2022年5月 6日 (金)

My3Dプリントフィギュア 再び

この前、東京で作った3Dフィギュアが気に入って、1/24スケールも注文して作りました。

_20220502_100507-2

大きさはこれぐらい違いますが、ピンボケ度はあまり変わらず。

_20220502_100545-2

でもやっぱり私ですね(笑)

_20220501_224949-2

昭和ジオラマ作家の山本高樹氏の「飛田遊郭」と一緒に撮ってみました。

_20220502_100338-2

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2022年3月21日 (月)

My3Dプリントフィギュア

先週行った東京のスモールワールズTOKYOで作った、「自分そっくりフィギュア」が届きました。

_20220320_192925

模型業界の片隅にいながら、自分の3Dプリントフィギュアを作ったのは初めての経験。
スケールは1/35と小振りですが、3500円(+送料)とリーズナブルなお値段でした。(相場はよく知りませんが 笑)
送られてきたレターパックを開けると、緩衝パッケージに入ったフィギュアが。

_20220320_192516

ワシやないかい!w

_20220320_192725


ボケた写真のようなディテールですが、そっくりですね!これは面白い。

_20220320_192622

ここ数年、冬は着た切り雀でず~っとこの格好、このバックで外出しているので、良い記念になりました。

_20220320_192806

自分ではまず見ることない後姿もなかなか趣があります。

_20220320_192848

ちょっともっと大きなサイズも欲しくなりましたわ。

マイ恐竜と一緒に記念撮影しときましょう。

_20220321_131103

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2021年11月23日 (火)

情景師アラーキー展に行く

勤労感謝の日の23日、tskudadosさんと一緒にイオンモール茨木で開催されている「情景師アラーキーの凄い!ジオラマ展」を見に行きました。

Fe2vo9dakamwe5d

アラーキーさんのジオラマはモデラーズエキスポやモデラーズフェスティバルなどで実物を見る機会がありましたが、今回は十数点の作品を一堂に見ることができました。

Dscn0454-2

作品の素晴らしさは言うまでもなく、著書もたくさんありテレビでもよく取り上げられるので、会場は私ら模型大好きオッサン世代だけではなく、若いカップルや子供も男女関係なく、あらゆる世代のお客さんで賑わってました。

Dscn0436-2

Dscn0435-2
ジオラマと言うと、戦車や戦争の一場面、あるいは鉄道模型のようなものを思い浮かべ、興味の有る無いがはっきり分かれそうですが、アラーキーさんのジオラマは、なんて言うか、ドールハウスや与勇輝の人形、映画の三丁目の夕日に近く、世代や男女関係なく訴えかける郷愁のようなものがあり、そのジオラマの中の住人になり入り込めそうな雰囲気があります。

Dscn0394-2

もちろんそのようなドールハウスやジオラマはこれまでもありましたが、ひとりで昭和からSFまでのバリエーションは珍しいし(例えば昔の自転車屋のようなお店がスクラップのロボットを売ってるうような)、また非常にしゃれた見やすいガラスのショーケースに入る、統一された大きさにジオラマが作ってあることも、このような展示会を行うことを当初から考えて作っていたのも珍しいかもしれません。

Dscn0402-2

これは氏が大手電器メーカーに勤めていたころから趣味で作っていたことを考えると、とても戦略的作戦だったと思います。

Dscn0413-2

たとえ思ったり企画しても、それを実際に行うこととは大きな隔たりがあります。それを実現したアラーキーさんは凄い!と思いますが、それは凡人の想像で、実はアラーキーさんの理想はもっとはるかに凄いものかも知れませんね。これからも期待!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年11月 1日 (月)

モデラーズフェスティバル2021に行く

まだコロナ禍は続いていますが、感染者数は劇的に減り緊急事態宣言も解除され、少し良い方向に向かっているように思います。

Dsc_3387

さて、そんな10月31日、2年ぶりに開催されたモデラーズフェスティバル2021にtsukudadosさんと一緒におっさん二人で見に行きました。

Dsc_3388

会場内は事前登録で人数制限があったので、いつものような混み混みではなくゆったり見ることができました。

Dscn0072

Dscn0079

今回の目玉はやっぱりワンコロさんの「未知との遭遇」ジオラマ!

