2017年12月 2日 (土)

骨董市や紅葉を見に行く

なんかブログを書いていた文章量、熱量が、ツイッターの無駄話に移った感じで、ブログもHPも更新が滞っていますが、備忘録的に近況を書いておきましょう。

仕事は相変わらず続いているんですが、11月は確認や監修などで制作を中断してポッカリ空く時間が多かったので、先の日記のモデフェスいきもにあなどのイベントにも行くことができました。

同様に21日は京都 東寺の弘法市、22日は大阪 四天王寺 の太子会、25日には京都 北野天満宮の天神さんの骨董市にも行くことができました。

Dph_8x9vqaagofv
弘法市は良い天気で出店数もお客さんも多かったですが、これと言って欲しいものが無く、安い土人形を数点購入。

Dpi_tskueaal56
じつは東寺の近くに面白いレトロショップがあるのをテレビ情報で知ってたので、弘法市のあとに訪問。詳しくはこちらの日記で→東寺のレトロショップに行く(18禁)

Dpulghmvqaeak57
四天王寺の骨董市は初めて行きましたが、天気も悪く行った時間が遅かったためか、もう店終いを始めているところもありました。

Dpnnjoquiaeb03h
でも広い境内に、ゆったりとした店、ブルーシートに品物を並べただけの店など、骨董市と言うよりもガラクタ市、蚤の市といった風情でした。

Dpnnjonumaandxz
また時間に余裕のあるときにゆっくり見に行こうと思います。

Dpnnjonueaapkfg
こちらでもいまいち欲しいものがなく、エイリアンのチェストバスターを1000円に値切って購入。

Dpopb5jvaaa97dn
さて天神さんは前回行ったときに買い逃したものがあるかと思い行きました、出店していなく、残念。

Dpcorniuiaafmh5
天気もよく、お客さんも多く、一通り見ましたが、春画人形が数点あって購入。ま、こんなもんでしょう。

Dpcornduqaajmi
そのあと前からちょっと気なっていた、西本願寺近くの「風俗博物館」に行ってみました。

Dpc2csjuiaaupsx
日本の歴史上の各時代の装束の人形が、いっぱいあるのかなと思っていましたが、平安装束限定でガッカリ・・・。

Dpc2cslumaaqncm
好きなひとには許容範囲かもしれませんが、これで入館料500円なら江戸東京博物館や大阪歴史博物館の「ミニチュアだけの展示」でも何倍も値打ちがあるような気がします。

もしかしたら私が知らないだけであるのかもしれませんが、京都(平安京~現在)の歴史(源氏物語から幕末、新撰組、町屋の改造など)をジオラマ、ミニチュアで再現したミュージアムがあると良いと思いますがいかがでしょう?

さて、骨董市などはずっと私ひとりで行ってたので、今日12月1日は嫁さんと一緒に京都 東福寺に紅葉を見に行きました。

Dp7iqpjvwaeyt7b
東福寺の通天橋から望む景色はテレビなどでも紅葉の名所とよく紹介されていましたので、近くを通るたびに行ってみたいと思っていました。

Dp7iqppuqai5o4v
やっと今日行けましたが、紅葉のピークは過ぎていてちょっと残念。

Dp7iqp4uqaguw3p
また来年挑戦しましょう。(でももっと観光客が多いんだろうな)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

いきもにあ2017に行く

過日11月11日、tsukudadosさんと京都 東山の「みやこめっせ」で開催された「いきもにあ2017」に行ってきました。

I1
私は初めて行きましたが、生物グッズに特化したイベントで、知っている方の出店もあり、とても楽しめました。

I6
SHINZEN造形研究所さん。

I4
虎毬の塗装完成品。

I9
小田隆さん

I10
じゅんじゅんさん

I13
こちらは銅製サソリの自在置物。

I8
リアルな猫のフィギュア。

I11

皮製の生物バッグ。

I12
早足で見て回ったので見逃したブースもあったかも知れませんが、とても面白かったです。

モノ作りを生業にしている人は、レギュラーの企業等との請負と共に、このようなイベントに参加して、直接個人のお客さんとやりとりする場も大切かもしれませんね。

その後、龍谷ミュージアムで開催されていた「地獄絵ワンダーランド」を見に行きました(11月12日終了)。

I5
京都 博物館の「国宝展」は多いと思って、こちらに来ましたが、こちらも人多かった!

I7

今回買ったもの。

I2

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

ふれあい教室 in 福井県立恐竜博物館

8月27日はこの夏最後のワークショップ、福井県立恐竜博物館 「恐竜ふれあい教室 親子で恐竜模型をつくろう!」を行いました。

W4
博物館に行く前にJR福井駅に寄り、駅前の恐竜ロボットを見にいきます。

W5
新しく仲間に加わった福井産の絶滅哺乳類。

W6
さて恐竜博物館は夏休み最後の日曜日とあって、とても賑わっていました。

W7
7月の教室に続き、今回も特別展にちなんで、羽毛恐竜を作ってもらいましたが・・・

W2
出来上がってみると、羽毛恐竜あり、

W10
スピノサウルスやダスプレトサウルス、

W8
パラサウロロフスなどいろんな恐竜が出来上がりました。

W9
子供たちは色を塗るときが一番真剣ですね!

