« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月29日 (土)

長崎市恐竜博物館での展示

現在、長崎市恐竜博物館の令和5年度夏季企画展「よみがえる恐竜王国〜ロボット恐竜大集合〜」で、私の恐竜模型が展示されています。

仕事の関係で現地に行けそうにありませんので、ネットにあった画像で紹介させてもらいます。

F1mvs56aiaaipb7

子供に人気の恐竜ロボット。

F12mbzyaeae4v3u

私の恐竜模型。1/10スケールを中心に14点の模型を展示しています。

F1ibmiakaavgv7

軍艦島を背景に展示されています。カッコイイですね!

F186p4vaqaepy6d

開催期間2023年7月22日〜9月24日です。
お近くの方は是非!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2023年7月28日 (金)

模型教室 IN あべのハルカス近鉄本店 令和5年と超絶技巧展

今年もあべのハルカス近鉄百貨店の「あべの☆こども博覧会」のワークショップに呼んでいただき、7月27日に行いました。
当日は工房のある枚方市が全国一の39.8度の気温を記録した超~暑い日でした。

Img_4255-2

こちらのWSは新型コロナ禍中も開催されましたが、やはり参加者数はコロナ前のようにはいかず、毎回一桁台の参加でしたが、今回5月にコロナが5類になって初めての開催になり、午前中はほぼ定員の13組の参加があり、久しぶりに活気のある教室になりました。

Img_4260

230728222121

この調子で午後も!と思ってましたが、午後は一転3組の参加で(熱波のせいか?)、こちらはこちらで、マンツーマンでじっくり指導ができました。

230728222215

暑い中ご参加いただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

午前の教室が終わったあとの昼休憩中に、ハルカス美術館で開催中の「超絶技巧、未来へ! 明治工芸とそのDNA」を見にいきました。

Img_4270-2

なんでこんなものを木彫で作るんだろう?と、素朴な疑問を抱きながらも、自分には一生たどりつけないような境地の作品を堪能しました。

Img_4272-2

Img_4278-2

Img_4282-2

Img_4275-2

Img_4279-2

ハルカスのレストランにあった2400円のきつねうどんセット。

Img_4293-2

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2023年7月21日 (金)

62歳の同窓会

四日市の教室から帰ってきた、明くる7月17日は地元中学の同窓会でした。
前回は5・6年前だったでしょうか。

今回も30人ほど集まり、先生も4人出席されてました。

D1_20230721224901

まあ当たり前の話ですが、みんな同じ歳なので、定年になって嘱託で働いている、ゴルフばっかりなど、いろいろでした。

D3

先生方にすれば、50年近く前の教え子で、のべ何千人もの生徒の顔も名前も出てこないと思いますが、会の途中の自己紹介のとき「工作だけ5だった荒木です」って言うと、元担任だった女の先生が「あ、荒木くん!小難しいことばっかり言うてた!」って思い出してくれました(笑)

D2

他の女性も「いつも怒ってた」と言われたので、変なやつだったんでしょうね・・・(苦笑)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2023年7月17日 (月)

福井県立恐竜博物館 リニューアルオープン!

昨年暮れから休館していた福井県立恐竜博物館が、7月14日にリニューアルオープンしました!
今回のリニューアル展示で私もお手伝いさせていただき、昨年の2月からリモートや現地に伺いながら、制作をつづけ今年6月末まで、約1年半に渡る仕事でした。

私が関わったのは3か所で、まず一つは新しく増築される第二恐竜博物館、通称「小タマゴ」内に設置される、高さ13mのシンボルモニュメント「恐竜の塔」に展示される、福井で見つかった5種類の恐竜、フクイラプトル・フクイサウルス・フクイベナートル・コシサウルス・フクイティタンと鳥類フクイプテリクスの原寸大模型用の雛型模型を縮尺1/2~1/20で制作し、工場で等身大模型を作る過程で、工場まで何度もお邪魔し博物館の研究員さんとご一緒に監修作業を行いました。

2_20230718230501

フクイラプトルの雛型模型は1/10スケールで、大阪の工場では、これをスキャンして拡大した原型に手を加えて実物大模型を製作するのですが、雛型では表現できていないディテールの追加などを職人さん方にかなり無理を言ってお願いして、とても良い模型が出来たと思います。

Img_3664

Dino0711_1354hdr

二つ目は、本館に2000年の開設時から「福井の恐竜コーナー」にある「北谷ジオラマ」の改修です。

O2048153614858263011
(開館時からの展示)

今年の2月に現地で打ち合わせし、2022年現在で最新の情報をもとに配置する恐竜等を決定し、レイアウトを描き制作を開始しました。

3-2
22年間設置されていたフクイラプトルが撤去され、1/2スケールのフクイベナートル、哺乳類を飛びかかるフクイプテリクス、遠方の逃げるフクイサウルスの子供、それを追うフクイラプトル、草を食むオルニトミモサウルス類を新しく作りました。
樹木や植栽、背景など環境の模型制作は京都の西尾製作所さんです。

