2019年11月 6日 (水)

日本歴代風俗人形

ネットオークションで「日本歴代風俗人形」12体を入手しました。

Dsc_7967

それなりに古そうで、かなり傷んでおり、欠けや部品の紛失などもかなりあり、状態は悪いものでした。
台座に刻印があり「東京文運堂製」とあります。

Komainu3138img1200x11791572077394p0q7j02

12体は一揃いのイメージがありますが、はてさて、これが全種かどうか分かりません。
大きさはこれぐらい。約21~27㎝でスケール的には1/8ぐらいでしょうか。

Dsc_7972

各人形には説明のシールが貼ってあったようですが、かなり損傷が激しく、読み取れないもの、シール自体が無くなっているのもありました。

Dsc_7957

以下人形の説明は読み取れたもの、想像も混ざっています。

・男性(時代は順不同です)

1)古墳時代の兵士? (シール紛失 予想)

191106192721

2)平安時代 公家武官夏束帯 (シール紛失 予想)

191106192933

3)源平時代 武士の武装 源義経

191106192839

4)鎌倉時代 山〇〇の武装 比叡山僧 (〇は読めず)

191106192852


5)南北朝時代 水干の童(すいかんのわらし?) 楠正行

191106192816

6)室町時代 武士の狩り装束 足利義満

191106192949

7)徳川時代 武官(以下読めず)

191106192907

8)徳川時代 武士の洋装 〇兵指〇役頭取改役 (〇は読めず)

191106192829

・女性

9)奈良時代? (シール紛失 予想)

191106193002

10)平安時代 貴族? (シール紛失 予想)

191106193031


11)鎌倉時代? (シール紛失 予想)

191106193044


12)徳川時代 武家の室の礼装 徳川家定夫人

191106193018

こう見ると、やはり各時代を網羅しているとは言えないので、もっと種類は多い気がしますね。

さて、「日本歴代風俗人形」で検索すると、そのもは出てきませんが、明治・大正期に活躍した博多人形師 井上清助氏の「世界人類風俗人形」が出てきます。

405c145

現在、これらの人形は東京大学総合博物館や福岡市博物館に所蔵されています。

Sim

実は以前ネットオークションでこの人形が出品されたことがあり、入札しましたが、恐ろしい値段(十数万円)になり、途中で諦めました(笑)

Sim2

追伸(2019年11月11日):保存していた画像が何点か出てきたので、一応張っておきます。

1532169698286

1532169699866

1532169700011

1532169698720

1532169698865

1532169699046

今回の入手した人形は、テイストはよく似ていますが、造型や彩色の質は遠く及びません。

刻印の「東京文運堂製」を調べると「株式会社 文運堂」がヒットしました。
現在ノートや文具を作っている会社ですが、創業100年を超える会社なので、何か関係があるのかもしれません。
文具以外に学習教材、社会科歴史教材のひとつとして、小学校の備品として作られた可能性もありますね。あくまで想像ですが。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、情報よろしくお願いします。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


 

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

昆虫展に行く

今日は大阪市立自然史博物館で開催中の特別展「昆虫」に行ってきました。

Dsc_6984

それほど昆虫が好きなわけでも、詳しいわけでもなく、大きな昆虫の拡大模型が紹介されていたので、それ見たさで行きました。

Dsc_6988

会期も終了間際の平日なので、ガラガラと思いきや、けっこうお客さんがいっぱいでした。

S2

平日なので子供の姿はあまりなく、年齢も男女も様々で、結構虫好きが多いのかな?って印象でした。

Dsc_7009

さてお目当ての拡大模型ですが、テレビやネットの紹介で受けた印象よりも、作りがおおざっぱで出来もあまり良くありませんでした。

S1

最近SNSなんかで、材料費や制作期間そっちのけで、町の八百屋のお父さんなんかが、孫のためにすごいクオリティの造型物を作ったとか見ますね。

Dsc_6996

もうイベントの前に広く造形物ボランティアを募集してみてはいかがですか?(オリンピックのデザインをタダで募集するみたいに)
あっオレの仕事も無くなるか!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

東急ハンズ名古屋店 地球研究室で販売イベント

現在、東急ハンズ名古屋店 10階の地球研究室で、私のワンオフ模型とコレクションの販売イベントを行ってもらっています。

Img_0274

比較的高額な商品なので、増税前にいかがですか?

