2017年3月15日 (水)

河野甲さんの「カタツムリの世界」展に行く

昨日は「きしわだ自然資料館」で開催中の企画展「魅力あるカタツムリの世界~カタツムリのリアルフィギュア・河野甲ワールド~」に行ってきました。

K1
K2_2
河野氏は皮を加工してリアルで幻想的な生物作品を生みだされている作家さんですが、博物館の展示物なども制作されています。

K3
今回は河野さんが制作した日本に生息している100種以上(!)のカタツムリが展示されています。

K4
こんないっぱい種類がいるんですね!!それにしてもリアルですね!wobbly

K5
殻は本物が使われ、身体部分は皮やシリコン樹脂で作られているそうです。

K7
クチベニマイマイはよく見た覚えがあります。

K6
海外の巨大なカタツムリも!(日本でも見つかってるらしい)

K8
リアルなカタツムリだけではなく、河野さんの世界のカタツムリコレクションも必見!

K9
この呼び鈴、とても綺麗ですね。

K10
企画展は入場無料で3月20日まで開催中です。

きしわだ自然資料館HP 

関連日記:「河野甲 レザーワークの世界」に行く 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年12月 6日 (火)

伊豆ぐるりん珍スポットめぐり

今回、関東に行く用事があり、せっかくなので一泊して、5年前に回れなかった伊豆のB級スポットを見に行くことにしました。

4日早朝7時に自宅を出発し、埼玉県飯能市に模型を運びます。
初めて新東名を走りましたが、トンネル多いですね。富士山の見えるスポットも少なかったですが、今回は綺麗な富士山を見ることができました。(走行中にパチリ)

F1
午後3時前にご依頼者宅に到着し、無事模型を引き渡したあと、当日の宿泊地、伊豆の温泉宿に向かいます。

ダメもとで、富士山の見える部屋を取りましたが、当日午後からの雨で残念ながら見えず・・・。

F2
もちろん、この宿ご自慢の富士山を望む展望露天風呂からも・・・見えず・・・。
朝もモヤがかかって見えず・・・

I2
夜中に見えたかも?の一枚(画像処理しています)

I1
さて気を取り直して、翌日5日は伊豆の珍スポット、B級スポット巡りです。

一番最初に行ったのは宿から近かった、世界文化遺産「韮山反射炉」。B級スポットなんて言ったらバチがあたりますね。

I3
宿を8時半にチャックアウトして、9時に着いたので観光客もまばらでラッキー。

I4
一緒にボランティアの解説を聞いていた60代ぐらいの夫婦が、「むかし、小学校の遠足で来たときは煙突みたいなのが原っぱに立ってるだけだったのに、立派になったね~」とか言ってたのが印象的でした。
私が駐車場から出るころには、次々と観光バスが入ってきてました。

さてここからが本番です。まずは「怪しい少年少女博物館

I5
前は名前だけで行くのをやめたんですが、あとから調べて「なんで行かんかったんや~」と後悔したところなので、今回はとりあえずここが第一目的地でした。
車のナビを頼りに行きますが、とんでもなく道の狭い峠を越えさせられました。

昼前に「怪しい少年少女博物館」に到着。

I6
一応どんなところかは、事前にネットで調べていましたが、ま~何て言うか、一言で言うなら「ゴチャゴチャ」です。

I7
さて、次は「怪しい~」の姉妹施設「まぼろし博覧会」に行きます。

I16
ま~こちらも二言で言うなら「大きなものがゴチャゴチャ」です。

I17
これは私の勝手な想像ですが、各地にあった娯楽施設やイベントで使用された展示物が、施設の閉館などで廃棄されたものを寄せ集めて、これまた閉館、倒産した施設に「怪しい」「まぼろし」という、便利なコンセプトを使って復活させたものでしょう。

I18_2
存外それは成功しており、たぶん元手もそんなにかけず、私みたいな物好き相手に経営できてるんですから。(くれぐれも私の勝手な想像ですからね)
料金も1000円前後で、家族4人で4000円なら腹立つかもしれませんが、私みたいに一人で見に来て、かつて大勢の観客を喜ばせた(で、あろう)展示物(の残骸)を1000円で見れるなら、「ま~良しとしよう」という人間もいるでしょう。