W3
さて、これにて今夏のワークショップは無事終了しました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年8月10日 (木)

模型展示 in 近鉄百貨店 橿原店

今日は近鉄百貨店 橿原店で開催中の「恐竜のひみつ展」に行ってきました。

H1
恐竜ロボットがお出迎え。

H2
こちらでは私の恐竜模型のうち、1/10スケール中心に20点が展示されています。

H6
1.3mのティラノサウルスの復元&骨格模型。

H3
けっこう間近で模型が見ることができますよ。

H7
配布されているクイズに全問正解すると、かっこいいシールがゲットできます。

H5
模型や説明にヒントがありますので、小さいお子さんも、一生懸命模型を見てくれてました。

H4
12日には私の模型教室、13日には恐竜くんのトークショーが開催されます。

詳しくは百貨店HPで 

観覧無料ですので、お近くの方は是非どうぞ。15日まで開催です。(毎日楽しいワークショップ(有料)が企画されています。)

さて、イベントを見たあと、今井町にもちょっと寄りました。

H8
交流センター内の展示。

H9
H10
H11
どうしても模型に目が行ってしまう・・・。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年7月25日 (火)

「恐竜の卵」展&恐竜ふれあい教室 in 恐竜博物館

7月23日、福井県立恐竜博物館 「恐竜ふれあい教室 親子で恐竜模型をつくろう!」を行いました。
ちょうど夏の特別展「恐竜の卵」も開催中でしたので、午後の教室前に見学しました。

F17
恐竜の卵、営巣、子育てに特化した企画展で、今回の展示物でも何点かお手伝いしています。

F15
「恐竜の卵」展のレポートは色んな方がされているので、ここは私の個人的なレポートを中心に書かせてもらいます。

F14
実物大のトロオドン抱卵ジオラマは、今井先生監修の元で、デザイン・雛形模型を作らせていただきました。

F10
そのほか新規で制作したトルヴォサウルス、エピオルニス模型もあります。

F4
「荒木恐竜工房」で制作したPR模型も展示されていました。

F6
トロオドンと近縁のザナバザル

F7
アルシャサウルス

F8
プロバクトロサウルス

F11
イクチオベナトール

F9
などなど、

F16
会場ショップでは、トロオドン抱卵フィギュアや

F18
私のスケッチグッズなども販売されていました。

さて、午後からは模型教室です。

F12
今回は卵展にちなんで、羽毛恐竜を作ってもらいました。

F1
トロオドン、ディノニクスなど個性的な羽毛恐竜が出来ました!

F13

F13_2

遠方からの参加もあり、皆さん、ありがとうございました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

見えない富士山を一周

関東に所用があり、7月14日早朝に出発。

P1
途中足柄PAで富士山のてっぺんだけ拝みます。

P2
午後所沢方面で用事を済ませ、中央道を走って、この日の宿泊は甲府市。

P4
夜は裏春日を探検。

P3
明くる15日は帰宅するだけなので、富士山方面に向かい東名に乗る予定です。

358号線の峠道を走り、まずは本栖湖へ。

P6
子供が小さいときにも来ましたが、今回も千円札と一緒に。

P5
その後、河口湖の与勇輝館に行きました。

P7
ここはやはり以前来たとき、休館日だったこともあり、十年ぶりのリベンジです。

P8_2
(参考日記:富士は日本一の山

P9
河口湖、富士山と大自然に囲まれ、観光客も多く訪れる素敵な環境ですね。こんなところに「恐竜模型博物館」みたいなものが作れたら幸せでしょうね。

最初このまま御殿場に行くつもりだったんですが、急に白糸の滝が見たくなり、来た道を引き返し、まずは途中にあった「富士山博物館」に寄りました。

P14
無料の施設ですが、恐竜や富士山の構造模型展示などがありました。

P15
P13
最後の目的地は「白糸の滝」です。

P11
たぶん小学校の修学旅行で来たのが最初で最後だったと思いますが、子供心にとてもきれいなところだった記憶がありました。

P10
という訳で再訪したのですが、やはり綺麗な上品な滝でした。

あまり帰宅が遅くなると、嫁さんに怒られますので、そろそろ帰路に向かいます。
ナビを自宅にセットして誘導してもらいますが、その道の狭いこと狭いこと・・・。
結局新東名の新清水ICから高速に乗ったのですが、富士山の西側の道路状況は東に比べると遅れていますね。せっかく良い景観があるのに観光施設が少ないのもそのせいでしょうか。

さて、夜9時に無事帰宅。今回も富士山全景を見ることができませんでしたが、帰りは「プライベートライアン」を再生しながらの帰路でした。

P12
富士山土産。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

模型教室 in ちーたんの館 2017

昨日7月9日は丹波竜化石工房ちーたんの館で今年最初の恐竜模型ワークショップを行いました。

T2
午前・午後と行い、いろんな丹波竜ができました。

T6
ご参加いただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

T7
ここ数年、丹波竜(カミナリ竜)のみの制作ですが、肉食恐竜の化石も見つかってますので、肉食恐竜の模型を作っても面白いかもしれませんね。

T8
ちーたんの館では新たに3Dプリンターで作った1/10スケールの丹波竜骨格模型が!欲しい!

