス降りても雨降ってるかもしれへんから、傘貸したったらええのに、気がきかんおばはんやな~」

誰にでも理解できる行為ならまだしも、微妙な行為というのは、する方も、される方もそれなりの理解力が必要かもしれませんね。

いままでの人生でも、親切にされているのに気がついてないままとか、悪意を好意と勘違いしたままとか、その反対とか・・・あ~怖い怖い shock

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年1月30日 (土)

ポーズスケルトン 哺乳類

以前リーメントのポーズスケルトン恐竜シリーズをほんのちょっと紹介しましたが、今回は哺乳類シリーズの紹介です。

Z1
売ってたのは知ってたんですが、先日アフリカゾウを作ったのを機会に4種類買ってみました。

Z2
ゾウ、サイ、ヘラジカ、ゴリラがあります。

ひとつゾウを開けてみましょう。

Z3
超精密モデルではありませんが、雰囲気は悪くないです。

Z4
関節が16ヶ所可動なので、いろんなポーズが可能・・・でもないですが、それなりに。

Z5
パオ~ン! スケール1/18ということでですが、イメージ的には1/25ぐらいでしょうか。
Z6
遠近を工夫して、自作アフリカゾウと同じポーズで。

Z7
なかなか面白いですね。

Z1_2
こんな感じですか?(2013年 横浜のマンモス展から)

Z11
マンモスなど化石ゾウ類の骨格模型は見たことありますが、現生の哺乳類の骨格模型って、あんまり見ないのでこういうのは嬉しいですね。
爬虫類や両生類もあるようです。これも骨ブームのおかげでしょうか。happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年1月29日 (金)

恐竜折紙 in ダイソー

このブログでもコメントいただく、折紙作家の高井弘明さんの恐竜折紙セットがダイソーで発売中です。

O1
2セットあり、1セットに3種類の恐竜の降り方と6枚(3柄 各2枚)がセットされています。

O2
紙の大きさも25cm×25cmあるので、大きな恐竜が作れますよ!

O3

目玉もついているのでリアル!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年1月27日 (水)

アフリカゾウを作るぞ! 後編

アフリカゾウの後半は彩色、完成編です。

A1
色塗りはいつものようにアクリル絵具で筆塗装です。

A2
まず全体をグレーで塗っていきます。

A3
全体が塗りあがったら、牙、爪などを塗ります。

A4
次に全体に薄めたエナメル塗料のつや消しブラックを塗りつけ、

A5
ティッシュで拭き取ってディテールを強調します。

A6
一段明るいグレーをドライブラシで塗りつけ、目など細部を塗り、完成です。

A7
1/20スケール アフリカゾウ

A14
絶滅危惧種ですが、保護活動を尻目に大きな牙(象牙)目的の密猟で、頭数は依然減りつつあります。

A8_2
そのため、大きな牙を持った血統種は現在ではほとんどいなくなり、オスでもそれほど大きな牙は持っていません。(小さい牙の種類だけ生き残っている)

A10
象の長い鼻は人間の手のように器用に動くので不思議に思いますが、この部分は人間で言うと鼻から下の上唇部分にあたるそうです。

A11
上唇で下唇に触れたり動かす感覚で象の鼻を捉えると、なんとなくあの器用さが理解できますね。

A12
さて、アフリカゾウをはじめて作りましたが難しいですね。長い鼻と大きな耳をつければ、なんとなく象にはなりますが、かっこよく作るにはもっと勉強しないといけません。

A13
男前のゴリラの写真集が出てますが、アフリカゾウにも男前があると思います。もっとも人間から見た勝手な男前ですが。
私は手塚治虫の「ジャングル大帝」に出てくる、鼻の付け根の太いアフリカゾウが好きで、あんな強そうなやつを作ってみたいな~。
また作ってみようかな。パオ~ン!

アフリカゾウを作るぞ! 前編 

メガソフビ ↓ 予約開始になってますよ!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2016年1月26日 (火)

アフリカゾウを作るぞ! 前編

少し前の日記にも書きましたが、海洋堂のメガソフビで松村しのぶ氏のアフリカゾウが発売されますね。
そうしたらもうアフリカゾウを作ろうという気がたぶん無くなってしまうので、今のうちに作ることにしました。
ちょうど仕事も無くてヒマですし coldsweats01

13
わたし結構アフリカゾウは好きで、写真集やフィギュアや模型は集めています。(そのうちコレクションの紹介もします)
先日もネットオークションでケニア出身の彫刻家、ロバート・グレン(Robert Glen)のメチャかっこいい彫刻が出品されてたんですが、残念ながら落札できなかったので、今回はそれをお手本に作っていきます。

作り方は恐竜のときと一緒。まず発泡スチロールを芯にして

1
石粉粘土で包んでいきます。

2
肢部分には太目のアルミ線を芯に入れます。

3
鼻にも芯にアルミ線を入れています。

4
まず頭のほうから粘土を盛りディテールをつけていきます。ん?こんなんスターウォーズに出てきたような?

5
耳をつけると、とたんに象らしくなりますね。

7
足を作り、牙もつけ、耳にもディテールをつけていきます。

8
耳の形を整えて形の完成です。スケールは約1/20。

9
少し頭がでかくなりすぎたのか、ロバート・グレンみたいに精悍さが出せず、丸っこい感じになってしまいました sweat01

10
反対側。ん~鼻ももうちょっと動きをつけた方が良かったかな。

11
お尻としっぽ側。

12
この角度が一番見れるかな?

14
後編は彩色です。

アフリカゾウを作るぞ! 後編

メガソフビ ↓ 予約開始になってますよ!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2016年1月24日 (日)

ガッチさんの巨大ディプロカウルス!

大物模型のガッチさんの新年2作目(すでに!)はハンマーヘッドサラマンダー「ディプロカウルス」

0001883m
いつもワンパターンな感想で申し訳ありませんが、スゴイ存在感ですね!(雪もすごい)
これはフィニッシュ版で、色が変更されています。

変更される前はこれ。

0001881_3m
この色はこの色でカッコいいですよね!

掲示板:再アップディプロカウルス 

掲示板:ディプロカウルス完成 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年1月22日 (金)

タイの新種イグアノドン

先週新聞にも載っていましたが、福井県立大学恐竜学研究所とタイの共同チームが発見したイグアノドン類の化石が新種であったと発表されました。
学名はタイのシリントーン王女への祝意を込め、「シリントーナ・コラーテンシス」と命名されたそうです。

0160115at03_p
復元画はこちらでもお馴染み、展示がお仕事さん作です!happy01

福井県立恐竜博物館HP 
中日新聞 

今週、タイのナコーン・ラチャシーマ・ラジャバット大学でも発表・展示がありました。
展示される復元模型は昨年モノ・荒木恐竜工房で作成したものです。

210
タイでの報道。
http://m.manager.co.th/Local/detail/9590000006864 

https://www.youtube.com/watch?v=H85yaIZvzhk (ニュース動画)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年1月19日 (火)

四十にして惑わず?

いま世間を賑わしている芸能界の話ですが、40歳前後って、いろいろ考える時期ですよね。
現在54歳の私もちょうどその頃、それまで勤めていた職場を辞めて、新しい生き方を考えた時期があります。
結局そのときは思い直し、数年同じ職場で働いた後に独立して10年経ち、今に至っています。
仕事が充実していた、自信が出てきた、責任も出てきた、そんなときに環境が変わる、例えば、上司が変わる、部署が変わる、給与が変わるなどがあると、「はたして、自分はこのままでいいのか?」って思う節目があります。
その時に結婚している、子供がいるなど家庭がある場合と、独身の場合とおのずと決断が変わってきます。
ただ、精神的にも体力的にも、新しいことに挑戦するにはギリギリかもしれません。
(ま~いくつになっても変に精力的な人はいますが、それは例外でしょう)
孔子の時代とは違うかもしれませんが、このときの決断はその先の人生を決定する大きな選択かもしれませんね。「あの時、ああすれば良かった・・・」と後悔しないように。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年1月17日 (日)

