2019年11月 6日 (水)

日本歴代風俗人形

ネットオークションで「日本歴代風俗人形」12体を入手しました。

Dsc_7967

それなりに古そうで、かなり傷んでおり、欠けや部品の紛失などもかなりあり、状態は悪いものでした。
台座に刻印があり「東京文運堂製」とあります。

Komainu3138img1200x11791572077394p0q7j02

12体は一揃いのイメージがありますが、はてさて、これが全種かどうか分かりません。
大きさはこれぐらい。約21~27㎝でスケール的には1/8ぐらいでしょうか。

Dsc_7972

各人形には説明のシールが貼ってあったようですが、かなり損傷が激しく、読み取れないもの、シール自体が無くなっているのもありました。

Dsc_7957

以下人形の説明は読み取れたもの、想像も混ざっています。

・男性(時代は順不同です)

1)古墳時代の兵士? (シール紛失 予想)

191106192721

2)平安時代 公家武官夏束帯 (シール紛失 予想)

191106192933

3)源平時代 武士の武装 源義経

191106192839

4)鎌倉時代 山〇〇の武装 比叡山僧 (〇は読めず)

191106192852


5)南北朝時代 水干の童(すいかんのわらし?) 楠正行

191106192816

6)室町時代 武士の狩り装束 足利義満

191106192949

7)徳川時代 武官(以下読めず)

191106192907

8)徳川時代 武士の洋装 〇兵指〇役頭取改役 (〇は読めず)

191106192829

・女性

9)奈良時代? (シール紛失 予想)

191106193002

10)平安時代 貴族? (シール紛失 予想)

191106193031


11)鎌倉時代? (シール紛失 予想)

191106193044


12)徳川時代 武家の室の礼装 徳川家定夫人

191106193018

こう見ると、やはり各時代を網羅しているとは言えないので、もっと種類は多い気がしますね。

さて、「日本歴代風俗人形」で検索すると、そのもは出てきませんが、明治・大正期に活躍した博多人形師 井上清助氏の「世界人類風俗人形」が出てきます。

405c145

現在、これらの人形は東京大学総合博物館や福岡市博物館に所蔵されています。

Sim

実は以前ネットオークションでこの人形が出品されたことがあり、入札しましたが、恐ろしい値段(十数万円)になり、途中で諦めました(笑)

Sim2

追伸(2019年11月11日):保存していた画像が何点か出てきたので、一応張っておきます。

1532169698286

1532169699866

1532169700011

1532169698720

1532169698865

1532169699046

今回の入手した人形は、テイストはよく似ていますが、造型や彩色の質は遠く及びません。

刻印の「東京文運堂製」を調べると「株式会社 文運堂」がヒットしました。
現在ノートや文具を作っている会社ですが、創業100年を超える会社なので、何か関係があるのかもしれません。
文具以外に学習教材、社会科歴史教材のひとつとして、小学校の備品として作られた可能性もありますね。あくまで想像ですが。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、情報よろしくお願いします。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


 

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

モデラーズフェスティバル2019に行く

過日11月3日、今年もtsukudadosに誘われ、モデラーズフェスティバル2019に行ってきました。

Dsc_7693

車で昼過ぎに会場のATCに着いたものの、連休の中日の日曜日のためか、会場のATCはもちろん、周辺の駐車場も満杯で、さまよったあげく住之江まで行き駐車し、ニュートラムに乗り換えやっと会場入り(笑)

Dsc_7696

Dsc_7726

ATCではいろんなイベントが開催されており、家族連れでいっぱいでしたが、モデラーズフェスティバルの会場内も老若男女でいっぱいでした。

Dsc_7706

Dsc_7766

常連モデラーさんの超絶技巧作品をはじめ、上手い下手かかわらず、数々の作品に触れることができます。

Dsc_7792

Dsc_7824

Dsc_7784

ま~プラモデルなんて、作ってナンボですから、私のように買ってそのまま押入れに箱のまま積んで置いておく人間には、そのプラモデルの完成品を見れるだけでも大変な喜びです。