実際に伊勢にあった秘宝館の展示物の残骸や私が雛形原型を作った衣料品メーカー(倒産)の巨大ティラノサウルスのオブジェなんかも散見できました。

I30
また明らかにマニアのコレクション寄贈?放出?のような一角もあり、私は十分楽しめましたが・・・

I8
・・・初デートで彼女をこんなところへ連れて来たら十中八九振られるかも?でもサブカル好きな女の子なら喜んでくれるかも?
実際、当日女性のグループを何組か遭遇しました。

さて近くにあった象牙の美術館にも寄りたかったんですが、時間の関係で「伊豆極楽苑」へ向かいます。

I23
こちらは以前にも来たことがあるので、併設の「秘宝展」のみ入館。

I24
前に来たときは春画人形や陰陽人形には別に興味が無く、流し見だったので、今回はじっくり鑑賞。これ持ってるし!→また買ってしもた~ 春画 底絵つき人形(18禁)

その後、最後の目的地「土肥金山」へ。

I25
勝手な思い込みで、てっきり山の中にあると思っていたのが、開けた港町にあってビックリ。
福島 いわきの炭鉱跡展示のように、実際の坑道跡に等身大人形の展示があり、場所場所で音声解説が自動的に流れるのは、とても分かりやすい展示方法ですね。

で、見たかったお風呂シーン。こんなもの見たいためにこんなところまで来る俺はバカか?

I27
最後に250kgの金塊にタッチして、今後の金運アップを願い、帰宅の途に。

I28
自宅に着いたのが夜の11時でした。

I29
ま~年齢相応の上品な施設や観光ができれば良いのですが、なんせ55歳になっても精神年齢は20代(?)のままなので、お恥ずかしい・・・ coldsweats01

でも身体は正直で、あ~しんどかった。

関連日記:関東ぐるりん一人旅 秘宝館制覇!編 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (8)

2016年11月 8日 (火)

名古屋観光 名古屋城とリニア・鉄道館

今回の東急ハンズ名古屋店さんでの実演で、11月2日から6日まで5日間名古屋駅前に滞在していました。

名古屋にはあまり来たことがなく、せっかくなんで少し観光もしたいと思いましたが、実演時間が昼から5時までと、ちょうど観光地が開いている時間帯に動けないので、早朝から開いている近くに行くことにしました。

3日はてくてく歩いて名古屋城に。途中にある県庁や市役所の外観も独特ですね~。

A1
確か県庁のプラモデルありましたね。

A2
名古屋城の画像はブログに載せましたので、一点だけ。

A3
4日は観光せず、5日は「リニア・鉄道館」に行きました。

S1
名古屋城は9時から入れましたが、こちらは10時開館なので、1時間ほどしか滞在できませんでした。

S2
なんか画像で見ると鉄道模型屋さんのディスプレイみたいですね。

S3
これが実物でズラリと並んでいるわけですから、鉄道マニアにはたまらんでしょうな。

S4
定番の写真はこれぐらいにして、誰もブログに載せないであろう模型を何点か。

S5
移動手段の歴史みたいなもんでしょうか。

S6
馬や籠から鉄道に。

S7
復員から新幹線へ。新大阪駅から太陽の塔は見えんぞ~!

S8
もちろん巨大鉄道ジオラマも。

運転シュミレーターに当選したら、ハンズの実演に遅れても体験するつもりでしたが、幸いハズレたので、リニア体験ゾーン。時速500km!!

