2016年8月12日 (金)

シーラカンスが好き!その22 シーラカンス スタチュー エクスプラス

忙しくて紹介できませんでしたが、先日買ったエクスプラスの「Wonder of wild series シーラカンス」です。

C1

思いのほかでかい箱!

C5
梱包状態。けっこうアバウト?coldsweats01

C6
ありゃ~!胸ビレ外れてるし~!sad  ポリストーン製にしては割と軽いな。

C3
ベースは重くて、ずっしりしています。

C4
原型はPaleocraft の John Cooper氏。 関連日記→スタージョンさんとT-rex 

S4
実際の現生シーラカンスの生態モデルと言うより、「生きた化石 シーラカンス」の雰囲気を持ったモデルですね!長さ約30cm。1/6スケールです。

C2
身体のうねりもカッチョいい!

C8
表面ウロコのアップ!

C9
口の中!

C7
シーラカンスは現在も生息している魚類の一種ですが、私ら世代には、絶滅こそ免れたものの、恐竜やマンモスのように太古の「謎の生物」的な一面もあり、作者の思い入れが造形に反映される面白いモチーフのひとつだと思います。
実は私にも「これが俺のシーラカンスだ!」像があり、(そのうち)腕と時間ができたら・・・作りたいな・・・ confident

で、コレクションケースに。

Co1
もうシーラカンス置くとこないので仮置き。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

シーラカンスが好き!その21 フェバリットのシーラカンスが来た~!

私も恐竜フィギュアを制作している(株)フェバリットさんから、ついにシーラカンス フィギュアが発売されました!!happy01

C1
以前から社長さんと打ち合わせするたびに、「シーラカンス作りましょうよ~作りましょうよ~」とおねだりしてきた甲斐がありました!(もちろんそんなわけありませんがsweat02

ブリスターパッケージで、全長 約19cmと手頃なサイズで、しかも存在感あります。

C2
原型制作は自然史系造形作家の守亜 和由紀氏で、出来も保証つき!

C4
こんな素晴らしいシーラカンス フィギュアが1296円で入手できるなんて、いい時代になったものだ!

C5
また同じく守亜氏原型で、古代魚シルバーアロワナ、ピラルクー、ポリプテルス・エンドリケリーが同時発売!

C3
そしてこちらは全長41cmのビックサイズ シーラカンス ビニールモデル。

C6
ビックサイズでもオモチャっぽくなく、とてもリアルな出来栄えですね。

ソフトモデルはさっそく私のシーラカンスコレクションに展示しました。

C7
社長!こんどはコールドキャスト製 40cm級シーラカンス スタチューも作ってください!scissors

商品ライナップはこちら→ フェバリット 古代魚ソフトモデル

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年3月21日 (月)

フェバリットからシーラカンスが発売されるぞ!

朗報!フェバリットからシーラカンスが発売されます!

ラインナップはシーラカンスを含めた古代魚、シルバーアロワナ、ピラルクー、ポリプテルス・エンドリケリー。原型は守亜和由紀氏、監修は魚類研究家の五十嵐利明氏。

S1_2
本格的なシーラカンス フィギュアがリーズナブルな価格で入手できる、良い時代が来ましたね!嬉しい!happy01

4月よりソフトモデルとビニールモデルが発売予定です。
詳しくはこちらを

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2015年10月20日 (火)

シーラカンスが好き!その20 シーラカンス・スピリット来たる!

ついにと言うか、やっとと言うか、オルドビスさんのシーラカンス模型が完成し、工房に来ました!

C1
今日、スター☆ジョンさん自身が完成品2体届けに来てくれました。

C2
工夫された梱包。
C3
大きさは長さ50cm、高さはベースを入れると43cmもある大型モデルで迫力あります。

C6
もちろん、迫力だけではなく細部も正確に再現されています。

C5
フォルムも「これぞシーラカンス!」というイメージですね。

C7
ベースも凝っててカッコイイ!

C8
製作期間2年以上!こだわりの作りを熱心に語っていただきました。

わたしのシーラカンス・コレクションに珠玉の一品が加わりました!happy01
(あと残すは剥製だけ?)

