2019年12月15日 (日)

シーラカンス壁掛けレリーフ

めちゃ久しぶりにシーラカンスのオブジェを入手しました。

Elpexfqucaikbhh

陶器製のシーラカンスの壁掛けレリーフ。

随分前にオークションに出品されたのを見たことがあり、入札した記憶もありますが、その時はゲットできず、ま、それと同じものかは不明ですが、今回入手することができました。

Dsc_8550

大きさは横約52センチ、縦約28センチ。おそらく20年以上ぐらいは経っているものと思われ、プロポーションは現在のスマートな感じではなく、少しクラシカルなずんぐりしたイメージです。

Elpexfsuwaeojio

私はシーラカンスと言えば、まっさきにこちらのスタイルを思い浮かべるので、馴染みがあります。

壁掛けと書きましたが、裏にはフック等がありませんので、実際架けるには取り付ける必要がありますね。裏のプレートにはoutdoor stuffとあります。

Iimg1200x9001570529428jpo54d305418

さて、先日行った神戸の生物グッズ系のイベントで購入したシーラカンスのポストカードを額装しました。

Dsc_8414_1

仕事場にもう置くところ無い!!

Dsc_8546

追伸(12月20日)
シーラカンスのポスターを入手。

Emh0nqju4aa5xgy

古そうなもので、多少ヤケがあります。

Emh0nqgu4aadlx

いつのころのものでしょう?

Emh0nqju8aa4dct

追伸(12月21日)
骨の伊藤恵夫先生()より情報をいただきました。

Emmwo0vaaal0qg

1983年7月21日~8月2日、池袋の東武百貨店で開催された「シーラカンスと生きている化石展」のものと推測とのこと。
ジャンプの特集、なんとなく憶えているような。

Emmwo1wuuaam6dm

けっこうぶっ飛んだ企画ですね(^^;

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

神戸のいきもにあに行く

昨年も行きましたが、今年も神戸で開催された「いきもにあ」にTsukudadosさんと行ってきました。
11時ぐらいに着くと、当日券で入場するのに列が出来てる!すごい人気ですね!

I1

いろんな生き物関係のグッズが出店している、生き物マニアには夢のような空間ですが、初詣の八坂神社ぐらいに混みあっていて、もう酸欠状態。

I2

確か去年は気分が悪くなって早々に退散した記憶が。
たぶん小さなフリーマーケットみたいなところなら、一軒、一軒を集中して見れるんですが、体力が無いのと、人の多さに、どうしても流し見みたいになってしまって、良い作品を見落としているような気もします。

また、欲しいものがありすぎて、一旦「買うモード」入ってしまったら、財布がエライことになりそうなので、「買わないモード」のスイッチを切り替えました(笑)

とは言うものの、何点か作品を購入し、そのあと近くで開催されている「KOBE 神保町ヴンダーカンマー」に。

地図を見ながら、「場所はこのへんのはずなんやけどな~」と周辺を行ったり来たりすること数回。
雑居ビルの狭い入口に、シーラカンスの垂れ幕をやっと見つけてました。

I5

ホネホネ系の造型グッズがたくさんありました。
お目当ては小田隆さんのシーラカンスの油彩。ネットで京都の古民家に展示されているのを見ましたが、そちらの方も雰囲気ありましたね。

I6

荻野慎諧さんの福井県産恐竜の3Dプリンターの骨格模型もありました。

I8

今回買ったグッズ。

蟹蟲修造さんのモロクトカゲ。

I9

イワシ金属化さんの鬼面ガニ。

I10

小田隆さんとかわさきしゅんいちさんのシーラカンスのポストカード。

I11

昨年の日記にも書いたかもしれませんが、いきもにあのようなイベントに客として行くんじゃなく、出店者として参加できたらどんなに楽しいかと思います。
でも対人恐怖症の私には、やっぱり無理ですわ。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

山本高樹さんの昭和レトロ ミニジオラマを入手しました。

 2012年のNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」のオープニングで流れる、懐かしい昭和のジオラマを憶えておられるだろうか?

20121027000126a26

あのジオラマを担当したのが、レトロジオラマ作家の山本高樹さん。

Iimg1200x12001573465928obgocz817601

今回、ネットオークションに氏が自ら出品した、ミニジオラマ「飛〇新地」が登場。

Iimg1200x12001573465903fwr6md833659

めでたく落札できました。

Ejyd0l5u8aau3pv

無理言ってサインもいただいちゃいました!