S9
計画段階初期のリニア模型。

S10
アトムに出てきそうでかわいいですね。

毎日夜は時間があるので、栄とかにも行きたかったんですが、思いのほか実演がしんどくて、ホテル周辺をウロウロするのがやっとでした。

N1
おかげで、名駅周辺には詳しくなりました。

6日は最終日なので、午前中に東山動物園にイケメンゴリラでも見に行こうかとも考えましたが、よく考えると、別にゴリラが好きでもないし、実演が終わったら大阪まで帰らないとあかんし、朝はゆっくりすることにしました。

さて5日間も滞在していたわりにあんまり観光ができませんでしたが、最後に「見ると幸せになれる」ドクターイエロー。

R3

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (5)

2016年11月 6日 (日)

東急ハンズ in 名古屋 三日目とリニア・鉄道館にちょっと行く

昨日は東急ハンズ 名古屋店 地球研究室 クリエイターズワールドの制作実演三日目でした。
実演は昼からなので、早起きして前から行きたかった「リニア・鉄道館」に行くことにしました。

R1
まだ京都の鉄道博物館に行ってないくらいで、それほど鉄道マニアではないですが、この機会を逃すといつ訪問できるのか分からないので、ちょっとギリギリのスケジュールですが決行。

R4
10時開館の30分ほど前に到着して並んで入館。

R2
詳しくはまた別のブログに書くことにして、1時間ほどの滞在で名古屋駅にトンボ返り(シュミレーターに当選したら30分ほど遅れててたかも coldsweats01 )。

最初は迷路のようだったハンズに行く職員通用口も、もう慣れて催事場に向かい、何とか時間に間に合いました。

昨日もブログやツイッターを見てくれた方や、以前工房に訪問されたたヒゲマサさんや掲示板でお馴染みのMozzyさんも遠方からおいでいただきました。
熱心に制作実演も見てくれる子供もたくさんいました。
またサインしたフィギュアを結婚式に飾るとおっしゃられた恐竜ファンの女性もおられ、とても嬉しかったです。

今回の制作実演などで不慣れななか、隣に出展されている「カエル工房」さんと

R7
KAME HOUSE」さんと色々お話しもでき、楽しく、また有意義に過ごすことができました。

R5
「カエル工房」さんの本物と見紛うような造形!wobbly

R9
「KAME HOUSE」さんの両生類・爬虫類ジオラマ!wobbly

R6
先日の「真工房」さんの作品など眼福のひとときです。

さて昨日の夕食は「なだ万」のお弁当、「松茸御飯二段重」

R10
夜中に小腹が空いて、ホテル近くの台湾ラーメンを食べに行きました。

T2
T1
クリエイターズワールドは13日(日)まで開催中ですが、私の制作実演は本日6日(12~17時)までですので、お近くにおいでの際は、是非お立ち寄りください!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年10月27日 (木)

みんぱくの見世物大博覧会に行く

今日は嫁さんと万博公園にある国立民族学博物館で開催中の「見世物大博覧会」を見に行きました。

実はエキスポシティにもオープンしてからまだ行ったことがなかったので、ついでに寄りました。

M3
エキスポシティに車を停め、散歩がてらに太陽の塔を見ながらみんぱくへ。

M4
なんかパフォーマンスしてる。最近「みんぱく」と聞くと「民泊」の方を思い浮かべますね。

M5
特別展の見世物大博覧会は撮影禁止でしたが、「牛人間」「かに男」など昔の興行のおどろおどろしい看板やポスター、のぞきからくりなど展示されています。

M6
会場内の映像にあった人間ポンプなんか、まだ子供のころにテレビで見た記憶がありますし、野崎参りの参道ではのぞきからくりがまだあった記憶もあります。

M16
見たかったのは「生(いき)人形」(松本喜三郎 作 画像は図録から)

M7
もっと衛生博覧会的な医療系の見世物展示もあると思ってましたが、和紙の解剖模型ぐらいしかありませんでした。

M14
昭和初期まで興行されていた「女相撲」なんかとても面白いですね。

M15
さて、民族学博物館は大好きな博物館で、高校時代から何度も訪れています。常設展示もリニューアルされていると思いますが、年齢を経るにつれて、その時々の興味の対象が変わるのか、訪れるたびにいつも新しい発見や驚きがあります。

メキシコのアレブリヘ(空想動物の工芸品)

M8
あっ!もののけ姫のシシガミ様!?

