2017年4月15日 (土)

デアゴティーニ「和風ドールハウス 伝統旅館」を買う

いつも買い物に行くスーパーの隣にあるリサイクル店に、2012年に販売されたデアゴティーニの「週刊 和風ドールハウス 日本の伝統旅館を作る」の組み立て完成品が置いてあり、前から買おうかどうしようか迷っていたのですが、今回ある計画で意を決して購入。

D1
ヤフオクでは全巻110巻で3~5万円、完成品だと5~10万円~ぐらいでしたが、この完成品は2万円弱でした。

さて、持ち帰ってから、重要な私の事実誤認が判明!

H2
ドールハウスの統一スケールが1/12と思い込んでいて、この和風旅館もそうだと勘違いて買ってしまいましたが、どうも思っていたよりも小さいので調べてみると、スケール1/20!

H3
だ~!計画が根本的に崩壊!sad

悔しいので、1/20 ブラキオサウルスを並べて憂さ晴らし。

D5
同スケールのフィギュアを置いてみます。

B2
海水浴場が近くにある旅館のイメージ。「ちゃんと足の砂をはらわんとイカンよ!」

B1

で、当初の計画は何かと言うと・・・

H10
ご興味にあるかたはこちらをどうぞ。(18禁)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年10月29日 (土)

東急ハンズ名古屋 地球研究室で作品販売!

荒木恐竜工房、独立10周年、模型稼業34年を記念して、私のこれまで制作してきた模型を特別販売いたします!

Hands1
今回、東急ハンズ名古屋店 地球研究室 クリエイターズワールド(11月3日~13日)で販売するのは、キットや複製品ではなく、月刊モデルグラフィックスや文芸社マスターモデラーズ誌で連載のため制作した、一点作・ワンオフ模型の20作品です。

連載誌以外でも各種恐竜展イベントや恐竜図鑑などに掲載されたきた模型たちです。

私の最高の自信作「ティラノサウルス2009(スカー 1/10スケール 2009年制作)」(150万円 税別)を筆頭に、

Tyrannosaurus2009dmmm
各地target="_blank"のイベントで展示した「トリケラトプス2002(1/10スケール 2002年制作)」(60万円 税別)

H7掲載されたマスターモデラーズ誌。

H1
ステゴケラス 1996(1996年制作)」(8万円 税別)なども販売予定です。

Stegocerass

お買い上げいただいた方には、掲載誌、図鑑を進呈いたします!

人気の「トロサウルス 1986(1986年制作)」(40万円 税別)。多くの恐竜図鑑で紹介されています。

H6

月刊モデルグラフィックス掲載号

H3
お買い上げいただいた作品には、エンボススタンプ刻印した作品証明書も発行します。

H4
私が原型制作したリーズナブルなフェバリットの恐竜シリーズもあると思いますので、買っていただいた方にはサインもしまっせ!scissors

11月3日~6日(PM:12~17時ぐらいまで)まで会場で制作実演予定ですので、どうぞ皆さんお越しください。たぶんヒマにしていますので、お気軽にお声かけてください!happy01

東急ハンズ名古屋店HP 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年3月19日 (土)

松村恐竜ガレージキット

先の日記のついでに紹介。

これは松村しのぶ氏原型のアマルガサウルスのキット。

M3
たしか学研「恐竜学最前線9(1995年)」にメイキングが載ってましたね。

M4
手持ちの本がありました。

D3
この記事ですね。

D4

こちらはアパトサウルス(半身)のキット。

M1
これは確か海洋堂が年にJR大阪駅前で開催した「DINO ALIVE IN OSAKA 」(1993年)の動くロボット用に作られた雛形だったと思います。(間違ってたらごめん)

M2
当時の図録が出てきました。

D1
こちらのモデルですね。

D2
こちらは1988年に岐阜市で開催された「ぎふ未来博覧会」のときに展示された「山東竜 シャントウゴサウルス」の模型のガレージキット。

S1
展示されていた骨格標本は堂々たるゴジラ立ちでしたが、この模型は四足歩行で復元されています。大きさは60cmぐらいあります。

S2
チョコラザウルス第4弾には山東竜フィギュアもありましたが、これを持ってる方はあんまりいないんじゃないでしょうか(プチ自慢)

ミニモデルも出てきました。

G2
一発成型で、今も確か入手できるんじゃないでしょうか。

G3
これは全く海洋堂と関係ありませんが、「ジュラシック・パーク」のビデオがリリースされたときに近所のビデオショップに置いてあった立て看板。(下のラプター)

M5
当時ビデオ店の店長さんに頼んで、使用後いただいたものです。(現役時はモーターで口がパクパクしてました。これもガレージの掃除で出てきました)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2016年3月17日 (木)

海洋堂 アフリカゾウ ガレージキット 他

昨年工房の掃除をしているとき海洋堂製ガレージキットがいろいろ出てきましたが、今回は自宅のガレージを整理をしているとまた出てきました!(これがホントのガレージキット)

Z3
1/12スケール 松村しのぶ氏原型のアフリカゾウ!