Img_0276

ワンオフ模型は、かつてモデルグラフィックス誌で連載していた時に作成した模型が中心です。

Img_0277

コレクションはこれまでコツコツと収集してきたもので、チャールズ・R・ナイト(Charles R. Knight)制作のステゴサウルス模型のレプリカモデルや、1933〜’34シカゴ万博と1964〜’65ニューヨーク万博で実物大の恐竜オブジェを展示したシンクレア石油の実物大の恐竜像を制作した、ルイス・P・ジョーナス・スタジオの1/10スケールのステゴサウルスとアンキロサウルスの貴重な雛形模型などなど。

Img_0273
(画像は東急ハンズ名古屋店様 提供)

若い頃は私設の「恐竜模型博物館」を作りたいという夢もありましたが、色々考えるとね~。
各地にいろんな私設の資料館や博物館がありますが、コレクションはもちろんですが、その維持や管理などを考えると本当に頭が下がる思いです。私みたいないいかげんな人間には無理だと悟りました。

最近、知り合いの病気や訃報を耳にします。少しでも元気なうちに、これらのコレクションや作品を価値の分かるひとの手元に渡って欲しいと思っています。

9月30日まで開催中です。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

この夏 最後の模型教室 IN 恐竜博物館

令和元年の夏、最後の恐竜模型教室が無事終わりました。

Dsc_6722

9月1日の福井県立恐竜博物館 ふれあい恐竜教室は、開催中の特別展「恐竜の脳力」にちなみ、トリケラトプスを作ってもらいました。

  Dsc_6733
トリケラトプスだけでなく、スティラコサウルスやエイニオサウルスなど色んな角竜を作ってくれました。

190902213846_20190902224701

開講前にお子さんの作品を見せてくれる方や東京から朝5時に出発して参加してくれたご家族など、ご参加いただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!

さて、外の出る仕事は今年はこれが(予定では)最後なので、教室後は北陸 山代温泉に一泊してホッコリしました。

Dsc_6782

私が子供の頃はテレビのCMで「湯女の山代」で有名でしたが、加賀温泉郷は当時の団体客を受け入れるイケイケの歓楽温泉地から、昔ながら風情のある温泉地に脱却しているみたいですね。
私が今回予約した宿も、公共温泉の「総湯」が隣接している好立地ながらも、おそらく経営が立ち行かず、「大江戸温泉グループ」がリニューアルした旅館でした。そのため、部屋も古いのか新しいのか分からない程度のリフォームでしたが、バイキングの料理や屋上の露天風呂などとても良かったです。

Dsc_6824

ま、昔ながらの部屋食も良いですが、仲居さんに心づけや、食事あとの布団の上げ下げなど、けっこう気持ちの負担になってました。
ましてや、気楽な一人旅なら、私なんかは「ほっといてほしい派」なんで、最近の湯快リゾートや大江戸温泉などは、安くて満足です。
ま、若い彼女が出来たら見栄を張りたい気持ちもありますが(笑)

旅館でもっらたサービス券で、総湯と古総湯に。

Dsc_6760

総湯はいわゆる公共温泉ですが、古総湯は昔の総湯を再現、再建築したものだそうです。

Dsc_6753

でも熱過ぎて2秒しか入れず!

Dsc_6768

さて、たまたまですが、当日御神楽みたい行事があり、得した気分。

Dsc_6748

ゆっくり風呂に入り、美味しい食事をして、また心新たに仕事しましょう!

Dsc_6803

明くる今日(9月2日)は帰途だけですので、リサイクルショップなどふらふら寄りながらゆっくり帰りました。

途中、滋賀県 高島市のメタセコイヤの並木と

Dsc_6866

京アニの現場(ご冥福をお祈りいたします)

Dsc_6869

無事帰宅できたことに感謝しましょう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

模型教室 IN 広島空港と恐竜学博物館と大和ミュージアム

さて、8月4日は広島空港で開催中の「ジュラシック エアポート」の関連イベントで、恐竜模型教室を行いました。

Dsc_6139

毎度のことながら、皆さんが彩色完成まで出来ませんでしたが、参加者さんのノリもよく、楽しく行え、たくさんの恐竜模型ができました。

Dsc_6118

190806213139

こちら広島空港さんはここ毎年夏休みに構内中に恐竜ロボットやグッズ、イベントを行う、「ジュラシックエアポート」を開催されているそうです。

Dsc_6140

前日3日は恐竜くんのトークショー・ワークショップもあって、大盛況だったそうです。

Dsc_6142

Dsc_6144

今回、午前・午後の2回開催、広島と遠方だったので、主催さんにお願いして、現地に前日入りさせてもらいました。3日に自宅を出発し、当日は移動だけなので、前から行ってみたかった岡山理科大学の恐竜学博物館に寄ってみました。