Dsc_8206

玄関でお客を呼び込むやり手婆、にっこり笑顔の嬢。

Iimg1200x12001573467318yenw6l802226

ニコニコ二階へ向かうお客は、お運びさんのスカートの中をちゃっかり覗き見。

Iimg1200x12001573466001potdm1833704

案内される部屋には、真っ裸でお迎え予定の嬢。(それとも一戦終えた後でしょうか?)

Iimg1200x12001573466116sdbbs2849652

幅約165㎜ 奥行165㎜ 高さ260㎜の空間にギュッと物語が詰まっていますね。

Iimg1200x12001573466032runlqb933419

LED照明付きで、雰囲気たっぷりです。

「もうここにしよか?」「いや、おれはもう一回りしてくるわ」って会話が聞こえそうです。

Dsc_8220_20191122221601

さて、こちらはおなじみの私が作った〇田新地の人形。

Tb1_2

もうすぐクリスマスシーズン。サンタの格好した嬢たちが待ってるかもね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

日本歴代風俗人形

ネットオークションで「日本歴代風俗人形」12体を入手しました。

Dsc_7967

それなりに古そうで、かなり傷んでおり、欠けや部品の紛失などもかなりあり、状態は悪いものでした。
台座に刻印があり「東京文運堂製」とあります。

Komainu3138img1200x11791572077394p0q7j02

12体は一揃いのイメージがありますが、はてさて、これが全種かどうか分かりません。
大きさはこれぐらい。約21~27㎝でスケール的には1/8ぐらいでしょうか。

Dsc_7972

各人形には説明のシールが貼ってあったようですが、かなり損傷が激しく、読み取れないもの、シール自体が無くなっているのもありました。

Dsc_7957

以下人形の説明は読み取れたもの、想像も混ざっています。

・男性(時代は順不同です)

1)古墳時代の兵士? (シール紛失 予想)

191106192721

2)平安時代 公家武官夏束帯 (シール紛失 予想)

191106192933

3)源平時代 武士の武装 源義経

191106192839

4)鎌倉時代 山〇〇の武装 比叡山僧 (〇は読めず)

191106192852


5)南北朝時代 水干の童(すいかんのわらし?) 楠正行

191106192816

6)室町時代 武士の狩り装束 足利義満

191106192949

7)徳川時代 武官(以下読めず)

191106192907

8)徳川時代 武士の洋装 〇兵指〇役頭取改役 (〇は読めず)

191106192829

・女性

9)奈良時代? (シール紛失 予想)

191106193002

10)平安時代 貴族? (シール紛失 予想)

191106193031


11)鎌倉時代? (シール紛失 予想)

191106193044


12)徳川時代 武家の室の礼装 徳川家定夫人

191106193018

こう見ると、やはり各時代を網羅しているとは言えないので、もっと種類は多い気がしますね。

さて、「日本歴代風俗人形」で検索すると、そのもは出てきませんが、明治・大正期に活躍した博多人形師 井上清助氏の「世界人類風俗人形」が出てきます。

405c145

現在、これらの人形は東京大学総合博物館や福岡市博物館に所蔵されています。

Sim

実は以前ネットオークションでこの人形が出品されたことがあり、入札しましたが、恐ろしい値段(十数万円)になり、途中で諦めました(笑)

Sim2

追伸(2019年11月11日):保存していた画像が何点か出てきたので、一応張っておきます。

1532169698286

1532169699866

1532169700011

1532169698720

1532169698865

1532169699046

今回の入手した人形は、テイストはよく似ていますが、造型や彩色の質は遠く及びません。

刻印の「東京文運堂製」を調べると「株式会社 文運堂」がヒットしました。
現在ノートや文具を作っている会社ですが、創業100年を超える会社なので、何か関係があるのかもしれません。
文具以外に学習教材、社会科歴史教材のひとつとして、小学校の備品として作られた可能性もありますね。あくまで想像ですが。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、情報よろしくお願いします。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


 

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

京都アンティークフェアに行く

台風19号が近づく前日の10月11日、京都パルスプラザの「京都アンティークフェア」に行きました。

Egkgse1u0aawsuh

こう言う箱もので開催される骨董市は、私が買えるようなチープなものや掘り出し物はほとんど無いですが、いろいろな品物がまんべんなく見れて楽しいし、天候も気にする必要がないので毎回行ってます。

Egkgse1uyaeob39

今回も春画人形系はほとんどなく、象牙の春画根付は高いままでしたが、他の象牙関係の彫刻や置物は、結構安くなってるのもありました。(象牙一本10万円など)

