« 東寺 ガラクタ市に行く その2 | トップページ | 恐竜模型教室のお知らせ »

2018年6月20日 (水)

大阪北部地震 震度6弱

6月18日7時58分に大阪府北部で、震度6弱の直下型地震が発生しました。
自宅は京田辺市ですが、地域的には震源近くです。

ちょうど、一階で7時半から始まるBSのNHK朝ドラ「半分、青い」を見終わって、二階の寝室に朝の血圧を計りに戻ったときに、ズン!ズン!と強い揺れが数秒続きました。
同時に地震速報もスマホから鳴り出し、時間的にはたいした長さではありませんでしたが、強さはかなりのもので、一緒に起きた嫁さんも「大きかったな」 私も「かなりやばかった」と。

落ち着いたところで、寝室を出ると、二階の階段ホールは本棚が倒れ、階下まで本が散乱していましたが、子供たちも無事で、それほど被害はありませんでした。

さて、そうなると急に枚方市にある工房のことが心配になってきました。
枚方市は震源の高槻市、茨木市と共に震度6弱の地域です。
工房にはショーケースにコレクションやら模型やら、自宅とは比べ物にならないくらいの物量があります。
自宅の片づけは嫁さんと子供に任せて、車で工房に向かいました。

途中の道路では水が噴出している個所や、消防車などとすれ違い、不安はどんどん増していきます。
前日まで作っていた、納品前の原型模型を無造作に机に置いていたことや、ガラスケースが倒れて、コレクションが散乱している最悪の状況を考えながら、到着。

工房に入る前に、深呼吸して手を合わせて「何事もありませんように」と祈ります。

さて中に入ると、机に置いていた模型は下に落ちて、少し破損していましたが、あとは想定内、最小限の被害で済んでいました。

J4_3
一番心配だったショーケースも倒れることなく、中のコレクションも多少ずれてこけたり、落ちたりしてましたが、ま、なんとか無事でした。

J7_3
ガラスのショーケースが無事だったのは、以前施した地震対策が多少なりとも役に立ったのかもしれません。(2年前のブログ→ジシン対策作戦!) 

J6
もちろん、震度7などもっと大きな揺れだったらひとたまりもなかったかもしれません。

J5
これまで、頭では「地震が起こったら大変やな」と思っていても、その対処などは後回しにしていましたが、今回は不幸中の幸いと思い、これを機に、コレクションの保管方法など改めて見直すつもりです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 東寺 ガラクタ市に行く その2 | トップページ | 恐竜模型教室のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東寺 ガラクタ市に行く その2 | トップページ | 恐竜模型教室のお知らせ »