Dscn5860

Dscn5880

クリーニングルームのある研究室の展示だけでなく、構内各棟に標本が置かれており、起伏にとんだ構内を標本目指してさまようのは、夏の炎天下ではさしずめアスレチックのようでしょう。(実際は学生さんに案内してもらいましたが)

Dscn5892

Dscn5919

明くる4日は教室を行い、そして教室終了後は広島市内に移動。

ホテルにチェックイン後、夜は付近をブラブラ散歩しながら原爆ドームまで行ってみました。

Dsc_6174

明くる5日はホテルを8時にチェックアウトして、呉の大和ミュージアムを見学に行きました。

Dscn5962

ここは子供が小さい頃(12年前)に一度家族旅行で訪れました。

Dscn6026

Dscn5992

向かいにある「てつのくじら館」はなぜかそのとき行かなかったので、今回初訪問です。

Dscn6028

Dscn6074

せっかく広島に来たので、本場のお好み焼きを食べようと、スマホでちょっと調べて、呉駅近くの「五ェ門」というお店で食べました。
感想「美味しいけど食べにくい!」

Ebljrm2u4aairfe

Ebljrm6uyaaqqb7

もうちょっと若いころなら、帰りに尾道や倉敷に寄ろうかと元気があったかもしれませんが、お土産を買って、昼過ぎぐらいに帰宅開始。
夕方6時ぐらいに工房に到着し、荷物を降ろして帰宅しました。

大阪から呉まで往復828㎞の行程でした。

Dsc_6300a

ここ2週間の間に3か所の教室があり、普段仕事場から動かないで仕事をしているので、かなりハードでした。次は今夏最後の教室が9月にありますが、それまではストップしていた作業が落ち着いて出来そうです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

恐竜模型教室 in ちーたんの館 令和元年

昨年は台風の影響で順延になった「ちーたんの館」のワークショップ。今年も台風6号発生しましたが、前日に熱帯高気圧に勢力も弱まり、天候も回復し予定通り行われました。

Dsc_5925

さて、ちーたんの館では現在「恐竜の卵の秘密」展が開催中です。

Dsc_5929

抱卵中のシチパチや篠山層群から発見された卵化石などが展示、9月1日まで開催中。

Dscpdc_0003_burst20190728100055358_cover

教室は午前が丹波竜(竜脚類)、

Dsc_5939

午後からは獣脚類の模型を作ってもらいました。

190729195308

今年は参加希望者さんが多く、募集時は定員各15名でしたが、各20名まで増やしてもらいました。

190729195402

地元で、これまでも何度か参加してくれる子供も多く、「去年はお父さんに手伝ってもらったけど、今年は自分ひとりで作った」と言う男のこもいて、ちょっと嬉しかったです。

教室合間の昼食はいつも役場の喫茶店のカツカレーを食べるんですが、今回は時間が無かったので、帰る途中の篠山市を抜けて道沿いにある、台湾料理屋で五目ラーメンを食べて帰りました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

「恐竜の脳力展」と恐竜模型教室 IN 福井恐竜博物館

今年の夏はあまり暑くないですね。この先どうなるか分かりませんが。

さて、7月21日は今夏最初のワークショップ、福井県立恐竜博物館の恐竜模型教室に行ってきました。

Dsc_5836

大人気の恐竜博物館なので、夏休みに入ったばかりですが、用心して早めに到着するように朝7時に自宅を出発。
10時ごろに着きましたが、すでに第一駐車場は満杯状態でした!

まずは開催中の特別展「恐竜の脳力」展を見学。

Dsc_5838

全身骨格化石から分かる、恐竜の外観の復元とは違う視点、脳函から復元された恐竜の脳の解明で恐竜の生態に迫る、興味深い展示でした。

Dsc_5856 

プロジェクションマッピング映像のトリケラトプスから復元された三半規管から、普段の首の角度やの考察など、初めて知る内容でした。

Dsc_5855

ステゴサウルスの脳ミソ、小さくないいじゃん!(笑)

Dsc_5849

一見地味に思える特別展ですが、全身骨格展示も多く、恐竜博物館でしかできない生物、動物としての恐竜に迫る、面白い企画展でした。

でっかいカッコいいトリケラトプスもいるぞ!

Dsc_5869

さて、今回の模型教室は特別展の案内役でもある、フクイベナートルくんを作ってもらいました。

Dsc_5868

ワークショップの目的は、骨格から肉付けしていく、恐竜の復元の過程を理解してもらうことですので、そのあとは「好きな恐竜」を作ってもらっています。

Dsc_5885

今回もフクイベナートルだけでなく、スピノサウルスやティラノサウルス、そして、デイノケイルスを作ってくれた参加者もいました。

190722225144

長時間の教室でしたが、カッコいい恐竜がたくさんできました。
ご参加いただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!