こちらはホビージャパン誌連載時の記事(1990年4月号)。

Z1
4月に発売されるメガソフビの原型より以前に作られたもので、鼻を丸めて、悠々と歩いているスタイルです。

Z2
胴体部分はレジンの塊で、足の上に落としたら骨折間違いなしの重さです。 

Z4
先日入手した、メガソフビのキットと比べてみました。ひとまわり(以上)大きいイメージですが、同スケールと考えても良いかもしれません。(あるいはオスとメス?)

Z5
表皮のディテールもだいぶ印象が違います。(今回の)

Z6
メガソフビのほうがシワはより自然な印象になっています。

Z7
ま~でも、こんなにかっこいいアフリカゾウの模型は他には無いんじゃないでしょうか。いずれにせよ作って完成品にしたら、かなり迫力がある模型になるでしょう。

ついでに一緒に出てきた松村氏原型の動物キットも紹介。

シャチ!

Z8
ザトウクジラ!

Z9
Z10
けっこうデカイです!

これはインドガビアル(孵化)。実物大?

G1
ホンマ、なんでも上手いな~ happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年1月10日 (日)

模型で見るスター・ウォーズ展に行く

今日はtsukudadosさんと一緒に、阪急西宮ガーデンズで開催された「模型で見るスター・ウォーズ展」を見に行きました。

N4
小規模な展示会でしたが、凄腕スター・ウォーズモデラーの力作揃いでした。
N12
池田始さんの3Dモデリングとプリンターで制作された反乱軍の病院船。

N5
全長70cm。電飾されていて迫力満点。

N6
ちょうぎさんのブローケットランナー!

N7
かっこいい!

N8
バンダイさん、プラモデル出してよ~!

サンドクローラー!

N10
TOHOシネマのすぐそばのギャラリーだったので、映画帰りの家族連れなどひっきりなしにお客さんが入ってきてましたが、惜しいことに今日1日の開催でした。

N11
デアゴのファルコンが展示されるという噂がありましたがポスターだけでした。
実物見たら100巻購入決意しようかなと思ってたんですがね~sweat02

さて展示会に行く前に、西宮えびす神社に行きましたが・・・

N1
人人人・・・

N2
人人人・・・

N3
さすが十日えびす!!wobbly

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2015年12月 9日 (水)

ディスカバリー号が来たー!

先日の日記に映画「2001年宇宙の旅」に登場するディスカバリー号の模型のことを少し書きましたが、海洋堂時代からの知人の銀ヘルさんに完成品模型を譲っていただきました。

D3
この「ジローモケイ」包装紙が往年のプラモデル屋っぽくて、なかなかよろしおまんな。

D6
手作り感満載の梱包。

D7
木製のディスプレイ台つき。

D8
大きさはこれぐらい。長さ約57cm。

D9
少しディテールが甘いですが、ディスカバリー号の模型は超~貴重ですよね!good

D1

私は宇宙船のデザインの中では、このディスカバリー号、スタートレックのエンタープライズ号、そしてスターウォーズのTIEファイターがベスト3なんですが、前にも書いたようにエンタープライズ号やTIEファイターはプラモデルが豊富にあるのに、ディスカバリー号のプラモデルはひとつも発売されていません。(模型界七不思議のひとつ)

D14
こちらは私がすでに持っているディスカバリー号のガレージキット。
ルナモデル製

D10
組み立てると70cmぐらいになります。

D11
中空なので、ワンマンポッドの開口部も加工できそうです。(しませんが)

こちらは全長30cmのミニモデル。

D12
ディテールは甘いです。

D13
ATOMIC CITY製の全長170cmほどになるキットもあるそうですが、高いしな~、作るの邪魔くさいしな~ sad

バイダイさん、スターウォーズもいいですけど、ディスカバリー号もひとつよろしくお願いします!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2015年11月21日 (土)

なんでプラモデル出せへんの?

反省はまだ続きます。
ま、メカもモンスターも模型が出なくなったのは、子供(大きい子供も)のプラモデル離れも大きいと思います。
それでも販売したら絶対売れる模型はあると思いますね。
以下、私の偏見に満ちた販売して欲しい妄想プラモベスト5です。

第1位:2001年宇宙の旅のディスカバリー号

第2位:1970年の大阪万国博覧会 会場ジオラマ

第3位:SW 1m級スターデストロイヤー

第4位:関節可動のアノマロカリス

第5位:SW EP6の建設中デススター

1位のディスカバリー号はなぜ出ないのか模型界の七不思議のひとつですね。(あと6つ知らんけど)私はガレキは持ってますが、大手メーカーのは無いですよね。キューブリックが許可しないとか噂は聞きますが、オリオン号もムーンバスもプラモがあるのに不思議じゃ?出すんならやっぱり1m超えでお願いします。

20130626015345

2位の大阪万博ジオラマは私が小学生のときからの希望です。海洋堂がタイムスリップグリコでパビリオンの食玩を出したとき、もしかしたら?と期待しましたが・・・。デアゴスティーニあたりが100号分冊ぐらいで出してくれんかな~。

3位の1m級スターデストロイヤーは、これは近日中にもしかするともしかしますね。B社、K社に期待しています。

4位の関節可動のアノマロカリスですが、こんな節足動物、プラモデルにもってこいでしょ!今の可動技術なら、体節、足、ひれ、触手までクネクネ動かせまっせ!シリーズで三葉虫、海サソリや甲冑魚なんて夢のようなラインナップもありまっせ!