中国の十二支の置物。カラフルでキッチュ!

M10
そしていつも堪能するのが1/10スケールの民家の模型。

M2
いい仕事してますね~!

M1
ソーラー、パラボラを設置したモンゴルのゲルは、もはや火星基地にしか見えない・・・coldsweats01

M11
みんぱくをあとにして、エキスポシティでご飯を食べて少しウロウロして帰宅。

戦利品は図録と

M12
なんちゃって自在置物のような金魚。

M13
かわいい happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年10月20日 (木)

恐竜博2016に行く

仕事の段取りでポッカリ予定が空いたので、昨日は天保山の大阪文化館で開催中の「恐竜博2016」を見に行きました。

K2
地下鉄に乗り降りする予感がするので、1日フリー切符を購入。

K1
会場の大阪文化館は旧サントリーミュージアム。サントリーミュージアム時代にはワークショップも行いました

K3
うっかりしていて、フィギュア付の前売り券を買い損ねて当日券を購入。悔しい~!(一応JAF割引100円)

K4
平日なので空いていてゆっくり見れました。目玉の半水生スピノサウルス!でかくてかっこいいです!good

K6
記念写真。フラッシュが焚けないので、真っ暗。

K5
杉崎良子さんの新聞紙恐竜もありました。かわいい!

K7
カスモサウルスの子供の化石。実物です。

K8
やっぱり子供はかわいい顔してますね。

K9
コウモリのように皮膜で滑空したと考えられるイーの化石。

K10
売店には神流町恐竜センター製の公式フィギュアはありました。

K11
レストランに行くと、スピノサウルスフィギュア付のセットメニューがありましたので、前売り券の恨みをここで晴らすため購入。

K12
その後マーケットプレイスを見て、日本橋、新世界に移動。

K13

そのまま世界の温泉スパワールドでほっこり。地下鉄フリー切符を提示すると200円引き。前はよく来たのに最近は来てないな~。

K14
退出するさい等身大の筋肉マンたちがお見送り。

K15
最近あまり夜出歩かなかったので、ついでに西成の夜を散策。
噂の若い中国人のお姉さんがいる一杯飲み屋が乱立しているという怪しい商店街。

K16
そのまま飛田新地をぶらぶら。知ってる人は知ってると思いますが、なかなか情緒(?)があって良いです。

K18
昔、つきあってたころの嫁さんに「大阪にまだこんなとこあんねんど」と車で案内していたら、一旦停止違反でおまわりさんに切符切られた恥ずかしい過去があります coldsweats01

有名な遊郭あとの居酒屋「百番」。立派な妓楼ですね。

K17
久しぶりに一日だらだら歩いたのでさすがに疲れました。

K19
今回の戦利品。図録と神流町スピノサウルスとカプセルスピノサウルス。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年10月13日 (木)

真田丸展と大妖怪展に行く

涼しくなったので、今日は嫁さんと一緒に大阪へ。

O3
JR大阪城公園で降り、公園を横切って大阪歴史博物館までテクテク散歩。

大阪城ドームではKINKI KIDSのコンサートがあるのかすごい人出です。

O1
堀をめぐる金ピカの遊覧船。

O2
天守閣そばの売店も様変わりしてますね。

O4
まずは大阪歴史博物館で開催中の「特別展 真田丸」を見学。

O5
大河ドラマを見ての、ただのニワカファンです。
O6
そのあと地下鉄で天王寺に移動して、ハルカス美術館で開催中の「大妖怪展」を見ました。

O7
幽霊画がなかなか怖くて、子供のころ少年マンガ誌の巻頭グラビアに掲載されていた幽霊画のページを開けなかったことを思い出しました。

O8

O9
妖怪の本はけっこう持ってるので、図録は買わず、かわりに「立体妖怪図鑑」を購入。

O10
ん~でもせっかくツイッター始めたのに、「大妖怪展 なう」みたいな実況のしかたがわからん・・・ coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2016年8月19日 (金)

ダリ展に行く

今日は嫁さんと京都市美術館で開催中の「ダリ展」を見てきました。

D1
京都暑い!sun  いつも工房のなかで仕事しているので炎天下はこたえます。

D2
去年見たマグリット展にくらべると、あんまり知ってる絵がありませんでしたが、不思議の国のアリスの挿絵を描いてたり、宝飾デザインなどいろいろやってはったんですね。

撮影スポットの「メイ ウェストの顔」コーナーでパチリ!