さて、最近嫁さんの監視が厳しく、今回も日帰りになりました。 しかし さすがにしんどいぜ!
次回は泊まりたいぜ!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

桜の彦根城に行く

48日に嫁の親戚の法事があり、小浜に急遽行くことになりました。

D3lu6coueaapuys

 

早朝出発し葬儀の後、せっかくと言ってなんですが、色々観光することにしました。

 

D3nv6jauwaayg04

 

ちょうど桜の季節だったの、嫁の実家近くの菜の花と桜を皮切りに、河津大崎の桜を見て、彦根城へ。

 

D3nv6jbuuaubwd1

 

D3nv6jau0aiasq

 

去年、4月下旬に来て、お堀がキレイだったので、桜のシーズンに再訪したいと思ってました。

 

D3op3dauwaajxyc

 

ちょうどお堀の前のホテルが取れたので一泊。

 

D3op3dzuuaawh_a

 

Dscn4965

 

D3oxpvguiaojdzw

 

夜のライトアップされた彦根城とお堀の桜は、とてもきれいで、ホテルのお風呂からも見ることができてお殿様気分。

 

D3qld5bu0acmllg

 

Dscn4997

 

明くる9日は帰宅だけなので、嫁さんがなぜか見たがってた、琵琶湖の「あのベンチ」に寄り、

 

D3s1enueaejrup

 

D3s1emuwaa6ns4

能登川巨大水車、私が前から行きたかった東近江の世界凧博物館、

 

D3s1elv4aijnbm

 

D3s1epu8aackb3

 

近江八幡の八幡堀の桜を見て帰ってきました。

 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です) 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

「驚異の超絶技巧!」展を見に行く

前から行きたかった「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」展。

D03vgssv4aens9l
東京からの巡回展で、昨年夏に関東に行った帰りに岐阜展に寄ろうと失敗。なので、今年のあべのハルカス美術館での開催を待ちに待っていました。
開幕と閉幕時は多いので、3月5日の中日の平日を狙って行きましたが、結構大勢の観客が訪れていました。

D03vgssu4aaqzay_2
明治期の超絶技巧の自在置物や彫金、緑山の牙彫など、本やテレビなどで有名な作品を間近に、360度眺めることが出来ました。
しかし、老眼の身では細部にピントが合わず、ガラスにおでこがぶつかることしばしばでした(笑)

D03vgssv4aatoki
足元にも及ばないとは言え私も物を作る人間ですが、ま~あそこまで精緻な手わざを見ると悔しいとか言う感情よりも、人間って素晴らしいな~!という気分になりますね。

D03vgsrucaaa1ro
会場は撮影不可ですが、何ヵ所か撮影ポイントもありました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

太陽の塔展からの天王子動物園からの松村しのぶトークショー

タイトル通りです。

9月17日(祝)、tsukudadosさんと一緒に、あべのハルカス ハルカス美術館で開催中の「太陽の塔」展に行ってきました。

Dsc_0004
今回は実物の初代「未来の顔」とともに、

Dscn3033
今春から一般公開された内部の生命の樹のリニューアルの様子や

Dscn3010
第4の「地下の顔」などのミニチュア模型の展示などがありました。

Dscn2975
その後天王寺動物園に移動。

Dntxdlsu4aetayc
この日は海洋堂制作のカプセルフィギュア「TENNOJI Capsule ZOO」の記念イベント「てんず~いきものフェス ~ 造形の巻 ~」が開催されていました。

Dntxdltvyaebvww
生き物関係の造型作家さんの展示即売会です。

Dnrkwezvsaasguq
センムさんやお馴染みの造型師のみなさんとお会いして記念写真。

Dscn3071
リニューアルされた動物園に来たのは初めてなので、見学しましたが、そこかしこに台風21号の爪痕が残っていました。a

その後、通天閣下にあるギャラリーカフェ kirinで開催される海洋堂×天王寺動物園オリジナルカプセルズー発売記念イベント松村しのぶ氏による実演&トークイベントに参加。

Dntxdlsuwaauw0
松村氏は知り合って30年ぐらいになりますが、トータル5分ぐらいしかしゃべったことがないので、生トークを2時間ぐらい初めて聞きました。
20分くらいのスカルピーの制作実演もありました。
本当にフィールドワークの好きで、観察眼も持った方ですね。私のような引きこもりで何にも見てない人間と大違いでした。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