二日酔い

昨日珍しく新年会のはしごをして、今日は二日酔いで一日死んでました。
昼から寝屋川で小・中学校、夕方から枚方で高校の同級生と半日飲んでました。

移動時に寝屋川にあるレトログッズ店をちょっと覗いてみました。

N1
けっこう昔から潰れずにありますね。
N2
こちらもよく行く古本屋さん。エロ本が安い。

N3
サラリーマンを辞めてからすっかり飲み会からも遠ざかり、酒も弱くなったと自覚して日本酒だと絶対しんどくなると思ったので、ビールしか飲まんかったのに、思ってた以上にアルコールに弱くなったということでしょうね。

枚方のお店は同級生 松葉くんのお店の串焼きtotoyaさん、とても美味しいので近くの人は行ったてね!happy01

近鉄百貨店があったところにでかいビルが建ってるぞ!

N4

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年1月12日 (火)

買うた止めた音頭

いや~今年55歳にもなるというのに恥ずかしい~。

デアゴスティーニの「週刊スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン」で踊ってしまいました。
全100巻、期間2年。約20万円。全長80cm強。
デカイわ、高いわ、期間長いわ、とは思いつつ、大好きなファルコン号が、しかもプロップと同じ大きさが、しかも内部まで再現されてるし、前に販売されたプロップレプリカは確か40~60万円してたし、ファインモールドの完成品でも20万円してたし、それに比べたら安いし、軽いし、なんと言っても2年間の楽しみができる。。。
よし買おう!happy01
と、先日ネットで定期購読の手続きをしたのですが・・・・
その夜、嫁さんが愛想を尽かせて家出する夢を見てしまい、熟考の末、本日キャンセル。。。根性なしですみません・・・ despair

こうなったら3年後ぐらいに、全巻買ったけど結局作らず手放すお父さんたちの出品をオークションで5万円ぐらいで入手できるまで待つことにしました。
それまでにバンダイかドラゴンがでかいファルコン出すかもしれんしね!(←負け惜しみ)

F1
とりあえず記念に1号だけ買っときます。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (9)

2016年1月11日 (月)

ヤンキーのジレンマ

相変わらず荒れる成人式のニュースがありますが、ちょっと思い出したことを。 家の近所のTSUTAYAに行くと車椅子優先駐車スペースに、よく黒塗り・アルミホイール・窓スモークのワンボックス車が斜めに停まっていて、中からマイルドヤンキー風の家族(狼カットの子供つき)が降りてくるのを見ます。

「ほかのスペースも空いてるのに、そこに停めるなよ」と心の中で苦々しく思ってました。
ところが先日ある記事をネットで読んで、少し謎が解けました。

記事の詳細は忘れましたが、内容はだいたいこんな感じです。
ヤンキーどうしは誰がどんな車に乗っているか把握している。だから郊外のイオンなんかに行ったりすると、「○○さん、昨日どこそこのイオンにいましたね。」とか「あいつ、どこそこを信号無視して走っとったわ」ってすぐ仲間に知れ渡るそうです。
そんなときに、普通の駐車スペースにきちんと駐車してたり、法定速度で走ってたりすると、仲間から馬鹿にされる(?)らしい。
だから本当は普通に停めたくても、わざと斜めに停めたり、優先スペースにわざと停めたり、前の車を煽ったりして、「おれはこんなにワルなんだぜ!」と(どこかで見ているかも知れない仲間に対して)アピールする必要があるそうです。

Kixvbdhhardkejg_s1cv6_161

そんなアホなことで!と思いますが、反対に考えてみると、非の打ちどころのない優等生も、本当は「エロ本立ち読みしたいな~」「立ちしょんべんしたいな~」と思っていても、どこで誰が見ているか分からないから、優等生を演じているってこともあるでしょう。

そう思ってヤンキーの駐車を改めて見ると、「彼らも本当は普通のスペースに駐車したいのに、かわいそうやな~」と思えるように・・・・なるわけないやろ!coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年1月10日 (日)

模型で見るスター・ウォーズ展に行く

今日はtsukudadosさんと一緒に、阪急西宮ガーデンズで開催された「模型で見るスター・ウォーズ展」を見に行きました。

N4
小規模な展示会でしたが、凄腕スター・ウォーズモデラーの力作揃いでした。
N12
池田始さんの3Dモデリングとプリンターで制作された反乱軍の病院船。

N5
全長70cm。電飾されていて迫力満点。

N6
ちょうぎさんのブローケットランナー!

N7
かっこいい!

N8
バンダイさん、プラモデル出してよ~!

サンドクローラー!

N10
TOHOシネマのすぐそばのギャラリーだったので、映画帰りの家族連れなどひっきりなしにお客さんが入ってきてましたが、惜しいことに今日1日の開催でした。

N11
デアゴのファルコンが展示されるという噂がありましたがポスターだけでした。
実物見たら100巻購入決意しようかなと思ってたんですがね~sweat02

さて展示会に行く前に、西宮えびす神社に行きましたが・・・

N1
人人人・・・

N2
人人人・・・

N3
さすが十日えびす!!wobbly

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年1月 9日 (土)

中国 泥人形 泥人張彩塑

今回紹介するのは、ネットオークションで入手した中国 天津伝統工芸、泥人形の姑娘(くーにゃん)です。

C4
と言っても、あんまり詳しいことは知りません。 粘土で塑像したものを、乾燥、素焼きして彩色したものとありますが、工芸品なので型作りしているかもしれません。
髪飾りの花や紐は別素材です。

C3
独特の立ち姿で、顔立ち、お化粧にも様式があるのでしょう。

C5
大きさは約38cmあります。こういうものにスケールをつけるのも野暮ですが、だいたい4分の1スケールぐらいでしょうか。結構大きいです。

C2
おそらくお土産品で、こんな箱に入ってました。

C1
こちらの本は「泥人張彩塑芸術( The art of nirhen zhang's clay sculpture)」

C6
30年近く前に、職場の先輩が中国に行ったときに買ってきてくれたお土産です。 「荒木はこんなん好きやろ」と渡されましたが、当時はそれほど興味が湧かなかったんですが、いま改めて見ると素晴らしい本です。

C7
共産党政権以前の中国の生活・風俗や衣装をいきいきと表現されています。

C9
まさにリアルフィギュアと言って良いでしょう。動きにもシナやケレンミがあって勉強になります。

C8
粘土で衣装までリアルに作るのは、日本の博多人形にも通じますし、果ては現在の美少女フィギュアのルーツと言ってもよいかもしれませんね。
たぶん世界中にこういった人形があるんでしょう。

さて、こちらはフィギュア王のムック「東映動画アーカイブス」ワールドフォトプレス刊(2009年)

C10
ご存知、宮崎駿、高畑勲、大塚康生などが参加した「太陽の王子 ホルスの大冒険」などの東映動画、黄金期の記録集ですが、大変興味深いことに、作画の参考に作成された各映画のキャラクターのクレイモデルが掲載されています!こんなもの残っているんですね!

C12
白蛇伝のクレイモデル。

C11
これにも泥人形の影響が多分に見えます。

泥人形をネットで少し調べてみると、これまでは歴史的な場面や人物が作られることが多かったみたいですが、現代作家の今風の装束、風俗の人形も発表されているみたいで、とても興味があります。ご存知の方がおられたら是非御情報くださいませ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年1月 8日 (金)

私感 スター・ウォーズ

例えば、五木ひろし(ジョージ・ルーカス)が、名曲「待っている女(スター・ウォーズ)」を何回も何回も歌ってるいるうちに、変に間を取ったり、伸ばしたりアレンジして(プリクエル)歌うようになりますよね。

当の五木ひろしは歌詞の内容や自分の感情・思いなどもっと強く表現したいと思って歌ってるのでしょうが、我々普通の聞き手(オールドファン)は、もっと最初のレコードやCD(旧3部作)の時みたいに歌ってくれよ!って思ってしまいます。