Dsc_7816

Dsc_7811

Dsc_7764

Dsc_7730

会場はプラモデルのコーナーとドールハウスのコーナーがあり、どちらもミニチュア好きの私には、とても楽しい空間です。

Dsc_7833

さて、会場を後にして、天王寺のあべのハルカスで開催中の、大阪芸大の新世代造形大賞を見に行きました。

Dscpdc_0003_burst20191103170321664_cover

力作揃いのなか、アノマロカリスの活け造りが目を引きました。

Dsc_7871

Dsc_7869

Dsc_7858

カニのような甲殻類的なイメージは面白いですね。

Dsc_7878

tsukudadosさん、ずっと運転していただき、ありがとうございました!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

久しぶりの東京。恐竜博2019とDORO☆OFF2019

9月20日に埼玉県飯能市に模型の納品。今年で3年連続なんですが、最近嫁がうるさく一泊しかできないので、納品後は2年は続けて、富士方面、神奈川泊まりで横浜や伊豆の観光でした。
しかし今年は浅草にホテルが取れましたので、上野の科博の恐竜展を見に行くことにしました。
東京に行くのは4年ぶりです。
タイムスケジュールを考えると、納品は昼ぐらいに終わらないと、科博の開場時間に間に合わないので、早朝4時に自宅を出発。(去年もこんなだった憶え)
新名神の鈴鹿あたりが走りやすくなっている。

Dsc_7030

今年最初の富士山も見ることができ、

Dsc_7066

途中仮眠を取りながら昼過ぎに納品先に無事到着。

納品を終え、圏央道から都内入り。3時に浅草のホテルに着けば、余裕で恐竜展の見学ができるはずが、高速を下りてから大渋滞。

Dsc_7082

特に上野駅前の走りにくいこと!だから都内を車で走るのは嫌なんですよ。

何とか3時半に浅草のホテルにチェックイン。博物館入館が4時半までなので、荷物を置いてテクテク上野に向かいました。

さて、いざ恐竜展の会場に着くと「本日は8時まで開場してます」とよ!あわてることは無かったぜよ!

Dsc_7096

会場で、ディノニクスのホロタイプ標本!!

Dsc_7098

デイノケイルス(デカい!)

Dsc_7104

Dsc_7135

命名 カムイサウルス!(むかわ竜)とご対面。

Dsc_7120

図録を買って、ガチャを一回まわしてティラノでした。

Dsc_7186

観覧が終わったあと、浅草をテクテク観光。

Dsc_7210

学生の頃から東京には何度も来てますが、いつも恐竜や模型関係や神田の古本屋目当てで、浅草は10年ほど前に家族でディズニーランドに行ったときに、はとバス観光で少し浅草寺に寄ったことがるだけで、実質初めてです。

Dsc_7202

なかなか楽しい街ですね。浅草寺の仲見世はもちろんですが、町中にある商店街やお土産物屋は見て歩くだけでも楽しいです。

Dsc_7207

さて投宿したホテルはつくばエクスプレスの浅草駅から徒歩1分にかかわらず、駐車場無料で部屋も風呂も広い!

Dsc_7182

たぶん、ラブホの転用だと思いますが、これで一泊5800円なら、十分満足です。

明くる21日は帰宅だけでしたが、調べると浅草橋で「DORO☆OFF2019」が開催されているではないですか!

ホテルに聞くと、チェックアウト後、昼ぐらいまでなら車を駐車してて良いと許可をもらったので、朝の浅草寺界隈の観光のあと、またもやテクテクと歩いて浅草橋のDORO☆OFF会場まで行きました。

Dsc_7263

勝手に10時には開場してると思い込んで行くと、一般入場前の参加者の自己紹介時間で、一般入場は11時からとのこと。
出直そうかと思っていたところ、ちょうぎさんと鷲見さんが私を見つけてくれて、そのまま参加者面して見学させてもらいました(笑)

Dsc_7226

ドロオフは数年前にも見学したことがあるんですが、うちに箱のまま眠っているプラモデルの、超絶技巧の完成品を間近に見ることができ、眼福のひと時でした。

Dsc_7223

ちょうぎさんのディスカバリー号(メビウス改造)

Dsc_7310

加藤優介さんのワンマンポッド(メビウス改造)

時々東京に来てますが、いまいち地理が分かりませんでしたが、今回、本郷から上野、浅草、両国あたりはなんとなく位置関係が分かりました。

Dsc_7363

今後、東京での宿泊は当分浅草になりそうです(笑)

Dscn6454

ドロオフ後、首都高から東名に乗って帰路につきました。

Dsc_7405

21日夜9時に帰宅。走行距離1053㎞

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2018年12月31日 (月)

創造空間 ザ・昭和テレビジョン!

