« 2018年10月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月31日 (月)

創造空間 ザ・昭和テレビジョン!

実は前から欲しかったオモチャをやっと入手できました!

タカラトミーの創造空間 ザ・昭和テレビジョン

Tv4
もう15年ぐらい前に発売されたもので、当時2万円と高価だったのと、当時はドールハウスに今ほど興味がなかったので買いそびれてました。

先日ふと思い出し、ネットオークションでゲット。

昭和40年代のお茶の間を再現した「オモチャ(と、言うにはよく出来ている!)」で、なんとテレビは実際に映ります。

Tv5_2
が、しかし、残念ながら昔のオモチャで、アナログ放送にしか対応してません。
すでに時代は地上波デジタル!4K時代!
Tv6
そのままでは画面は「砂の嵐」

Tv11
でも入力端子を使えば、ビデオやDVDを見ることが出来ました。

Tv7_2
(おそらくデジタルチューナーを繋げば、テレビ放送も見れると思います)

Tv8_2
画面は「この世界の片隅に」のすずさん。

Tv10
さて、付属の家具や小物の一部を置いてみました。

Tv9
おお!なかなかいいじゃないですか!happy01

これを使って何をしたいかは・・・それは秘密です。

あっ 大晦日だった!みなさん良いお年を!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

無趣味

今年の暮れは仕事が無く、のんびり過ごしています。
作りたかった人形や工房の掃除などをしていますが、趣味が無いので他にやることが思いつきません(笑)
(家族サービスと言っても事情で旅行などは行けませんの、せいぜい嫁さんと一緒に買い物や映画を見に行くくらいです)

みなさん、いったい何をしてはるんですかね?

私がいま一番楽しいのは、骨董市に行ったり、リサイクルショップやブックオフを見てまわったりで、あんまり新しいものに興味がありません。

Driayv7uwaeg5kv
以前(10年ほど前)は、毎日書店に寄って、週刊誌にしろ新刊本にしろチェックしてましたが、最近では平気で半月くらい本屋に行かないこともあります。
毎月25日の模型専門誌の発売日も月をまたいで見ることもありますし、なんかすごく世間のスピードに付いていけてないことを実感します。

最近自宅近くに温浴施設が出来て、先日行って、なかなか良かったので回数券を買いました。

Dtqksgjvsayzrv0_2
歩いて行けるので、「朝から行って、風呂入って、メシ食って、酒飲んで、風呂入って、リラックスルームで漫画読んで、寝て、風呂入って、メシ食って、風呂入って、夜帰宅する」のがいま一番やりたいことです(笑)
これで楽しめるんですから、私って安上がりですよね?
(ま、大阪のスパワールドでも同じようなことはしてましたが、電車で帰ってこないといけませんしね)

同じ時期に飲食店や雑貨店などが入った商業施設もできて、まだ嫁さんと行ってませんが、今度あの店で食べようか?とか言ってます。

Dusw2kuyaafyp7
なんかもうわざわざ梅田とかに行かなくても、半径10㎞ぐらいで事足りるし、無いものはネットで買えるし、どんどん世間が狭くなってきてる気がします。

ツイッターなんかで、私よりも年上の人が、日本国中飛び回ってたり、海外に行ったりしているのを見ると羨ましいし、釣りやスキーなどいろんなレジャーを楽しんでる人を見ると、自分てなんて無趣味なんだと落ち込みます。

模型の世界でも、最近のフェスやバザーなんかで意欲的に出店や出品している人もスゴイな~って思ってしまいます。

I12
人と接するのが苦手なので、ブラブラ見て回っては楽しめるんですが、とてもそこに参加できそうに思えません。

かと言って無理して、トライしてもストレス溜まりそうだし。

最近はそれに出不精まで加わりはじめました(笑)

仕事が忙しいときは、それで気分が紛らわせることができますが、ヒマになるとほんとうに楽しく生きるのが上手なのか下手なのか分かってしまうので、つらい。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2018年12月16日 (日)

ビバ!サンバ!カーニバル人形をこっちでも紹介するぞ!

ちょっと前に作った人形ですが、それほどエロくないので、こっちでも紹介。

Ca1
もう随分以前から、リオのカーニバルに憧れていて、いっぺんカーニバル衣装の人形を作りたいと思ってました。

そんなおり、ネットに今年の神戸祭のサンバチームのムチムチダンサーの画像がアップされ、「これだ!」と思い立ち、ちょうど仕事も無くヒマだったので、一気に作りました。

4y9x65u_2
作り方は四十八手人形と同じく、針金を芯に造形用 石粉粘土で作っていきます。

181125203731
今回はメインのポッチャリダンサーと対比にスリムなダンサーの2体を作ります。

C4
形ができました。

C5
一応裸体で、靴部分のみ彫刻。

彩色はアクリル絵具。ポッチャリは色白に。

Ca11
Ca12
スリムダンサーは浅黒く。

Ca13
さて、ダンサーの衣装は、色々資料を参考にしながら、100円ショップでみつくろった、ネイルアートの小物やラメテープ、羽毛、造花などでを使って、直接人形につけていきます。