Dscn0069

ツイートで企画段階から制作風景をずっと見てきました。いよいよ実物を直に見ることができます。スゴイ!スゴイ!シャドーボックスという形でまとめられ、カメラを通すとまるで映画のワンシーンを見ているようです。

Dsc_3396

てっきり黒山の人だかりでなかなか見れないんじゃないかと覚悟していましたが、人数制限のおかげで大丈夫でした。でもコロナが無ければもっとたくさんの人が見れたと思うと残念です。ま、これからも色んなところで展示され話題になると思いますが。

Dscn0040

Dscn0023

そういう意味では、毎回出展されている常連さんもいなかったり、まだまだコロナの影響は残っていますが、どんどん平常に戻っていけばいいですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2021年6月27日 (日)

海洋堂ホビーランドに行く

昨日はtsukudadosさんと、京阪 門真市駅前にオープンした海洋堂ホビーランドに行ってきました。

Dsc_2319

会場導入部分からセンムさんのプラモデルコレクションが山のように積み上げられ、プラモデル好きにはここを通るだけでも至福の時間を得られるでしょう。

Dsc_2320

もともと海洋堂は模型店だったわけですが、そこから当時のプラモデル化されていいなかった、怪獣や怪人などをリアルなガレージキットとして展開した歴史があります。

Dscn9412

私もその波に乗り、恐竜のガレージキットの原型を作らせてもらって、月刊モデルグラフィックス誌の連載と相まって、現在の造形家の道を歩んできたわけですから、展示物のひとつひとつにその思い出や歴史を感じます。

Dscn9413

展示はその当時のものから、食玩、ミリタリーグッズ、今清水栄一氏の美似コレクションなどここでしか見ることのできないものでいっぱいでした。

Dsc_2358

Dscn9427

Dscn9443

Dsc_2338

オープン初日の土曜日だったので、親子連れなどたくさんのお客さんが来てました。

Dsc_2348

ちょうどセンムさんとお会いでき、今年93歳!の館長さんにもご挨拶ができて良かったです。

Bea85qsd

さてコロナで外出もままなりませんでしたが、たまに外に出て人と話すのは良いですね。

Dsc_2339

Dscn9498
近くなのでまた来ましょう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)




| | コメント (0)

2021年2月28日 (日)

新造フクイベナートル模型 ㏌ 恐竜博物館

開館20周年を迎えた福井県立恐竜博物館が27日、同市の約1億2千万年前(白亜紀前期)の地層で見つかった恐竜や動物の展示をリニューアルしました。

Vfro5ivh

それに伴い、新しく展示されたフクイベナートルの骨格標本に合わせ、復元模型も新しく制作したものが展示されています。

Photo_20210228203701

模型は服部創記先生の監修のもと、制作しました。

4e6ea2ab6027d10b7c3d5d4d8b948978_1

現在博物館はコロナの影響で事前予約での入館になりますが、ご見学の折にはぜひお見逃しなく。


(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2020年11月15日 (日)

ドールハウスフェア2020→EXPO’70パビリオン→海洋堂塗装造形師 いきもの展

今日はtsukudadosさんと阪急百貨店で開催中のドールハウスフェア2020、万博公園のEXPO'70パビリオン、新世界 通天閣近くのギャラリーカフェKirin「海洋堂塗装造形師 いきもの展」を見てきました。

Dsc_0959

ドールハウスフェアではスチームパンクのドールハウスなど目を引くモデルが多数。

Dsc_0940

Dsc_0944

シック・スカートさんの朝日放送テレビ【LIFE〜夢のカタチ〜】で紹介された【恒岡醤油醸造】さんの醤油蔵作品 。

Dsc_0928

昼食は梅欄のやきそばを食し、

Dsc_0963

その後、電車とモノレールを乗り継いで、万博公園へ。

Dsc_0967

とても良い天気の日曜日ということで、多くの行楽客で賑わってました。

Dsc_0969

もちろん見に来たのはツイッターの紹介されていた、EXPO'70パビリオンに常設されたペーパークラフト製の1/300スケールの万博会場!