Egkdsg0vuaamcgl

たぶん、ワシントン条約など象牙取引が国内で禁止になる前に、在庫一掃セールというところでしょう。

Egkdsg1u0auftp_

私も以前なら買ってたかもしれないんですが、ツイッターのフォロワーさんなんかに動物愛護の方も多いので少なからずその影響で、今は見るだけです。

Egkdsg1ueaasvx

何も買うつもりはなかったんですが、土人形(博多人形?)の相撲取りと行司を見つけ買ってしまいました。

Egk6mivuuaepk7r

さて、12日は台風19号接近、関東上陸でした。

Egrm3i9u8aakdqe

一夜明け広域で大変な被害を出ていることが分かってきました。
ここ何年か毎年のように地震・水害など自然災害がどこかの地域を襲う印象です。
昨年の大阪での地震の時も、私の仕事場でもそれなりの被害がありました。地震だけでなく、いつ今回のような豪雨災害が工房を襲うか分かりません。
コレクションなどの被害を最小限に抑える用意を日ごろから準備しておかないといけませんね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

東急ハンズ名古屋店 地球研究室で販売イベント

現在、東急ハンズ名古屋店 10階の地球研究室で、私のワンオフ模型とコレクションの販売イベントを行ってもらっています。

Img_0274

比較的高額な商品なので、増税前にいかがですか?

Img_0276

ワンオフ模型は、かつてモデルグラフィックス誌で連載していた時に作成した模型が中心です。

Img_0277

コレクションはこれまでコツコツと収集してきたもので、チャールズ・R・ナイト(Charles R. Knight)制作のステゴサウルス模型のレプリカモデルや、1933〜’34シカゴ万博と1964〜’65ニューヨーク万博で実物大の恐竜オブジェを展示したシンクレア石油の実物大の恐竜像を制作した、ルイス・P・ジョーナス・スタジオの1/10スケールのステゴサウルスとアンキロサウルスの貴重な雛形模型などなど。

Img_0273
(画像は東急ハンズ名古屋店様 提供)

若い頃は私設の「恐竜模型博物館」を作りたいという夢もありましたが、色々考えるとね~。
各地にいろんな私設の資料館や博物館がありますが、コレクションはもちろんですが、その維持や管理などを考えると本当に頭が下がる思いです。私みたいないいかげんな人間には無理だと悟りました。

最近、知り合いの病気や訃報を耳にします。少しでも元気なうちに、これらのコレクションや作品を価値の分かるひとの手元に渡って欲しいと思っています。

9月30日まで開催中です。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年12月31日 (月)

創造空間 ザ・昭和テレビジョン!

実は前から欲しかったオモチャをやっと入手できました!

タカラトミーの創造空間 ザ・昭和テレビジョン

Tv4
もう15年ぐらい前に発売されたもので、当時2万円と高価だったのと、当時はドールハウスに今ほど興味がなかったので買いそびれてました。

先日ふと思い出し、ネットオークションでゲット。

昭和40年代のお茶の間を再現した「オモチャ(と、言うにはよく出来ている!)」で、なんとテレビは実際に映ります。

Tv5_2
が、しかし、残念ながら昔のオモチャで、アナログ放送にしか対応してません。
すでに時代は地上波デジタル!4K時代!
Tv6
そのままでは画面は「砂の嵐」

Tv11
でも入力端子を使えば、ビデオやDVDを見ることが出来ました。

Tv7_2
(おそらくデジタルチューナーを繋げば、テレビ放送も見れると思います)

Tv8_2
画面は「この世界の片隅に」のすずさん。

Tv10
さて、付属の家具や小物の一部を置いてみました。

Tv9
おお!なかなかいいじゃないですか!

これを使って何をしたいかは・・・それは秘密です。

あっ 大晦日だった!みなさん良いお年を!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年4月 5日 (木)

額装するぞ!

仕事もぼちぼちと進んでいますが、待ちや空き時間多いので、合間にこまごまと出来ていなかったこと、やりたかったことをやりました。

Dzwpgixvoaa_b4t
実は前から集めていた肉筆画稿やイラストなどを額装したかったのです。
額は新品を買うと高価ですが、リサイクルショップに行くと、良い額やフレームが結構安価で新品?(未使用品)が入手できますので、買い集めたもので行ってみました。