Fb_img_1689767375506

小型哺乳類(or 虫)を狙うフクイプテリクスに驚くフクイベナートル

F1kquyauaeelxz

約1/2スケールのフクイベナートル

F1kqu1acaidlv8

フクイプテリクス

F1kqu1aua0y5it

遠景にフクイサウルスの子供の追いかけるフクイラプトルとオルニトミモサウルス類の群れ

F1kqu2aca4pgnh

ゴキブリ類を狙う哺乳類

F1kalquacaa9tkl
(2023年新展示)

三つ目は、新しく追加展示される恐竜骨格標本の復元模型です。
今回リニューアルの目玉の一つのミイラ化石 ブラキロフォサウル、ファルカリウス、ブラキオサウルス幼体の3種類の模型を新しく制作しました。

Photo_20230718224701

2_20230718224701

Photo_20230718224702

ブラキロフォサウルスは今回のリニューアルの目玉展示。

F1zlrvrxoaandoc

愛称レオナルドのミイラ化石はレプリカではなく本物化石です。

F1zlszxwcaakqo_

この産状スタイルの模型は、今回制作した模型に合わせ、以前作ったものを彩色変えしました。

制作中は各恐竜のご担当の先生方々、また制作会社の方々にも大変お世話になりました。
大変大きな仕事、そして後世に残る仕事を行うことができとても嬉しく感謝しております。
(tsukudadosさんにはベナートルの目玉を作ってもらいました。ありがとうございました!)

さて、7月14日にリニューアルオープンの式典には当初出席を予定していましたが、折しも北陸地方が悪天候になる予報で、明くる15日に四日市で模型教室の予定があったため、主席は断念しました。(13日は富山で、15日には秋田で豪雨被害がありました)
そのため、実は自分が関わったところを含め、リニューアル展示をまだ見ていません。
早く見れるのを楽しみにしています。

みなさんもグレードアップした恐竜博物館へぜひ!

参考ページ→最速レポート ふくいドットコム 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2023年7月16日 (日)

四日市公害と環境未来館で展示と模型教室

2020年から丸3年続いた新型コロナ禍もようやく終息?の兆しが見え、各地でいろんな行事が再開されています。
夏休み中の恐竜イベントも増え、先の日記で書いたように私の模型の展示や教室も各所で開催予定です。

さて、その最初のイベントで、7月15日に四日市公害と環境未来館で特別展「~6億年のタイムトンネル~恐竜&地球の生きもの進化展」が開催されました。

Dsc_1736_copy_1024x768-2

Dsc_1749_copy_1280x960

会場では私の恐竜模型も10点展示しています。

Dsc_1737_copy_1280x960

また初日に恐竜模型教室も行いました。

Img_4027-2
スタッフの方に伺ったところ、定員30組に300以上の申し込みがあったのこと!
ご参加・ご応募いただいた皆様、ありがとうございました!
午前午後各回2時間半の教室でしたが、なかなかの力作ができました。

230716224429

教室の合間の昼休みに、スタッフさんの解説付きで博物館の常設展示も案内していただきました。

Img_4044-2

Img_4047-2

Img_4061-2_20230718210301

Img_4065-2

弥生時代から続く四日市の歴史を、等身大の人形やジオラマで再現されており、戦後石油コンビナートの公害問題や未来像などの展示がありました。(前日、教室資料納入の際に、プラネタリウムも見学させていただきました)
特別展は9月3日まで開催です。

教室後、駅前のホテルに宿泊していたので駅前のアーケード商店街を散策。
昼間、ぱっと見たときは普通の商店街にも見えたので、夜、書店や模型店、骨董店など探すつもりで行くと、なかなかの繁華街でした!

Dsc_1762_copy_1280x960

連休中でもあったので、たくさんの人出と客引きで、外国人の熟女に、腕がちぎれるかと思うほど引っ張られました(笑)

Dsc_1764_copy_1280x960

四日市の夜、恐るべし!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2023年7月 6日 (木)

2023年 夏のイベント


新型コロナが5類になり、世の中がコロナ以前に戻ったような戻ってないような今日この頃ですが、おかげさまで夏休みに恐竜関係のイベントもたくさん開催されるようになり、私の恐竜模型の展示や模型教室も以下の施設・イベントで開催されます。

・四日市公害と環境未来館
特別展「~6億年のタイムトンネル~恐竜&地球の生きもの進化展」2023年7月15日(土)~9月3日(日)
模型展示とワークショップ
Yokaiti2023

・佐久市子ども未来館
夏の特別企画展「恐竜デジタルミュージアム展」2023年7月22日(土)~9月3日(日)
模型展示とワークショップ
Sakusi2023

・長崎市恐竜博物館
令和5年度夏季企画展「よみがえる恐竜王国」2023年7月22日(土)~9月24日(日)
模型展示
Nagasaki2023

模型教室
・あべのハルカス近鉄百貨店「こどもあべの博覧会」7月27日(木)
詳細未定

・丹波竜化石工房ちーたんの館 フィギュアづくり体験
8月20日(土)

・福井県立恐竜博物館 「子ども工作教室 親子で恐竜模型をつくろう!」
10月22日(日)
募集前

コロナ禍の最中は外に行く仕事がほとんど無かったんですが、急に忙しくなった感じで身体がついていきませんが、ご興味のある方は是非お越しください。
(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »