2022年12月23日 (金)

監修?の仕事

現時点では詳しくは書けませんが、監修と言うか検収と言うか、の仕事で大阪南部へ。
自分も造形の仕事をしているので、造型されたものにいろいろ修正をお願いするのは心が痛みます。
仕事の後、帰れば帰れるんですが、せっかくコロナワクチンを5回も打ってるし、国の旅行支援もあるので、嫁さんの許可を得て近くのホテルで一泊。

Dsc_0774
割引とクーポンで実質1000円で宿泊できましたが、生憎の最強寒波襲来のせいで、寒さと強風でホテルの温泉のみ楽しみました。
一緒に検収に来られてた北陸の先生は、きっと帰れてないだろうな・・・

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2022年12月18日 (日)

サンダーバードで福井へ行く

12月15・16日に福井に行ってきました。

いつもは恐竜博物館のある勝山市に車で行くことが多いのですが、今回は福井駅周辺で仕事で、しかも寒波の襲来で雪模様になりそうだったので、久しぶりに電車で移動することにしました。

Img_1148

北陸本線のサンダーバードは、恐竜博物館が開館前の準備中とやはり雪の日の移動でに2度乗ったっきりかもしれません。

Img_1302-2

さて、行きの自由席はけっこう満席で、せっかく京都駅で買った駅弁を車内では遠慮して食べられませんでした。

Img_1174

途中の米原周辺では雪景色でしたが、福井は雨模様。

Img_1164

駅前の恐竜はクリスマスのサンタ仕様に。

Img_1160

仕事の時間まで少しありましたので、車内で食べられなかった駅弁をアオッサのテーブルで黙食。

Img_1176

今回の仕事は新しくできるJR北陸新幹線 福井駅に関係あるのですが、実はアオッサの上階からチラリとその姿が見えます。

Img_1171-2

いまは詳しく紹介できませんが、いずれお披露目があるでしょう。

Img_1283

さて、仕事も終わり15日はホテルで一泊。

Img_1295-2

その夜は関係者のみなさんとホテル近くの居酒屋で親睦会。恐竜博物館開館当時からお世話になっている施工会社の方々と今回のオブジェでお世話になる業者の方々と楽しいひとときでした。

Img_1300-2

明くる16日は特に予定も無かったのですが、飲み過ぎでしんどいのと、あいにくの天気だったので観光もせず旅行支援のクーポンでお土産を買って帰宅しました。

Img_1306-2

12月23日追記

クライアントから今回の仕事の内容は公になるまで内密にということでしたが、12月21日に各メディアで報道されました。
2024年に開通予定の北陸新幹線 福井駅の横のデッキに設置される恐竜モニュメントの設置の様子の確認に行ってきました。
これらの恐竜の雛型模型を今回、まる一年かけて制作しました。

観光客迎える「恐竜モニュメント」登場 動き出す仕掛けも 福井市観光交流センター(福井テレビ) - Yahoo!ニュース 

Photo_20221223203801

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2022年10月19日 (水)

ジブリパークのプテラノドン


先日内覧会にお招きいただいたジブリパーク 地球屋のプテラノドン。

Fflqkiuucaaskuf

元々はジブリ美術館オープンの時の展示用に作って、映画「千と千尋の神隠し」のワンシーンにに出たのは知ってましたが、なんで「耳をすませば」の地球屋に?って思っていたところ、スタジオジブリのYさんに、チラッと出てると教えていただき、録画を確認したら…

Fflqi4nuoaaf0bg

Fflqkciucaa3blh
おった!知らんかった!!(^o^)
Img_0243-2_20221019220101
Img_0237-2_20221019220001
こちらは2001年に制作したジブリ美術館のプテラノドン。
Ecd8lpluwaapmzu

Ecd8kdkucaewkj5

Ecd8pmpuyamck5r

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)



| | コメント (0)

2022年9月 6日 (火)

講談社 どうぶつアルバム「新恐竜100」発売!

8月に発売されて、もう一ヶ月たってしまいましたが、講談社 どうぶつアルバム8「新恐竜100」の紹介です。

9784065288641_600

2007年に出版された「恐竜と大むかしのいきもの100」から版を重ね、2014年に刊行した「どうぶつアルバム 恐竜100」に、監修に小林 快次先生を迎え、北海道で発見されたカムイサウルスなど11体の恐竜が新たに加わり、71点の恐竜模型写真が新しくなった新改訂版です。

A

9784062656306_w

最近、近所にあったTSUTAYAが閉店してしまい、毎日寄れる書店が無くなってしまったため、先日やっと実店舗に並んでいるのを見ました。

Fbifl2kuuaaycqt-1

Fbifognveaercys

このどうぶつアルバムのシリーズは、おそらく子供が最初に手にする写真図鑑で、最初に恐竜を見るのが私の模型だと思うととても嬉しいです。この本をきっかけに、恐竜の世界や他の世界にも興味を持っていってくれると良いですね。

講談社「新恐竜100」紹介ページ 

 



(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)




| | コメント (0)

2022年8月13日 (土)

海洋堂ホビーランドに行く

8月11日、tsukudadosさんと海洋堂ホビーランドに行きました。

Dsc_6102-2

現在、「日本画と恐竜」という展示会と、この日に開催される、松村しのぶ氏と化石ハンター 宇都宮聡氏とのトークショーを聞くためです。

Dsc_6018_2-2

トークショー、面白かったです。

_20220811_173921

芯の一本通ったひとの話は面白い。

_20220811_180115

日本画の恐竜も面白かったです。

Dsc_6073-2

Dsc_6071-2

Dsc_6066-2

絵だけではなく立体もたくさんありました。

_20220811_173832

Dsc_6057-2

Dsc_6056-2

センムさんに誘われてなぜか私も記念写真。

_20220811_174056

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2022年5月 6日 (金)

My3Dプリントフィギュア 再び

この前、東京で作った3Dフィギュアが気に入って、1/24スケールも注文して作りました。

_20220502_100507-2

大きさはこれぐらい違いますが、ピンボケ度はあまり変わらず。

_20220502_100545-2

でもやっぱり私ですね(笑)

_20220501_224949-2

昭和ジオラマ作家の山本高樹氏の「飛田遊郭」と一緒に撮ってみました。

_20220502_100338-2

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2022年3月21日 (月)

My3Dプリントフィギュア

先週行った東京のスモールワールズTOKYOで作った、「自分そっくりフィギュア」が届きました。

_20220320_192925

模型業界の片隅にいながら、自分の3Dプリントフィギュアを作ったのは初めての経験。
スケールは1/35と小振りですが、3500円(+送料)とリーズナブルなお値段でした。(相場はよく知りませんが 笑)
送られてきたレターパックを開けると、緩衝パッケージに入ったフィギュアが。

_20220320_192516

ワシやないかい!w

_20220320_192725


ボケた写真のようなディテールですが、そっくりですね!これは面白い。

_20220320_192622

ここ数年、冬は着た切り雀でず~っとこの格好、このバックで外出しているので、良い記念になりました。

_20220320_192806

自分ではまず見ることない後姿もなかなか趣があります。

_20220320_192848

ちょっともっと大きなサイズも欲しくなりましたわ。

マイ恐竜と一緒に記念撮影しときましょう。

_20220321_131103

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2021年11月23日 (火)

情景師アラーキー展に行く

勤労感謝の日の23日、tskudadosさんと一緒にイオンモール茨木で開催されている「情景師アラーキーの凄い!ジオラマ展」を見に行きました。

Fe2vo9dakamwe5d

アラーキーさんのジオラマはモデラーズエキスポやモデラーズフェスティバルなどで実物を見る機会がありましたが、今回は十数点の作品を一堂に見ることができました。

Dscn0454-2

作品の素晴らしさは言うまでもなく、著書もたくさんありテレビでもよく取り上げられるので、会場は私ら模型大好きオッサン世代だけではなく、若いカップルや子供も男女関係なく、あらゆる世代のお客さんで賑わってました。

Dscn0436-2

Dscn0435-2
ジオラマと言うと、戦車や戦争の一場面、あるいは鉄道模型のようなものを思い浮かべ、興味の有る無いがはっきり分かれそうですが、アラーキーさんのジオラマは、なんて言うか、ドールハウスや与勇輝の人形、映画の三丁目の夕日に近く、世代や男女関係なく訴えかける郷愁のようなものがあり、そのジオラマの中の住人になり入り込めそうな雰囲気があります。

Dscn0394-2

もちろんそのようなドールハウスやジオラマはこれまでもありましたが、ひとりで昭和からSFまでのバリエーションは珍しいし(例えば昔の自転車屋のようなお店がスクラップのロボットを売ってるうような)、また非常にしゃれた見やすいガラスのショーケースに入る、統一された大きさにジオラマが作ってあることも、このような展示会を行うことを当初から考えて作っていたのも珍しいかもしれません。

Dscn0402-2

これは氏が大手電器メーカーに勤めていたころから趣味で作っていたことを考えると、とても戦略的作戦だったと思います。

Dscn0413-2

たとえ思ったり企画しても、それを実際に行うこととは大きな隔たりがあります。それを実現したアラーキーさんは凄い!と思いますが、それは凡人の想像で、実はアラーキーさんの理想はもっとはるかに凄いものかも知れませんね。これからも期待!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年11月 1日 (月)

モデラーズフェスティバル2021に行く

まだコロナ禍は続いていますが、感染者数は劇的に減り緊急事態宣言も解除され、少し良い方向に向かっているように思います。

Dsc_3387

さて、そんな10月31日、2年ぶりに開催されたモデラーズフェスティバル2021にtsukudadosさんと一緒におっさん二人で見に行きました。

Dsc_3388

会場内は事前登録で人数制限があったので、いつものような混み混みではなくゆったり見ることができました。

Dscn0072

Dscn0079

今回の目玉はやっぱりワンコロさんの「未知との遭遇」ジオラマ!

Dscn0069

ツイートで企画段階から制作風景をずっと見てきました。いよいよ実物を直に見ることができます。スゴイ!スゴイ!シャドーボックスという形でまとめられ、カメラを通すとまるで映画のワンシーンを見ているようです。

Dsc_3396

てっきり黒山の人だかりでなかなか見れないんじゃないかと覚悟していましたが、人数制限のおかげで大丈夫でした。でもコロナが無ければもっとたくさんの人が見れたと思うと残念です。ま、これからも色んなところで展示され話題になると思いますが。

Dscn0040

Dscn0023

そういう意味では、毎回出展されている常連さんもいなかったり、まだまだコロナの影響は残っていますが、どんどん平常に戻っていけばいいですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2021年6月27日 (日)

海洋堂ホビーランドに行く

昨日はtsukudadosさんと、京阪 門真市駅前にオープンした海洋堂ホビーランドに行ってきました。

Dsc_2319

会場導入部分からセンムさんのプラモデルコレクションが山のように積み上げられ、プラモデル好きにはここを通るだけでも至福の時間を得られるでしょう。

Dsc_2320

もともと海洋堂は模型店だったわけですが、そこから当時のプラモデル化されていいなかった、怪獣や怪人などをリアルなガレージキットとして展開した歴史があります。

Dscn9412

私もその波に乗り、恐竜のガレージキットの原型を作らせてもらって、月刊モデルグラフィックス誌の連載と相まって、現在の造形家の道を歩んできたわけですから、展示物のひとつひとつにその思い出や歴史を感じます。

Dscn9413

展示はその当時のものから、食玩、ミリタリーグッズ、今清水栄一氏の美似コレクションなどここでしか見ることのできないものでいっぱいでした。

Dsc_2358

Dscn9427

Dscn9443

Dsc_2338

オープン初日の土曜日だったので、親子連れなどたくさんのお客さんが来てました。

Dsc_2348

ちょうどセンムさんとお会いでき、今年93歳!の館長さんにもご挨拶ができて良かったです。

Bea85qsd

さてコロナで外出もままなりませんでしたが、たまに外に出て人と話すのは良いですね。

Dsc_2339

Dscn9498
近くなのでまた来ましょう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)




| | コメント (0)

より以前の記事一覧