5位のデススター、完成状態はAMTが出してましたが、「ただのボールやんけ!なめてんのか!」と買いませんでしたが、今ではプレミアがついて・・・それはま、どうでもいいんですが、建設中のデススターのデザインを思いついたひとは天才やね。もう300枚くらいのエッチグパーツを重ねて電飾して、5年ぐらいかけて作りたい!やっぱり直径1mくらいでね!

これを読んでるメーカーの方がいらしたら、是非是非お願いします!!

(どこが反省やねん?てへぺろ)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (7)

2015年9月26日 (土)

モデルグラフィックス スターウォーズ特集!

模型専門の月刊誌 モデルグラフィックス誌の今月号(2015年11月号)は、読みごたえ(見ごたえ)ありましたね~!

S1
40ページにおよぶスターウォーズ特集!happy01

バンダイがSWプラモデル、それも宇宙船やドロイドなどメカだけではなく、ストームトルーパーなどキャラクターのキットも怒涛のごとくリリースしてくれたからこそ実現した特集かもしれませんね。

私の大好きなボバ・フェットの登場シーンも台詞つきで再現されています。

S2
これまた私の大好きなモス・アイズリーのサンドトルーパー部隊も、コマ割で再現!

S3
しかも各隊員のバックッパクの装備まで考証、検証されています!!

S4

こちらは、私が当時フルスクラッチして作例が掲載されたとホビージャパン誌と別冊「The Modeling of STARWARS」。32年前のものです。

S5
ダースベイダー、ストームトルーパー、ボバ・フェットなど、粘土とポリパテで作りました。

S6
サンドトルーパーも当時はそんな呼称はなく、勝手に「タトゥーン派遣兵」とか言ってました。

S7
バックパックの装備もいろいろ試行錯誤した記憶があります。

S9
この一般型のタイ・ファイターすら当時はプラモデルが無く、自作したものでした。→参考日記 

S8

しかし今はプロップと見まがうばかりの模型が市販のキットで、しかも安価で入手できます。ほんと良い時代になりました。
ファインモールド製も持ってますが、ここは1/48のミレニアムファルコンと、1m級のスターデストロイヤーを出してほしいですね!バンダイさん!

すっかりプラモデルを作らないようになりましたが、久しぶりに制作意欲が湧いてきました。
年末の新作映画もけっこうマニアのツボを心得てるような感じですので、かなり期待しています。

S10
こちらは仕事場のサンドトルーパー(マーミット製)。

S11

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2015年8月 5日 (水)

東京で恐竜フィギュア公開!

前に少しお伝えした、福井県立恐竜博物館PR恐竜フィギュアが東京の東急ハンズ各店で公開されます。

・東急ハンズ渋谷店 展示期間8月4日(火)から12日(水)まで 21体
・東急ハンズ新宿店 展示期間8月10日(月)から23日(日)まで 4体
・東急ハンズ池袋店 展示期間 8月10日(月)から26日(水)まで 26体

各店舗で計51体が展示されます。
詳しくはこちらをご覧ください→福井県報道資料:東京で恐竜フィギュアを公開します! (展示模型リスト PDF

F1

昨年から今春まで1年かけて恐竜博物館監修のもと、荒木恐竜工房で原型を作成、(株)モノさんで複製制作したもので、全部で60体作りました。
今後博物館のいろんな出張恐竜展や県や博物館のPRでお目見えするかと思いますが、一堂(ではないですが)に見ることができるチャンスはこれが最初で最後かもしれませんので、ご興味のあるかたは是非足を運んでいただければと思います。

参考:東急ハンズ渋谷店ツイッター 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2015年3月16日 (月)

和風ドールハウス

さて、恐竜の仕事も一段落つきましたので、1/12スケールで和風のドールハウスを作ってみました!happy01

D9_2
って、もちろんウソウソ!こないなきっちりしたもん、ワテが作れるわけおまへんがな!sweat01
オークションで先日入手しました。

すべて出品者さんの手作りということですが、とてもきれいに作られています。
床の間つきの6畳間で、大きさは横約38cm、奥行約30.5cm、高さ約24.5cm。

D1
障子もふすまも開け閉めできます。(袋棚の戸も可動)

D2
D3
手作りの座卓や座布団、壺や皿、掛け軸などの小物も充実。

D4
壺はこれぐらいの大きさ。

D5
では室内に置いてみましょう。

D6
灯りも点けることができます。

D8
リーメントのテレビや新聞を置いてみました。上から見たところ。廊下には坪庭もあります。

D7
いいでしょ happy01

D10

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

より以前の記事一覧