D4
ま~ダリやマグリットやエッシャーは、子供のころ見た少年マンガ誌の巻頭グラビアでよく特集されていた不思議絵の代表格みたいなもんですから、つい見たくなりますが、となりで開催されていた「きらめきを伝える 京都・美の系譜」の美人画のほうが今は興味があったかも?coldsweats01

先日送り火のあった右大文字。

D3_2
今年は大雨で大変だったみたいですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

模型教室 in ちーたんの館 2016

今日は丹波竜化石工房ちーたんの館で恐竜ワークショップ「創って学ぶ!恐竜復元に挑戦!」を行いました。

T1
現在ちーたんの館では、特別展「丹波竜と竜脚類展」が開催中。

T2
新たに展示された丹波竜 タンバティタニスの全身骨格模型と共に、動くロボットや全国の博物館の竜脚類化石が集められています。

T3
模型教室は午前、午後二回行い、丹波竜を作ってもらいました。

午前の様子。

T4
できた作品の一部。

T6
午後の様子。

T5
できた作品の一部。

T7
こちらの教室は年齢の制限がありませんので、参加された全員(お父さんもお母さんも子供さんも)が作られた家族さんもいたりして、みなさん時間いっぱい作ってもらいました。
お疲れ様でした!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年7月19日 (火)

恐竜の大移動展&恐竜ふれあい教室 in 恐竜博物館

昨日18日は福井県立恐竜博物館で「恐竜ふれあい教室 親子で恐竜模型をつくろう!」を行いました。

K3
午前中に入館して現在開催中の特別展「恐竜の大移動」を見学。

K4
大型のフィトサウルス類、レドンダサウルスや

K6
舌を噛みそうな名前のビスタエヴェルソルなど本邦初公開の実物化石も豊富に展示されています。

K5
コエロフィシスの密集化石はプロジェクションマッピングを使って、化石の状態がよく理解できるように展示にも工夫が施されています。

K7
そして子供も大喜びの、動くビスタエヴェルソルロボット!

K8
私の大好きな角竜の化石もいっぱい展示されていましたよ。

会場の売店では、私が原型制作を担当したオリジナルフィギュアも発売されていますので、こちらもよろしく!happy01

K11
さて午後からは「恐竜ふれあい教室 親子で恐竜模型をつくろう!」を行いました。

K9_2
今回はティラノサウルスなどの獣脚類と新しく常設展示に加わったブラキオサウルスなどの竜脚類を作ってもらいました。

K10
皆さん時間いっぱいがんばって作ってくれて、カッコイイ恐竜がたくさん出来ました!

恐竜博物館での教室は8月28日にも予定されていますので、みなさん、一緒にカッコイイ恐竜を作りましょう!→詳しくはこちらをご覧ください

この前日(17日)は、AFCオフ会に参加。
☆亜細亜さんのお世話でtsukudadosさん、展示がお仕事さん親子、チームゼロの皆さんと美味しい料理と恐竜を肴に(それ以外の話題も)楽しく過ごしました。

K1
こちらは展示がお仕事さんの羽毛ティラノ。かっこいいですね~。

K2
でも残念ながら展示がお仕事さんは恐竜造形を卒業して、熱帯魚造形に進まれるそうです。残念・・・ happy02 
参考掲示板:荒木ファンクラブオフ会お疲れさまでした。 

で、今回の購入品。特別展の図録とカバヤの「ほねほねザウルス×福井県立恐竜博物館 コンプリートセット」

Z1

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (9)

より以前の記事一覧