するとそこに大衆が何を喜ぶのか熟知している秋元康みたいなの(ディズニー)が出てきて、AKBみたいな若くてきれいな女の子(J・J・エイブラムス)が正調ながら華やかに情感をこめて「待ってる女」を歌ってくれると、オールドファンも・・・「やっぱりいい歌やん!待ってる女!(フォースの覚醒)」←いまここ。

Bb8

それにしてもBB-8はかわいい。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2016年1月 7日 (木)

毎日小学生新聞に載りました!その3

昨年末の毎日小学生新聞(2015年12月28日)に紹介されました。

M1
「恐竜さんぽ 33」で工房訪問の様子とインタビューが掲載されました。
機会がありましたらまたご覧ください。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年1月 6日 (水)

今年の楽しみがまたできた

海洋堂のツイッターで、松村しのぶ氏のアフリカゾウがメガソフビで出るとか!やった~!happy01

Cx9bmnusaaawrz
https://twitter.com/kaiyodo_PR/status/684404687945117696

前から出ないかな~と思っていたので、めちゃ嬉しいぞ!good

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年1月 5日 (火)

新年投稿作品!

2016年になったばかりですが、掲示板には投稿作品が新年から続々と寄せられましたので、紹介します。

まずは、以前アロサウルス模型を投稿してくれた、EIZIさんが羽毛ヴェロキラプトル。

0001873m
体表の羽毛も細かく表現されていますね。
掲示板:ヴェロキラプトル 

Mozzyさんの羽毛アロサウルス。

0001874_3m
当初は羽毛無しでしたが、ティッシュペーパーとボンドで羽毛を表現。フワフワしたイメージが出ていますね。
掲示板:羽毛恐竜?  羽毛恐竜?? 

すごい勢いで大物作品を作られている、ガッチさんのレガリケラトプス。

0001877m
角竜の新種ですね。角竜好きの私も作らねば!
掲示板:レガリケラトプス完成  再アップ   

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年1月 4日 (月)

技法書の紹介

以前紹介した彫塑技法書「Portraets in Ton」の続編が出ましたので紹介します。
「Korper perfekt modellieren」

M5
前書は主に頭部の制作についてでしたが、本書は頭部、体幹はもとより、腕や脚や足先など部分の制作方法が詳細な写真で構成され解説されています。

M6
肘や膝など多くの筋肉や腱で構成された箇所も分かりやすいです。

M7
陰影を上手く使っているので、筋肉のふくらみや溝が見やすくなっています。
M8
これまで持ってる本の中では一番分かりやすいじゃないでしょうか。

M9
これは一冊持ってて損はないと思います。

参考日記→技法書の紹介 

こちらは一緒に買った「Modelling heads and faces in clay」

M2
タイトルどおり、頭部、顔の塑像に特化した技法書です。

M3
首の角度など、ミスしがちな造形にバッテンでダメだしがあったりして面白いです。

M4
私も気をつけねば coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年1月 2日 (土)

ちょっと今年の楽しみができた

香港のプラモメーカーのドラゴンから、SWの1/35スケールのAT-ATスノーウォーカーが出るみたい!

Cxybdewweaarpow
これはちょっと楽しみ!happy01

Cxylt1tukaaadks
ま~1/72スケールのサターン5型ロケットなんか出すところですからね~。
ついでに1/48スケールのミレニアム・ファルコン号もお願いします!
できれば1/6スケールの月着陸船も出してくれんかの~diamond

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
ここ数年、年度末までの仕事で、暮れ正月返上で仕事をしていましたが、今年は久しぶりにのんびりしたお正月を迎えました。

今日は奈良の兄宅に年始のあいさつ。
ネットに猫を載せると受けるらしいので、兄宅のチビ(12才♀)を。

N1
去年は夏の「ジュラシックワールド」、暮れの「スターウォーズ」を楽しみに頑張れましたが、今年は何を楽しみにしたらええのやろ?

最近あんまり恐竜ネタがありませんが、どうぞ今年もよろしくお願いします!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (10)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »