2021年12月26日 (日)

テレビに出た「探検!恐竜ミュージアムの舞台裏〜福井県立恐竜博物館〜」

恐竜の模型を作り始めて40年近く。
最初は模型雑誌のライター・連載のころから雑誌に掲載されることはありましたが、カブトガニ博物館の展示模型制作など、模型誌以外の仕事をやるようになってから、テレビで取り上げてもらうことも増えました。
もっともその頃は、恐竜の模型を作っているプラス病院で働いている鍼灸師・リハビリ技師という、二足のワラジ的な珍しいことをしている青年みたいな取り上げられかたも多かったように思います。
独立してからここ10年ぐらいは新聞でもテレビでもめっきり取り上げられることはなくなったし、私自身もテレビの取材って苦手で結構しんどいので、断ることも多くなっていました。

さて今回、NHK BSプレミアムで「探検!恐竜ミュージアムの舞台裏〜福井県立恐竜博物館〜」という番組のオファーが恐竜博物館のS先生経由であり、しっかりした取材をしたうえでの内容のようだし、なによりもお世話になっている恐竜博物館のためならと受けることにしました。
私ももう60歳。若いクリエーターがどんどん出てきてますので、もう取材を受けることなんてこれが最後でしょうから、そのつもりで出来る限り協力しようと思いました。

工房の取材と共に、恐竜模型をまるまるひとつ、一から作っていくところを定点カメラで撮ってほしいとのことで、一週間かけてティラノサウルスを作りました。(いままでもちろんそんなことはしたことありません)

47zxw9mmz4eyecatch_72406e0263fd000e775f9

さて、今日(12月26日)放送日。嫁さんと一緒に見ました。

Fhgm7u7aiag28c5

90分番組で7分弱流れ、けっこう映していただきました。定点撮影の制作過程はほとんどカット(笑)されてましたが、私が子供のころからの夢だった、博物館の恐竜骨格の下に展示される復元模型を作る夢が叶ったという思いは、十分に伝えていただけ満足です。

Fhgr0graiaelhda
番組は、研究員だけではなく、発掘現場の重機を扱うオペレーターや化石をクリーニングする女性など、他の恐竜特集ではまず焦点の当たらない人の紹介もあり、私も見ていて面白かったです。

Fhgm8dqacaai591

先にも書きましたが、これからは若いクリエーターの時代ですし、私も自分の立ち位置を考え、いろんなことの身仕舞を考えていこうと思っています。

Fhgm8ukagaejzco

その意味でも今回のテレビは最後の最高の花道を飾らせていただいた気持ちです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2021年12月21日 (火)

みうらじゅん マイ遺品展と2年ぶりの終い弘法に行く

コロナも少し収まってきてるような、新たなオミクロン株が流行する前なのか不穏な感じですが、世の中はすっかり元の戻りつつあるようです。
今日は株主特典でアサヒビール大山崎山荘美術館で開催中の「みうらじゅん マイ遺品展」に行ってきました。

大山崎山荘美術館は初めての訪問です。駐車場が無いとのことで、下の有料の駐車場に停めても良かったんですが、美術館の先に宝積寺という有名なお寺さんがあり駐車場もあるようなので、そこも見学することにして車で登って行きますが、これが車も行き違いできない狭くえらい坂道でした。

Fhghs7maaaaaahf

宝積寺には豊臣秀吉が明智光秀を討ち取ったあと一夜で建てたという「一夜之塔」という三重塔がありました。

Fhghuqvauau5jsf

Fhghw0damam3np2

宝積寺の見学ののち、てくてく歩いて急な坂道を降りて美術館に行きますが、今度は上り坂。やっと美術館に到達してビックリ!隣にさっきの三重塔があるじゃないですか!帰りは横道で駐車場に行けばいいや。(と思ってました)

Fhgwaeaiae8nev

さて、美術館はもと昭和初期の実業家の別荘で、山の上に建つ大きな洋館で、なんとも風情があります。

Fhgwcw6aqaigpvc

Dscn0800

ま~それには似つかわしくない、みうらじゅん氏のコレクションです。

Fhgwdskakae25ap

Dscn0826

しかしみうら氏のコレクションは大好きで、彼は無価値なもの、ゴミみたいなものに価値を与えることのできる天才だと思います。

Fhgwe5xaiaeqhkn

きっと将来、ヌードトランプやヌード栓抜き、ヌードボールペンがお宝になる日がやって来るでしょう。

Dscn0838

さて、見終わって隣の宝積寺に行く道を探すのですが、これが無い!目と鼻の先に車があるのに!
若いころの私なら、境界の柵をよじ登って行ったでしょうが、そんなことをして人に見られても、ケガしてもアホらしいので、がんばって急な坂道を降りてまた登っていきました。あ~しんどかった。

つぎは、2年ぶりの東寺の弘法市に行きました。ここ2年、コロナで中止になったりして、行くにも行けませんでしたが、今年最後の終い弘法に行くことができました。

Fhgz9lgakayvxg3

Fhgz6fcaqaelefi

なかなかの人出で、お店もたくさん出ていました。このままこの平和が続くと良いのですが。
結局欲しいものが見つからず手ぶらで退散。

Fhgz7kdaaamd9ij

せっかくなので東寺の南のほうにあった、怪しいレトロショップも覗いてみようと行きましたが、どうも無くなったみたいでした・・・

Fhg5vfiaqainnrg

在りし日のブログ 

Fhg5yejauaewvht


(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年12月18日 (土)

「コレクター福富太郎の眼」展と堺アルフォンス・ミュシャ館に行く

過日12月15日、すこし時間ができたので、前から行きたかったハルカス美術館で開催中の「コレクター福富太郎の眼」展を見に行きました。

福富太郎氏と言えば、私の記憶では中高校年のころに夜中にこっそり見ていた番組「11PM」で、持ってる裸の絵ばかり自増しているスケベなオッサンというものでした。

Fgnbzxzvcaawl2b

後年、氏がキャバレー王で実業家で美術品の収集家ということを理解してからも印象はたいして変わりませんでしたが、ここ最近私の方の趣味嗜好が昔の博多人形や土人形の収集などに変わってくると共に、氏の収集品がすごく魅力的なものばかりに見えてきました。

Top_kaburaki

「コレクター福富太郎の眼」というタイトルは言い得て妙で、私が漠然と抱いていた氏の「スケベ」さは、ある意味当たっていて、それは悪い意味ではなく、氏の仕事柄夜の街で働く女性の真の姿を知る、ただ単に見た目が綺麗とか美しいとか表層的なものではなく、描かれた女性の業や悲劇が醸し出す妖艶で危うい美しさに魅力を感じていたんだろうなということが、少し分かるような理解できるようになりました。

Img11680x510

それは私が好んで集めている、明治~大正期の博多人形と雰囲気が似ていて、それはたぶん、今のフィギュア作家が今の人気イラストレーターの絵を立体化するように、当時の人気の日本画などをモチーフにして作品にしていたんでしょう。

Ez03lbmuyaq2ppw

さて、電車で天王寺まで来たので、これまた前から行こうと思っていた、堺市駅前にある「堺 アルフォンス・ミュシャ館」にも行ってみました。

Fgojtusvgaemiwx

こう言ってはなんですが、なんで堺にミュシャ?ですよね(笑)

Fgokb1puuaeydif

ほぼ館内は撮影禁止でしたが、下絵のスケッチやけっこう貴重な作品がいっぱいあり驚きました。しかも入館料は安いし空いてる!

ところで、堺市駅って思ってたより未開発ですね。私がよく行ってたのは堺東の方で、たしか有名なプラモデル屋があったのでよく行ってましたが、でかいビルやデパートがあった印象に比べ、こちらはやっと再開発しましたって感じでした。
ま、どうでもいいですが。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

フクイラプトルの前肢

もうご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、2000年に開館した福井県立恐竜博物館のメイン展示のフクイラプトルの骨格標本の2021年のリニューアルに伴い、復元模型も前肢の改修を行いました。

リニューアル前の骨格標本

9_20211201223101

リニューアル後の骨格標本

Img_0510

当初の復元では、いわゆる「うらめしや~」の、手首が回内した形でした。

Photo_20211201222201

最近の復元では鳥の前肢様に、手首が回外したもの変わってきているので、骨格標本はいち早くリニューアルされ、追って復元模型も改修を行いました。

3_20211201222301

4_20211201222301

このフクイラプトル模型は、フクイサウルスと共に2002年に制作した模型です。

Photo_20211201222202

5_20211201222301

6_20211201222301

その模型を20年後に、またこの手で改修できるのは本当に作者冥利につき感無量です。ありがとうございます。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

恐竜模型教室 in ちーたんの館 令和3年 冬

今年夏に予定されいた丹波竜化石工房 ちーたんの館での模型教室は、新型コロナの緊急事態宣言発令で、中止になりましたが、館のご厚意で11月28日の「丹波竜フェスタ2021」の催しのひとつで企画していただきました。

冬のWS開催は珍しく、今年は暖かな冬ですが、当日は冷え込み早朝に向かう高速道路では霧がかかっている状態でした。

Ffpqcbnaaaid1bo

さて、予定よりも早く着き一服。

Ffpqen_acaeflej

今年のフェスはコロナの影響で、野外での催しはありませんでした。

Ffpg_qaamaeoevq

模型教室は午前は丹波竜など竜脚類を作る教室。

Ffqgrnvacamdfrb

午後は肉食恐竜を各2時間作りました。

Ffq6oufaqaeggpf

ちょうどその間で講演会があり、兵庫県立人と自然の博物館 池田忠広先生の「篠山層群の小さなモンスター」をみなさんと一緒に聞きました。

Ffqzc5vamamiy30

毎回夏に訪れているので、今年は会場周辺や道中で晩秋・初冬の丹波の自然が見ることができました。
ご参加いただいた皆様、ご企画いただいたスタッフの皆様、ありがとうございました。

Ffpqucbaqaaksdo

さて、教室が終わると、もうあたりが暗くなってきていました。
せっかくなんで、付近で一泊して、丹波篠山名物のボタン鍋でも食べたいと思いましたが、嫁さんから日帰り命令が出て、いつもの中華屋で五目ラーメン。

Ffr5ywkaqaisy72
Ffr5asyamaaoy4l
しかし道中、捕れたて?の猪を見ました!

Ffrjslvauaihbdk

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (0)

2021年11月11日 (木)

福井出張ダブル往復

福井県立恐竜博物館に展示されているフクイラプトル模型の改修のため、11月2日と、9日に福井に行ってきました。
宅配便で送ってもらってもよかったんですが送付中に壊れるリスクもありましたので、直接私が車で取りに行き、改修後持って行くことにしました。

引き取りの2日は日帰りで、次の日から早速改修作業。

Fdloriaaaaqv5

思ってたより手間のかかる作業でした。7日に実家で法事がありましたが、何とか間に合い、9日に博物館に持って行くことができました。

Fdu24pzakaaqjsx

改修模型を納品後、いつも教室終了後、時間が遅くて見学できなかった勝山城博物館に行ってみました・・・が・・・

Fdvwcocamaal5fd

臨時休業!!よっぽど縁が無いんでしょうか?w

Fdvwhhgagaep6fq

さて、前回は日帰りでしんどかったので、無事模型の改修も終わり納品したことなので今回は嫁さんの許可をもらって武生の温泉で一泊することに。

今回で3回目?の「しきぶ温泉 湯楽里」

Dsc_3555

シロクマ以外憶えてないや(汗)

Fdvugfkaaaapmui

ま、ご飯も美味しいし、お風呂も良いし、値段も安いけど、周りは何~にも無い(笑)
でもま、ゆっくり休ませていただきました。

次の日はちょっとだけ敦賀観光。

氣比神社

Fdzlabnaqaaboea

Fdzlb6aakaaxakk

松本零士モニュメント

Fdzldllakaarzdd

Fdzle9laqaatqka

日本海さかな街

Dsc_3560_20211112103301

今回時間に余裕があったので、いつも素通りの杉津PAのうにいくら丼

Fduo71zagaetec

しきぶ温泉 湯楽里の夕食・朝食

Fdvuknlacambsa7

Dsc_3553

道の駅 妹子の里の近江牛丼などを堪能しました。

Dsc_3596

道中車中で見ていた「あまちゃん」のDVD、面白かった!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)





| | コメント (0)

2021年7月30日 (金)

ティラノサウルス展と久しぶりの大阪

ホントにコロナのせいで1年半ぶりに電車に乗って大阪に出ました。

E7gwijgvkaesqvp

まず先日納品に行ったときまだ展示準備中だった、大阪南港ATCホールで開催中の「ティラノサウルス展」に行きました。

E7gwk9hvuaa2oqb

5体のティラノサウルスが一堂に会するT-rex好きにはたまらない恐竜展です。

E7gwlzpveaa8eam

こちらには、私が制作した5体の1/10スケールの恐竜模型が展示されているはずですが、展示風景を実際に見るのは初めてです。

E7gyaj5vgayjqbh

模型は会場入り口入ってすぐの導入部分に展示されていて、けっこう子供たちが見てくれています。これが展示後半の巨大骨格ばかりの中だったら、誰も目もくれなかったかも?(笑)

E7gwjphvoaifste

会場売店には私のイラストを使ったグッズも発売されています。

E7gyebtvoaawquj

さてその後、大阪歴史博物館で開催中の「あやしい絵 展」に行きました。

E7hrvolvoaeiimu

E7hrx2mvgay37_e

こちらもけっこう人が多かったですね。

E7hryyyvoaaq4uu

その後、四ツ橋のギャラリーにネットで知ったCOOL氏の個展を見に行きました。

E7hfgwwvkaazujo

E7hfhx1voae9e1m

E7hfioivkai_2p

もう少し若いときならこのあと日本橋のホビーショップ回りもできましたが、今はこれだけ回ったところでもうしんどくなり、コロナのなかあんまり遅くなって帰宅の満員電車に乗るのもいやだったので、早々に帰宅しました。