実は前から欲しかったオモチャをやっと入手できました!

タカラトミーの創造空間 ザ・昭和テレビジョン

Tv4
もう15年ぐらい前に発売されたもので、当時2万円と高価だったのと、当時はドールハウスに今ほど興味がなかったので買いそびれてました。

先日ふと思い出し、ネットオークションでゲット。

昭和40年代のお茶の間を再現した「オモチャ(と、言うにはよく出来ている!)」で、なんとテレビは実際に映ります。

Tv5_2
が、しかし、残念ながら昔のオモチャで、アナログ放送にしか対応してません。
すでに時代は地上波デジタル!4K時代!
Tv6
そのままでは画面は「砂の嵐」

Tv11
でも入力端子を使えば、ビデオやDVDを見ることが出来ました。

Tv7_2
(おそらくデジタルチューナーを繋げば、テレビ放送も見れると思います)

Tv8_2
画面は「この世界の片隅に」のすずさん。

Tv10
さて、付属の家具や小物の一部を置いてみました。

Tv9
おお!なかなかいいじゃないですか!

これを使って何をしたいかは・・・それは秘密です。

あっ 大晦日だった!みなさん良いお年を!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

モデフェス2017に行く

昨日は大阪ATCで開催されていた「モデラーズフェスティバル2017」にtskudadosさんと一緒に行ってきました。

K1
連休、無料ということも重なって、会場内はたくさんのお客さんでごった返していました。

K2

K5
私のような元模型少年だったオッサンだけではなく、若いカップルや小さい子供連れの家族など客層も雑多で、もしかして模型人気も盛り返しているのでしょうか。

K4

K3
出展ブースも多く、ミニチュアハウス、ドールハウスは独立したスペースの展示で、プラモデルだけでなくミニチュア模型の広がりも感じました。

K6
さて、門真の海洋堂ホビー館が2周年記念ということで、帰りに寄りました。

K7

古田悟郎氏作 若冲の鶏

K8
で、ケッテンクラートと記念写真。

K9

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

毎日小学生新聞のステゴサウルス作品

ツイッターでは紹介しましたが、今年の夏も毎日小学生新聞で恐竜模型工作の記事のお手伝いをしました。

7月15日号

Dflldesuaaapsu3
そして10月12日号で、夏休みに募集したステゴサウルス作品が紹介、掲載されています。

M1
わたしの似顔絵つきで寸評させてもらってます。

M2
たくさんの作品ありがとうございました!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

海洋堂センムさんの還暦祝パーティーに行く

過日6月30日に海洋堂センムさんの還暦祝パーティーに行ってきました。
招待状はセンムさんらしく赤紙の召集令状で届きました。

S1
会場は大阪ヒルトンホテル。

S2
シュビムワーゲンで登壇したセンムさん。

S3
ま~このご時勢、なかなか勇気のあるコスプレ!60歳なんて元気なもんで、赤いチャンチャンコで還暦祝いなんて遠い昔の話ですね。

S4
S5
進行は面白いイベントの連続で、有名造型師対決やゆかりのある著名人らとトークショーなど3時間、楽しい演出でした。

S6
S8
料理も仏コース料理でお酒も飲み放題でした。

S7
いろいろ秘密企画も紹介されて、これからも目が離せませんね。

S9
いつまでもお元気で面白い商品を開発してください。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2017年4月15日 (土)

デアゴティーニ「和風ドールハウス 伝統旅館」を買う

いつも買い物に行くスーパーの隣にあるリサイクル店に、2012年に販売されたデアゴティーニの「週刊 和風ドールハウス 日本の伝統旅館を作る」の組み立て完成品が置いてあり、前から買おうかどうしようか迷っていたのですが、今回ある計画で意を決して購入。

D1
ヤフオクでは全巻110巻で3~5万円、完成品だと5~10万円~ぐらいでしたが、この完成品は2万円弱でした。

さて、持ち帰ってから、重要な私の事実誤認が判明!