まずは柳柊二氏の「十五少年漂流記」、学習雑誌の挿絵二点。

Dzwpgiwvqaabitq
柳柊二氏の「十五少年漂流記」の挿絵はこの小学館「カラー名作 少年少女世界の文学 15」のものです。

Dxv44h6vwaakztu
Dxv44h3vwaa4xh6
清水勝氏の北アメリカのジュラ紀風景。私が子供のころの図鑑は、清水勝氏が常連でしたね。

Dzwpgiwv4aavdda
小田隆氏のラフスケッチ三点。ずいぶん前の飲み会のおりに描いてもらったものです。

Dzwpgizvqaahhfb
こちらも以前入手した絹本肉筆の春画六図の巻物。

Dz6l_9u0aizfar
Dz6l_u0aagpzz

知識が無いので分からないのですが、こう言うものはこのまま額装、表装するほうが良かったのかも知れませんが、お金も無いのでバラバラにして額装しました。

Dz6l_auw0aasnpv
Dz6l_auxcaepzq8
ま、巻物のまま日の目を見ないよりは良いでしょう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

サイドショーのケラトサウルスとガストニアがキター!

このブログでサイドショウの恐竜を紹介するのは2年ぶりですね。
以前はまめに情報収集をしていたり、日本の販売代理店も予約を受け付けていたのですが、このところ疎くなって、新作の購入もあきらめていました。
そんなおり、恐竜マニアの間で話題になった「奇跡のヨロイ竜」の記事を見て、スルーしていた新作のガストニアが俄然欲しくなってしまい、セカイモンに手を出すはめに。

Ph1
これまた入手していなかったケラトサウルスも出品されていたので、一緒に購入しました。

まずはヨロイ竜「ガストニア(Dinosauria Gastonia Statue by Sideshow Collectibles)」

G6_2
相変わらず箱デカイです!重いです!アメリカからの送料も高いです!

G5
梱包状態。

G1
しかし、ヨロイ竜でこれだけのスタチューが販売されるなんて、考えれば凄いことですね。
大きさは50cmほどありますから約1/10スケールですね。

G2
買う人いるんかな~?(ここにおった)

G3
しかもノドサウルス類でっせ。アンキロサウルス類と違いまっせ。

G4
でもエドモントニアもサウロペルタもスパイクがカッコいいので、一部では人気はあるのかも。

G12
エディションナンバーは、27/400です。

お次は「ケラトサウルス(Dinosauria Ceratosaurus Statue by Sideshow Collectibles)」

G7
箱、やっぱりでかい。

G8
梱包状態。小さい翼竜が2匹入ってますね。

G9
すごく動きのある造形で、かっこいいです。こちらも50cmちかくあり、約1/10スケールですね。

G10
筋肉のボリュームもベースのボリュームもすごいですね。

G13
エディションナンバーは、91/700です。

G11
ん・・・いよいよ置くところがなくなってきた・・・

今回初めてセカイモンを使いましたが、2体でトータル12万円ほどかかってしまいましたから、やっぱり購入者が飽きてヤフオクで格安出品されるまで待つのが得策かも。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年8月25日 (金)

京都の天神さんに行く

京都の北野天満宮で毎月25日の縁日で骨董市があることは前から知っていたのですが、このところの春画人形などに興味を持ってから、初めて今日見に行きました。

K5
最初骨董市がどこで開かれているのか分からず、鳥居から参道を進み、そのまま参拝して、社務所の人に聞くと、社の東側にあるとのこと。

K6
東門から出ると、ありましたありました。最初にくぐった鳥居の東側の通りまでズラ~とお店が出ていました。

K7
今日はラッキーなことに最初に目についたお店にいろいろ置いてあり、今回の買い物は全部そのお店で購入しました。

K8
だいたい勝手が分かったので、また来ることにしましょう。

K9
さてもともと今日は京都パルスプラザで開催される「京都アンティークフェス」に行く予定だったので、帰りに寄りましたが、こちらは出店数も少なく、目ぼしいものはなく早々に引き上げました。

K10
今日含め3日間あるので、店が増えたりするのかな?

K11
途中で寄ったボークスにはフォッケウルフのプロペラやエンジンが置いてありました。

K12
さて、天神さんのお店では象牙の春画根付のほか、面白いものがあったので、店主と交渉し、なかなか満足に行く値段で入手することができました。

K1
象牙の春画根付。骨董ではなく現代物ですが、なかなか細かく細工しています。

K13
モダンな裏絵つき人形。昭和30~40年代のものでしょうか。温泉地のお土産で売られていたものかもしれませんね。

K3
ツレション人形。郷土人形、土人形で、前から欲しかったんですが、男女と女三人物まとめて入手できました。

K4
これまで骨董市よりもネットオークションの方が安く手に入れられると思っていましたが、場合によってはお店で交渉するのも良いときがあるようですね。勉強になりました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