さて、どうもまた大阪で緊急事態宣言が発令されそうですね。どうなることやら。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年7月27日 (火)

二年ぶりの模型教室IN 福井県立恐竜博物館と海竜展

東京オリンピック2020始まりましたね。

さて、7月25日は福井県立恐竜博物館で二年ぶりの恐竜模型教室でした。

Dsc_2577

久しぶりすぎて、作品の写真を撮るのをすっかり忘れていました。

Dsc_2619

ご参加いただいた皆様、スタッフの皆様ありがとうございました。


現在特別展「海竜 恐竜時代の海の猛者たち」が開催中で見学しました。

Dsc_2616

でっかいショニサウルスの頭骨!

Dsc_2594

エラスモサウルスの仲間

Dsc_2596

ティロサウルス

Dsc_2600

ウタツサウルスの実物化石

Dsc_2607

フクイベナートルのロボットなど。

Dsc_2611

売店には学研のティラノサウルス骨格模型が売ってました。

Dsc_2617

その後、越前 武生に宿泊。ちょっと宿選びに失敗。

Dsc_2630

あくる日付近を散歩して帰宅しました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年6月27日 (日)

海洋堂ホビーランドに行く

昨日はtsukudadosさんと、京阪 門真市駅前にオープンした海洋堂ホビーランドに行ってきました。

Dsc_2319

会場導入部分からセンムさんのプラモデルコレクションが山のように積み上げられ、プラモデル好きにはここを通るだけでも至福の時間を得られるでしょう。

Dsc_2320

もともと海洋堂は模型店だったわけですが、そこから当時のプラモデル化されていいなかった、怪獣や怪人などをリアルなガレージキットとして展開した歴史があります。

Dscn9412

私もその波に乗り、恐竜のガレージキットの原型を作らせてもらって、月刊モデルグラフィックス誌の連載と相まって、現在の造形家の道を歩んできたわけですから、展示物のひとつひとつにその思い出や歴史を感じます。

Dscn9413

展示はその当時のものから、食玩、ミリタリーグッズ、今清水栄一氏の美似コレクションなどここでしか見ることのできないものでいっぱいでした。

Dsc_2358

Dscn9427

Dscn9443

Dsc_2338

オープン初日の土曜日だったので、親子連れなどたくさんのお客さんが来てました。

Dsc_2348

ちょうどセンムさんとお会いでき、今年93歳!の館長さんにもご挨拶ができて良かったです。

Bea85qsd

さてコロナで外出もままなりませんでしたが、たまに外に出て人と話すのは良いですね。

Dsc_2339

Dscn9498
近くなのでまた来ましょう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)




| | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

佐川美術館の大恐竜展と琵琶湖博物館に行く

なんかまた新型コロナの変種が流行し、大阪では1200人、関西の他の府県でも増えてる状況で、東京でも増加の兆しが見えることから、またもや緊急事態宣言が出そうな雲行きです。

_20210421_131523

さて、そうなると府県を超えての移動や、施設自体の営業も支障が出るかもしれませんので、今日、滋賀の佐川美術館で開催中の「大恐竜展」に行ってきました。

_20210421_131634

展示の多くは福井県立恐竜博物館のコレクションや、特別展のために作られた実物大復元模型やロボットなどで、毎年恐竜博物館に行ってるひとは見たことあるものですが、そうでない人には、それらが一堂に見ることができるお得な展示です。

_20210421_131557

美術館の空間(この場合は狭さ)を利用して、コンカベナートルやネオベナートルなどは骨格標本と等身大復元模型・ロボットを並列展示することにより、骨格と復元を見比べることができる面白い展示になっています。

_20210421_131732

一般のお客さんや子供にはとても分かりやすい展示ですが、ちょっとマニアには、「骨格だけ写真が撮りたいのに!」とか言いそうですね(笑)

_20210421_135651

せっかくこちらに来たので、昨年リニューアルしたという琵琶湖博物館にも行ってみました。(現在入館は予約制なので、前日にネットで時間を予約)

_20210421_144554

見たかったのは西尾製作所さんが制作した、半分肉付きの黄河象(ツンダンスキーゾウ)標本。

_20210421_144620

迫力ありますね。恐竜もこんな感じで展示されると面白いですね。(海外にはありますが)

_20210421_144709

もちろん他のゾーンもいろいろリニューアルされているようです。

_20210421_154402

ミュージアムショップに、かわいい陶器製のアケボノゾウとオオサンショウウオがあったのでお土産に買いました。

_20210421_170559

平日で予約制なので、ゆっくり静かに見れて良かったな、と思って帰ろうとすると、入れ違いに学生の団体さんが入っていきました。

_20210421_165419

セ~フ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