H2
ドールハウスの統一スケールが1/12と思い込んでいて、この和風旅館もそうだと勘違いて買ってしまいましたが、どうも思っていたよりも小さいので調べてみると、スケール1/20!

H3
だ~!計画が根本的に崩壊!

悔しいので、1/20 ブラキオサウルスを並べて憂さ晴らし。

D5
同スケールのフィギュアを置いてみます。

B2
海水浴場が近くにある旅館のイメージ。「ちゃんと足の砂をはらわんとイカンよ!」

B1

で、当初の計画は何かと言うと・・・

H10
ご興味にあるかたはこちらをどうぞ。(18禁)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年10月29日 (土)

東急ハンズ名古屋 地球研究室で作品販売!

荒木恐竜工房、独立10周年、模型稼業34年を記念して、私のこれまで制作してきた模型を特別販売いたします!

Hands1
今回、東急ハンズ名古屋店 地球研究室 クリエイターズワールド(11月3日~13日)で販売するのは、キットや複製品ではなく、月刊モデルグラフィックスや文芸社マスターモデラーズ誌で連載のため制作した、一点作・ワンオフ模型の20作品です。

連載誌以外でも各種恐竜展イベントや恐竜図鑑などに掲載されたきた模型たちです。

私の最高の自信作「ティラノサウルス2009(スカー 1/10スケール 2009年制作)」(150万円 税別)を筆頭に、

Tyrannosaurus2009dmmm
各地target="_blank"のイベントで展示した「トリケラトプス2002(1/10スケール 2002年制作)」(60万円 税別)

H7掲載されたマスターモデラーズ誌。

H1
ステゴケラス 1996(1996年制作)」(8万円 税別)なども販売予定です。

Stegocerass

お買い上げいただいた方には、掲載誌、図鑑を進呈いたします!

人気の「トロサウルス 1986(1986年制作)」(40万円 税別)。多くの恐竜図鑑で紹介されています。

H6

月刊モデルグラフィックス掲載号

H3
お買い上げいただいた作品には、エンボススタンプ刻印した作品証明書も発行します。

H4
私が原型制作したリーズナブルなフェバリットの恐竜シリーズもあると思いますので、買っていただいた方にはサインもしまっせ!

11月3日~6日(PM:12~17時ぐらいまで)まで会場で制作実演予定ですので、どうぞ皆さんお越しください。たぶんヒマにしていますので、お気軽にお声かけてください!

東急ハンズ名古屋店HP 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年3月19日 (土)

松村恐竜ガレージキット

先の日記のついでに紹介。

これは松村しのぶ氏原型のアマルガサウルスのキット。

M3
たしか学研「恐竜学最前線9(1995年)」にメイキングが載ってましたね。

M4
手持ちの本がありました。

D3
この記事ですね。

D4

こちらはアパトサウルス(半身)のキット。

M1
これは確か海洋堂が年にJR大阪駅前で開催した「DINO ALIVE IN OSAKA 」(1993年)の動くロボット用に作られた雛形だったと思います。(間違ってたらごめん)

M2
当時の図録が出てきました。

D1
こちらのモデルですね。

D2
こちらは1988年に岐阜市で開催された「ぎふ未来博覧会」のときに展示された「山東竜 シャントウゴサウルス」の模型のガレージキット。

S1
展示されていた骨格標本は堂々たるゴジラ立ちでしたが、この模型は四足歩行で復元されています。大きさは60cmぐらいあります。

S2
チョコラザウルス第4弾には山東竜フィギュアもありましたが、これを持ってる方はあんまりいないんじゃないでしょうか(プチ自慢)

ミニモデルも出てきました。

G2
一発成型で、今も確か入手できるんじゃないでしょうか。

G3
これは全く海洋堂と関係ありませんが、「ジュラシック・パーク」のビデオがリリースされたときに近所のビデオショップに置いてあった立て看板。(下のラプター)

M5
当時ビデオ店の店長さんに頼んで、使用後いただいたものです。(現役時はモーターで口がパクパクしてました。これもガレージの掃除で出てきました)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

より以前の記事一覧