2016年10月27日 (木)

みんぱくの見世物大博覧会に行く

今日は嫁さんと万博公園にある国立民族学博物館で開催中の「見世物大博覧会」を見に行きました。

実はエキスポシティにもオープンしてからまだ行ったことがなかったので、ついでに寄りました。

M3
エキスポシティに車を停め、散歩がてらに太陽の塔を見ながらみんぱくへ。

M4
なんかパフォーマンスしてる。最近「みんぱく」と聞くと「民泊」の方を思い浮かべますね。

M5
特別展の見世物大博覧会は撮影禁止でしたが、「牛人間」「かに男」など昔の興行のおどろおどろしい看板やポスター、のぞきからくりなど展示されています。

M6
会場内の映像にあった人間ポンプなんか、まだ子供のころにテレビで見た記憶がありますし、野崎参りの参道ではのぞきからくりがまだあった記憶もあります。

M16
見たかったのは「生(いき)人形」(松本喜三郎 作 画像は図録から)

M7
もっと衛生博覧会的な医療系の見世物展示もあると思ってましたが、和紙の解剖模型ぐらいしかありませんでした。

M14
昭和初期まで興行されていた「女相撲」なんかとても面白いですね。

M15
さて、民族学博物館は大好きな博物館で、高校時代から何度も訪れています。常設展示もリニューアルされていると思いますが、年齢を経るにつれて、その時々の興味の対象が変わるのか、訪れるたびにいつも新しい発見や驚きがあります。

メキシコのアレブリヘ(空想動物の工芸品)

M8
あっ!もののけ姫のシシガミ様!?

中国の十二支の置物。カラフルでキッチュ!

M10
そしていつも堪能するのが1/10スケールの民家の模型。

M2
いい仕事してますね~!

M1
ソーラー、パラボラを設置したモンゴルのゲルは、もはや火星基地にしか見えない・・・coldsweats01

M11
みんぱくをあとにして、エキスポシティでご飯を食べて少しウロウロして帰宅。

戦利品は図録と

M12
なんちゃって自在置物のような金魚。

M13
かわいい happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年2月 7日 (日)

東寺 ガラクタ市に行く

今日の京都は時々小雪が舞う寒い日でした。

G1
東寺で第一日曜日に開催されている「ガラクタ市」に初めて行ってみました。

G2
以前来たことがある21日の弘法さんよりもずいぶん規模は小さいですね。寒いからか人出も少ないようです。

G3
前に弘法市に来たのは5年前ですから、見たいものも興味のあるものも変わってますので、じっくり見て回りましたが・・・

G4
さすがガラクタ市・・・

G9
本当にガラクタしかありません・・・(うそですよ)

とは言いつつ、大阪万博の金杯を購入。

G6
あ~寒かった。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2014年9月29日 (月)

太陽の塔のロボがキタ~!

ま、大阪万博ファンとしては買わないわけにはいかないのでしょう。

T3
「超合金 太陽の塔のロボ」 バンダイ

T4
驚異の三段変形!って、いまいちコンセプトは分かりませんが、岡本敏子様が御存命ならばお許しになったのでせうか?

ところで別に万博何周年記念じゃないですよね?関連してか分かりませんが、「太陽の塔Walker」 KADOKAWA・「フィギュア王」が特集を組んでます。
(私も太陽の塔に忍び込んだ男で取材してほしかったな~ coldsweats01

T1
フィギュア王には太陽の塔のロボの金属製ミニフィギュア付!

T2
小っちゃいけどよくできてます。

しつこいようですが、是非、生命の樹&大屋根付き模型をどっか出してください!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2014年5月 9日 (金)

太陽の塔ロボですと!?

最近パチンコやスマホゲームのCMでも魂を売ってしまう俳優や映画やアニメのキャラクターが多いですが、とうとう偉大なる芸術家、岡本○郎まで・・・(財団か)

驚異の三段変形!wobbly

07_m
どうせなら当時の少年マンガにあった、合体パビリオンロボでも出せばいいのにね!smile

B1

あ~あ~買いますよ。もちろん!買いますとも!買えばいいんでしょ!coldsweats01

メーカーHP 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (12)

2014年3月 7日 (金)

怪獣と万博の本

「写真で見る世界シリーズ 怪獣画報 円谷英二監修 秋田書店 1966年(昭和41年)刊」

K1
の復刻版です。(豪華 函入り) 私が5歳のときの本ですね。
ま、表紙を見てください!よく講演で「私が小さい頃の図鑑には恐竜も怪獣も一緒に載ってました」と言う話をするんですが、まさしくこの本もそのひとつですね!
「忍者怪獣パラソウロロプス」!とか「サイの化け物 トリケラトプス」!とか扇情的なコピーが並びます coldsweats01

K2
もちろん怪獣のほうがページは多いですが。

K3
「大阪万博 20世紀が夢見た21世紀」 平野暁臣 編著 小学館

K4
万博本の決定版!というキャッチコピーにつられて買いましたが、確かに写真も図版も多いですし、テキストも多いです。(まだ全然読んでません)

K7
それにしてもアメリカ館の宇宙機と

K5
旧ソ連館の宇宙機だけ見ても奇跡のような展示ですね!!

K6
恐竜も怪獣も万博もアポロもどれもこれも昭和40年代、私の今の原型を作ったモノばっかりですな happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2013年6月26日 (水)

オーストラリア館が・・・

こんなニュースが

オーストラリア記念館:取り壊しへ 四日市市、引き受け拒否 毎日新聞 6月25日

ダ~ sad
やっぱり維持費がかかるんでしょうね。

訪問時の日記

さみしいですね・・・

O1

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2013年5月15日 (水)

太陽の塔がキター!よたび

本日届きました。海洋堂の1/144スケール 太陽の塔!