C6
もうこの作業の楽しいこと楽しいこと。

Ca14
背負子の羽根は、本当は本物の羽根を使いたかったんですが、

Ca9
いまいち大きさや合わなかったり、扱いが難しいので断念(うそ。使いたかった本物の羽根の値段が高かった)して、造花を使用。

Ca8
で、一応完成。

Ca2
ま、雰囲気は出たんじゃないでしょうか。

Ca3
Ca6
どうも顔がうまく作れないのが悩ましい。もっと可愛く作れたらな~。

Ca4_2
Ca5

PS:イヤリングを付け忘れてた!

Ca15

今度はフラダンスの人形を作ろう!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

マサイの女戦士を作るぞ!

ここ数年、年末返上で仕事が入ってましたが、昨年、今年は仕事もなく、のんびりした師走を過ごしています。
とは言うものの旅行するでもなし、外出するでもなしで、工房の掃除に明け暮れてますが、前から恐竜以外で作りたいものがありましたので、良い機会なので作り始めました。

マサイ族の女戦士(もっともマサイ族と言い切るほど、厳密なものではなく、私のイメージのナンチャッテ造形ですが)は、以前から作りたい人形のひとつでした。

Ma1
30年ほど前に入手した、クリス・アキレオスの有名なこのイラストのインパクトが強く、作るのならこのスタイルでと決めていました。

Ma15
その後、今年初めに見た神戸のJICAでやはりマサイの彫刻を見て、改めて制作意欲が湧きました。

9
いつも言うように、これだけ長い期間の制作意欲がありながら、制作を開始すると、興味が2週間程度しか持続しませんので、私の場合はさっさと作る必要があります。

作り方はいつもと同じ。針金を芯に粘土で骨組みを作り、ポーズをつけて、粘土を盛っていきます。

181213211033
槍は竹串に粘土で穂先を作ります。

Ma7
盾も同じく粘土製。

Ma6
形ができたら、アクリル絵具で彩色。

Ma8
ん~ 黒人で本当に見ると、ほんとに黒いんですが、今回は立体模型で上手く表現できるか勇気が無くチョコレート色っぽく塗ってしまいました。

Ma9
真っ黒い身体に、目の白目部分がすごく白く見えるのが、魅力のひとつなんですけどね。

さて今回、どうしても作りたかった部分が「ロケットおっぱい」

Ma2
これは黒人女性の魅力のひとつだと思います。

なんと言っても、私が子供の頃にテレビで放映されていた「驚異の世界」や「野生の王国」みたいな番組で、たびたび登場する「ブッシュマン」「ヤム芋を焼いて」という台詞は久米明のナレーションとともに欠かせないものでした。
そこに出てくる、若い黒人の女性のあらわな乳房は、見たこともないようなロケット型のとんがったオッパイで、子供ながらも一度見たら忘れられない魅力がありました。

さて、マサイ族とブッシュマンとの関係はさておき、着色後は衣服、装飾品を付けていきます。
このへんで、私のスケベ心といいかげんな部分が出て、極力、布部分の面積を少なく、作る装飾も少なくします。

装飾品のほとんどは、100円ショップの小物を使用。

Ma10
足輪や腕輪も、ホームセンターで買ってきた、真鍮線を巻いて作りました。

Ma11
で、予定(?)通り、10日ほどで、完成(?)させました。

Ma3
なんとか見れる感じにはなったんじゃないでしょうか?

Ma4
反省点としては、肌の色と、もっと手足が長くても良かったかな?ってところです。
(表面処理粗い!顔が不細工!そもそも造形が下手!と言うのは棚に置いておきます)

Dur7utsu8aa92jw
白黒にすると意外とかっこいい!?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

いきもにあ2018 に行く

過日12月2日、昨年に引き続き、tsukudadosさんと「いきもにあ2018」に行ってきました。

Dsc_3644
今回は神戸で開催で、神戸に来るのは震災後は2回目ほど?です。
(結婚前の30年ほど前は嫁が神戸近くに働いていたこともあって、毎週のようにこっち方面には来てましたが)
三宮の高架下の商店街も、こんな感じだったかな?

Dsc_3642
今回は、定期的に訪れる「何も買わないモード」に入ってしまい、見るだけになってしまいましたが、いろいろ造形の参考になりました。

Dsc_3646
SHINZENくんのアフリカゾウ、ナイルワニ!上手いな~!

Dsc_3658
Dsc_3657
最近は専業の作家でなくても、男女関係なく、本職があっても、主婦でもネットショップや兼業で作家活動が出来る良い環境が出来たきたように思います。

Dsc_3674
私もいつか、一作家として出店できればいいな。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2019年1月 »