Dsc_0990

 京都在住の進太郎氏の制作されたパビリオンの一つ一つが、繊細で大胆なペーパークラフトによって再現!

Dsc_0979

10年の歳月をかけて完成したパノラマは圧巻!

Dsc_0985

Dsc_0988

まるで1970年のあの夏の日にタイムスリップしたかのような素晴らしさでした。

Dsc_0997

tsukudadosさんと、「あのパビリオンは?」「住友童話館!」と子供のようにはしゃいでしまいました。

Dsc_0998

太陽の塔 内部の生命の樹にあったトラコドンと記念撮影。

Dsc_1013

その後、大阪 新世界のギャラリーカフェKirin「海洋堂塗装造形師 いきもの展」に。

Dscn8131

Dsc_1031
 
生き物造形ではもうお馴染みの古田悟郎氏・清水ゆう子氏の二人展を堪能。

Dsc_1050

Dsc_1038

海洋どーなっつ(笑)

Dsc_1046

ところで、コロナのせいで1年ぶりの大阪に出て電車に乗りました(笑)

tsukudadosさん、ありがとうございました。お疲れさまでした。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

山本高樹さんの昭和レトロ ミニジオラマを入手しました。

 2012年のNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」のオープニングで流れる、懐かしい昭和のジオラマを憶えておられるだろうか?

20121027000126a26

あのジオラマを担当したのが、レトロジオラマ作家の山本高樹さん。

Iimg1200x12001573465928obgocz817601

今回、ネットオークションに氏が自ら出品した、ミニジオラマ「飛〇新地」が登場。

Iimg1200x12001573465903fwr6md833659

めでたく落札できました。

Ejyd0l5u8aau3pv

無理言ってサインもいただいちゃいました!

Dsc_8206

玄関でお客を呼び込むやり手婆、にっこり笑顔の嬢。

Iimg1200x12001573467318yenw6l802226

ニコニコ二階へ向かうお客は、お運びさんのスカートの中をちゃっかり覗き見。

Iimg1200x12001573466001potdm1833704

案内される部屋には、真っ裸でお迎え予定の嬢。(それとも一戦終えた後でしょうか?)

Iimg1200x12001573466116sdbbs2849652

幅約165㎜ 奥行165㎜ 高さ260㎜の空間にギュッと物語が詰まっていますね。

Iimg1200x12001573466032runlqb933419

LED照明付きで、雰囲気たっぷりです。

「もうここにしよか?」「いや、おれはもう一回りしてくるわ」って会話が聞こえそうです。

Dsc_8220_20191122221601

さて、こちらはおなじみの私が作った〇田新地の人形。

Tb1_2

もうすぐクリスマスシーズン。サンタの格好した嬢たちが待ってるかもね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

日本歴代風俗人形

ネットオークションで「日本歴代風俗人形」12体を入手しました。

Dsc_7967

それなりに古そうで、かなり傷んでおり、欠けや部品の紛失などもかなりあり、状態は悪いものでした。
台座に刻印があり「東京文運堂製」とあります。

Komainu3138img1200x11791572077394p0q7j02

12体は一揃いのイメージがありますが、はてさて、これが全種かどうか分かりません。
大きさはこれぐらい。約21~27㎝でスケール的には1/8ぐらいでしょうか。

Dsc_7972

各人形には説明のシールが貼ってあったようですが、かなり損傷が激しく、読み取れないもの、シール自体が無くなっているのもありました。

Dsc_7957

以下人形の説明は読み取れたもの、想像も混ざっています。

・男性(時代は順不同です)