箱でかし!

T1
梱包状態。

T2
大きさはこんなものです。高さ約50cm。でもソフトビニール製なので軽い。

T3
屋外で撮影。遠くまで行くのが邪魔くさいので、工房の前で。

T4
屋根よ~り低~い太陽の塔~♪

T6
実際には陽の当たらない「過去の顔」部分。タイル模様が表現されています。このまえテレビで見ましたが、本物のこの部分は信楽焼きだそうです。

T5
海洋堂が発売した各スケールの太陽の塔フィギュア。

T7

1/500スケール 太陽の塔の日記

1/350スケール(ソフトビニール) 太陽の塔の日記

1/350スケール(コールドキャスト) 太陽の塔の日記

そして今回のフィギュアの最大の特徴は目玉が光ること!ピカー!sun

T8
とうとう「クレしん 大人帝国」の売店が現実のものになりました!happy01
(小さな幸せに感謝して、わざわざDVD借りてきましたsweat01

T11
先に発売されていたカプセルQ 岡本太郎アートピースと一緒に。

T10
あ~大屋根が欲しい~!happy02

ホビージャパンでもモデルグラフィックスでも電撃ホビーでも、(ついでにモデルアートでも)どこでもいいから、せっかくソフビ製なんだから、生命の樹内蔵カットモデルや1/500スケール大屋根つきお祭広場ジオラマとか作って特集せ~よ!ガンダムやヤマトばっかりやっとらんと!angry

で、関係ありませんが最近のお気に入り heart01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2013年4月 5日 (金)

アポロロケットも花盛り!太陽の塔もね!

長らく絶版でオークションやリサイクルショップでも高値で取引されていた、バンダイ 大人の超合金「アポロ11号&サターンV型ロケット(1/144スケール)」が再販されます!happy01

Ap2
私は持ってますが、買いそびれた方には朗報ですね。

楽天で探す→★バンダイ 大人の超合金 アポロ11号&サターンV型ロケット 再販【8月予約】★

また破損verの支援船や救援ヘリコプターがつく「1/144 大人の超合金 アポロ13号&サターンV型ロケット」が新発売されます。(ま~柳の下のドジョウを狙ってる感もありますが、予約しちゃいました・・・ coldsweats01

Ap5
楽天で探す→★バンダイ 大人の超合金 アポロ13号&サターンV型ロケット【7月予約】★

1/144スケールはまだいいんですが、倍の1/72スケールのアポロ11号 サターンV型ロケット プラモデルもサイバーホビーから発売!

Ap4
こちらはドラゴンから発売されていた完成品のキット版ですが、ディテールアップをしたい方にはこちらのほうが良いかもしれませんね。(完成品の日記
とにかくデカイんで手の入れ甲斐があり!?

楽天で探す→★サイバーホビー 1/72 アポロ11号 サターンV型ロケット プラモデル★ 

1/144スケールつながりで、海洋堂からは1/144スケールの「太陽の塔」が発売されます!

Ap6
なんとLEDで目も光るという「クレしん 大人帝国の逆襲」の夢が現実に!
もちろん予約しました!happy01

楽天で探す→★海洋堂 1/144 太陽の塔 塗装済み完成品【5月予約】★

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2012年9月20日 (木)

「大阪万博と はやぶさ物語」展に行く

さて今日は万博公園 EXP0'70パビリオンで開催中の「大阪万博と はやぶさ物語」特別展に行ってきました。

H1
良い天気でしたが、暑さも一段落して過ごしやすい1日でした。

H2
大阪万博と宇宙開発とは切っても切れないイメージがありますね。

H11
当時のソ連館の展示(パネル展示)。なんかモノスゴかったんですね!

H9
当時のアメリカ館の展示の一部(パネル展示)。

H10
1/30スケールの月着陸船の模型がありました。

H3
既製品でしょうか?フルスクラッチ模型でしょうか?司令船はモノグラムのものみたいですが、違うのかな?

宇宙服の展示もありました。

H4
はやぶさの実物大模型の前で記念写真。案外小さい?

H5
こちらは1/10スケールの「はやぶさ2」の模型。2014年に打ち上げ予定だそうです。

H6
10月21日まで。

せっかくなんで、太陽の塔と一緒に。

H8
で、万博公園に行く前に、茨木市にある「麺や 紡(つむぐ)」で腹ごしらえ。

M1
濃厚なスープでとても美味しかったです。happy01

M2
そしてやっぱり持ってる「バンダイ 大人の超合金 小惑星探査機 はやぶさ」

088

こちらはアオシマの1/32スケール「小惑星探査機はやぶさ」限定メッキ版。

Hy1

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2012年8月24日 (金)

太陽の塔 黄金の顔

先日「追想 日本万博博覧会」のくにっけさんが「太陽の塔 黄金の顔」をプレゼントしてくれました。

T1
アップ

T2
1992年(平成4年)の改修の際に、太陽の塔 黄金の顔に使用されていた鋼材の一部で作られています。

T3
ちょうど先日、リサイクル屋で、当時の記念メダルを見つけました。
同じものが4個ありましたが、全部購入。一枚280円也!

T4
オモテ

T5
ウラ

T6
先日訪れた、福井県立歴史博物館の昭和のグッズコーナーにも展示されていました。

B1
ネットで見ると、たくさん流通していたみたいで、結構安いです。たぶん実家にも3枚組みのメダルセットがあったような記憶があるんですが・・・ think
シンボルマークをデザインされた大高猛氏とは一度CGデザインのコンベンションでお会いしたことがありました。(プチ自慢 heart01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)