« 恐竜 四十八手を作るぞ! 第四手 曲竜の砧 | トップページ | 恐竜模型教室 in ちーたんの館 令和元年 »

2019年7月23日 (火)

「恐竜の脳力展」と恐竜模型教室 IN 福井恐竜博物館

今年の夏はあまり暑くないですね。この先どうなるか分かりませんが。

さて、7月21日は今夏最初のワークショップ、福井県立恐竜博物館の恐竜模型教室に行ってきました。

Dsc_5836

大人気の恐竜博物館なので、夏休みに入ったばかりですが、用心して早めに到着するように朝7時に自宅を出発。
10時ごろに着きましたが、すでに第一駐車場は満杯状態でした!

まずは開催中の特別展「恐竜の脳力」展を見学。

Dsc_5838

全身骨格化石から分かる、恐竜の外観の復元とは違う視点、脳函から復元された恐竜の脳の解明で恐竜の生態に迫る、興味深い展示でした。

Dsc_5856 

プロジェクションマッピング映像のトリケラトプスから復元された三半規管から、普段の首の角度やの考察など、初めて知る内容でした。

Dsc_5855

ステゴサウルスの脳ミソ、小さくないいじゃん!(笑)

Dsc_5849

一見地味に思える特別展ですが、全身骨格展示も多く、恐竜博物館でしかできない生物、動物としての恐竜に迫る、面白い企画展でした。

でっかいカッコいいトリケラトプスもいるぞ!

Dsc_5869

さて、今回の模型教室は特別展の案内役でもある、フクイベナートルくんを作ってもらいました。

Dsc_5868

ワークショップの目的は、骨格から肉付けしていく、恐竜の復元の過程を理解してもらうことですので、そのあとは「好きな恐竜」を作ってもらっています。

Dsc_5885

今回もフクイベナートルだけでなく、スピノサウルスやティラノサウルス、そして、デイノケイルスを作ってくれた参加者もいました。

190722225144

長時間の教室でしたが、カッコいい恐竜がたくさんできました。
ご参加いただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!

さて、最近嫁さんの監視が厳しく、今回も日帰りになりました。 しかし さすがにしんどいぜ!
次回は泊まりたいぜ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

|

« 恐竜 四十八手を作るぞ! 第四手 曲竜の砧 | トップページ | 恐竜模型教室 in ちーたんの館 令和元年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐竜 四十八手を作るぞ! 第四手 曲竜の砧 | トップページ | 恐竜模型教室 in ちーたんの館 令和元年 »