T4
T5_2
これは古生物学者の荻野慎諧さんが作成したもので、おなじく3Dプリンターで作った実物大の丹波竜頭骨を持って記念撮影もできるそうです。

T3
お土産にはオギノ式「丹波竜焼」をどうぞ!

T9
「ちーたんの館」では、夏期特別展 「丹波竜と獣脚類展」が7月22日より開催されます。

さて教室が終わって皆さんへの御挨拶もそこそこに、急いで篠山市に向かったのですが・・・やっぱり間に合わなかった・・・

T10
今春オープンした「篠山市立 太古の生きもの館」

T11
4時半に閉館してましたので、寂しく一億一千万年前の岩盤を見て帰路につきました。

T14
こちらには以前「黒豆の館」に展示してあった、私が制作した実物大アーケオケラトプス模型が移設展示されています。(画像は市長日記より)

T12
いつもはるり渓温泉に寄って帰ることが多いんですが、昨日はすごい豪雨ですごすごと帰ってきました。

オマケ:前から気になってた福知山線の鉄橋をパチリ!

T13

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年7月 6日 (木)

福井恐竜博物館 特展会場限定「トロオドン フィギュア」の紹介

福井県立恐竜博物館で今月14日から始まる特別展「恐竜の卵」の会場ショップ限定で販売される「トロオドン フィギュア」の紹介です。

T5
特別展のポスターにもなっている巣で抱卵しているポーズで、私が原型を作っています。

T2
ポリレジン製で細かいディテール、彩色まで忠実に再現。

T3
パッケージもしっかり梱包されていますね。

T6
特展会場にはこの抱卵ポーズの実物大ジオラマも再現展示されています。

こちらも会場限定のぬいぐるみトロオドン。もふもふでかわいいです!

T1_2
デザインは私ではありませんが、開発段階でアドバイスさせてもらいました。

T4
このほか私のラフスケッチをデザインしたトートバックやマグカップなども販売されます。

T8
会場に行かれたときは、旅の思い出に是非お手に取ってみてください。

福井県立恐竜博物館 特別展「恐竜の卵」HP

T7

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

宇治市植物園に行く

今日は良い天気だったので、午後から嫁さんと宇治市植物園に行きました。

U1
偶然にも無料の日でラッキー!happy01

U2
ちょうどチューリップや八重桜が満開の時期でした。

U3
花の広場で弁当を食べ、散策。

U8
先日見に行った八幡市の背割り桜のときは、曇天、五分咲きでイマイチでしたが、やっぱり満開はキレイですね!

U6
大きなしだれ桜もあったようですが、残念ながらもう葉桜でした。来年見に来よう!

U7
午前中は今月末に開通予定の新名神高速の八幡京田辺-城陽区間のフリーウォークを見に行きました。

M1
事前申込みが必要だったので、自宅からテクテク歩いて近所の側道から見学。

M2
このアングルは参加者には撮れないので面白いかも。

M3
先日、城陽から京奈和道の100円橋に渡ろうとしたら、まったく分からんで往生しましたわ coldsweats01

M4
新名神の全線開通や北陸新幹線が松井山手経由になるとか、どんどん地図が描き変わっていくのでワクワクしますが、実際に利用できるころには自分自身がこの世にいないと思うと、ちょっと切ないですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年3月15日 (水)

河野甲さんの「カタツムリの世界」展に行く

昨日は「きしわだ自然資料館」で開催中の企画展「魅力あるカタツムリの世界~カタツムリのリアルフィギュア・河野甲ワールド~」に行ってきました。

K1
K2_2
河野氏は皮を加工してリアルで幻想的な生物作品を生みだされている作家さんですが、博物館の展示物なども制作されています。

K3
今回は河野さんが制作した日本に生息している100種以上(!)のカタツムリが展示されています。

K4
こんないっぱい種類がいるんですね!!それにしてもリアルですね!wobbly

K5
殻は本物が使われ、身体部分は皮やシリコン樹脂で作られているそうです。

K7
クチベニマイマイはよく見た覚えがあります。

K6
海外の巨大なカタツムリも!(日本でも見つかってるらしい)

K8
リアルなカタツムリだけではなく、河野さんの世界のカタツムリコレクションも必見!

K9
この呼び鈴、とても綺麗ですね。

K10
企画展は入場無料で3月20日まで開催中です。

きしわだ自然資料館HP 

関連日記:「河野甲 レザーワークの世界」に行く 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