C9

模型・動物・生物系イベントに出展、通販にも対応されているみたいですので、ご興味のあるかたは→オルドビスさんのブログ 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (7)

2015年10月 3日 (土)

しぃ。さんのシーラカンス(改)とえおりあさんのトリケラトプス

少し間があいてしまいましたが、掲示板に投稿された作品の紹介です。

まずは、えおりあさんのトリケラトプス。

0001825m
以前、地元のワークショップを見学してくれて、恐竜作りに挑戦してくれました。
独特のカラーリングがかっこいいですね!
ティラノサウルスの挑戦、がんばってください!happy01

掲示板:初めて投稿します 

こちらは、お馴染みしぃさんの編みぐるみのシーラカンス。

0001828m
前回投稿してくれたシーラカンスに特有の白の斑点を施してくれました。
グッとシーラカンスらしさがアップしましたね!good

掲示板:シーラカンス再び! 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2015年9月 8日 (火)

友ぞ。さん親子のダンクルオステウスとしぃ。さんのシーラカンス

掲示板に友ぞ。さんがダンクルオステウスを親子競作を投稿してくれました。

0001820m
掲示板:ダンクルオステウス (製作ブログもありますよ)

こちらはしぃ。さんの編みぐるみシーラカンス。

0001823_3m
配色がかわいいですね。
掲示板:ついに! 

お~今回は魚シリーズだ!fish

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2015年6月22日 (月)

シーラカンスが好き!その19 シーラカンス オブジェ

久しぶりのシーラカンスグッズの紹介です。

C1
鴨川シーワールドで販売中の「海洋造形家 平山昌氏製作のオリジナルオブジェ」のシーラカンス。

C2
胸ビレを上げた動的な模型ですね。
C6_2
大きさは長さ25cmほどです。

C3
表面のディテール。

C4
他のシーラカンスフィギュアと一緒に。

C5t

オルドビスの☆スタージョンさんのシーラカンスも、いよいよお目見えとのことなので、とても楽しみです!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2014年12月17日 (水)

恐竜太郎さん来る

数年に一度と言われる寒波のなか、恐竜太郎さんが工房を訪ねてくれました。

K1
恐竜太郎さんと言えば、かわいいデフォルメ恐竜フィギュア。

K2
同じくかわいいデフォルメ恐竜のイラストポストカードなどをお土産にいただきました。

K3
掲示板に投稿してくれた「シーラカンス・マグネット」も!ありがとう!happy01

K4
そして寒風吹きすさぶなか工房を去っていきましたが、遭難しませんでしたか?無事に駅までたどりつきましたか?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (8)

2014年9月14日 (日)

サファリのチューブは面白い みたび

前にも紹介したサファリのチューブ。ときどきトンデモフィギュアを出すので見逃せません。
今回買ったのは「Cryptozoology(未確認生物) TOOB」

S1
イエティとビックフット

S2
ネッシーとクラーケン

S3
毛の生えたマスとジャッカロープ

S4
そしてシーラカンス!知らんかった!シーラカンスは未確認生物だったのか!wobbly

S5
アイテム自体は味覚糖のコレクト倶楽部ちっくですが、コレクト倶楽部のフィギュアが高級品に思えるぐらいチープな作りで、彩色も最小限、無彩色のものもあります。
ま、シーラカンスが入ってなかったら絶対買ってなかったでしょうね coldsweats01

関連日記:サファリのチューブは面白い 

関連日記:バージェスモンスター in チューブ 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2014年4月16日 (水)

シーラカンスが好き! その18 プラグインマスコット

昨日雑貨屋をウロチョロしてたら、シーラカンス グッズ発見!

T2
スマホのパーツかなんかですか?

T3
ま~小さいので作りはおざなりですが一応ゲット。

せっかくなんで前にも少し紹介してますが、小物シーラカンス グッズを紹介。

こちらは福島のアクアマリンふくしまのショップで購入した金属製シーラカンスのストラップ。

C1

C2

同じくアクアマリンで購入したカロラータ製のストラップ。

C3
C4

これはもう20年ほど前に販売されていた食玩?の一種 バンダイ「最新恐竜学」のプレシオサウルスのついているシーラカンス。

C5
エサなのかな? もちろん絶版品です。(ラムネも変色してるし sweat01

C6

こちらはシーラカンスではありませんが、最近発売されたバンダイのガチャポンの「人魚」ですか?

T4
人魚というより魚人?

T5
なんか「およげたいやきくん」みたいですね coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

より以前の記事一覧