1)古墳時代の兵士? (シール紛失 予想)

191106192721

2)平安時代 公家武官夏束帯 (シール紛失 予想)

191106192933

3)源平時代 武士の武装 源義経

191106192839

4)鎌倉時代 山〇〇の武装 比叡山僧 (〇は読めず)

191106192852


5)南北朝時代 水干の童(すいかんのわらし?) 楠正行

191106192816

6)室町時代 武士の狩り装束 足利義満

191106192949

7)徳川時代 武官(以下読めず)

191106192907

8)徳川時代 武士の洋装 〇兵指〇役頭取改役 (〇は読めず)

191106192829

・女性

9)奈良時代? (シール紛失 予想)

191106193002

10)平安時代 貴族? (シール紛失 予想)

191106193031


11)鎌倉時代? (シール紛失 予想)

191106193044


12)徳川時代 武家の室の礼装 徳川家定夫人

191106193018

こう見ると、やはり各時代を網羅しているとは言えないので、もっと種類は多い気がしますね。

さて、「日本歴代風俗人形」で検索すると、そのもは出てきませんが、明治・大正期に活躍した博多人形師 井上清助氏の「世界人類風俗人形」が出てきます。

405c145

現在、これらの人形は東京大学総合博物館や福岡市博物館に所蔵されています。

Sim

実は以前ネットオークションでこの人形が出品されたことがあり、入札しましたが、恐ろしい値段(十数万円)になり、途中で諦めました(笑)

Sim2

追伸(2019年11月11日):保存していた画像が何点か出てきたので、一応張っておきます。

1532169698286

1532169699866

1532169700011

1532169698720

1532169698865

1532169699046

今回の入手した人形は、テイストはよく似ていますが、造型や彩色の質は遠く及びません。

刻印の「東京文運堂製」を調べると「株式会社 文運堂」がヒットしました。
現在ノートや文具を作っている会社ですが、創業100年を超える会社なので、何か関係があるのかもしれません。
文具以外に学習教材、社会科歴史教材のひとつとして、小学校の備品として作られた可能性もありますね。あくまで想像ですが。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、情報よろしくお願いします。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


 

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

モデラーズフェスティバル2019に行く

過日11月3日、今年もtsukudadosに誘われ、モデラーズフェスティバル2019に行ってきました。

Dsc_7693

車で昼過ぎに会場のATCに着いたものの、連休の中日の日曜日のためか、会場のATCはもちろん、周辺の駐車場も満杯で、さまよったあげく住之江まで行き駐車し、ニュートラムに乗り換えやっと会場入り(笑)

Dsc_7696

Dsc_7726

ATCではいろんなイベントが開催されており、家族連れでいっぱいでしたが、モデラーズフェスティバルの会場内も老若男女でいっぱいでした。

Dsc_7706

Dsc_7766

常連モデラーさんの超絶技巧作品をはじめ、上手い下手かかわらず、数々の作品に触れることができます。

Dsc_7792

Dsc_7824

Dsc_7784

ま~プラモデルなんて、作ってナンボですから、私のように買ってそのまま押入れに箱のまま積んで置いておく人間には、そのプラモデルの完成品を見れるだけでも大変な喜びです。

Dsc_7816

Dsc_7811

Dsc_7764

Dsc_7730

会場はプラモデルのコーナーとドールハウスのコーナーがあり、どちらもミニチュア好きの私には、とても楽しい空間です。

Dsc_7833

さて、会場を後にして、天王寺のあべのハルカスで開催中の、大阪芸大の新世代造形大賞を見に行きました。

Dscpdc_0003_burst20191103170321664_cover

力作揃いのなか、アノマロカリスの活け造りが目を引きました。

Dsc_7871

Dsc_7869

Dsc_7858

カニのような甲殻類的なイメージは面白いですね。

Dsc_7878

tsukudadosさん、ずっと運転していただき、ありがとうございました!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

より以前の記事一覧