2016年4月27日 (水)

メガソフビのアフリカゾウがキタ~!

予約注文していた海洋堂のメガソフビ アドバンス「アフリカゾウ」完成品が届きました!

Z1
いや~よろしおますな~!長さ45cm!

Z2
彩色も量産品とは思えないくらい、よう出来ておます。

Z3
このシワ!

Z4
このディテール!!さすが松村しのぶ!happy01

Z9
このアフリカゾウは、もう20年ほど前にガレージキットで発売されていましたが、ソフビになる予定が、そのまま流れて入手できないでいました。
今回満を持しての発売になりましたが、待った甲斐があった作品ですね。

工房にあるジョーナスの1/10スケールのブロントサウルスと!

Z6
手持ちの一番大きいアフリカゾウフィギュアと!

Z5
先日作った自作アフリカゾウと・・・格の違いを実感させられますね・・・トホホ・・・coldsweats01

Z8_2
とりあえず工房の玄関にデ~ン!と置いときましょう!

Z7

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年3月17日 (木)

海洋堂 アフリカゾウ ガレージキット 他

昨年工房の掃除をしているとき海洋堂製ガレージキットがいろいろ出てきましたが、今回は自宅のガレージを整理をしているとまた出てきました!(これがホントのガレージキット)

Z3
1/12スケール 松村しのぶ氏原型のアフリカゾウ!

こちらはホビージャパン誌連載時の記事(1990年4月号)。

Z1
4月に発売されるメガソフビの原型より以前に作られたもので、鼻を丸めて、悠々と歩いているスタイルです。

Z2
胴体部分はレジンの塊で、足の上に落としたら骨折間違いなしの重さです。 

Z4
先日入手した、メガソフビのキットと比べてみました。ひとまわり(以上)大きいイメージですが、同スケールと考えても良いかもしれません。(あるいはオスとメス?)

Z5
表皮のディテールもだいぶ印象が違います。(今回の)

Z6
メガソフビのほうがシワはより自然な印象になっています。

Z7
ま~でも、こんなにかっこいいアフリカゾウの模型は他には無いんじゃないでしょうか。いずれにせよ作って完成品にしたら、かなり迫力がある模型になるでしょう。

ついでに一緒に出てきた松村氏原型の動物キットも紹介。

シャチ!

Z8
ザトウクジラ!

Z9
Z10
けっこうデカイです!

これはインドガビアル(孵化)。実物大?

G1
ホンマ、なんでも上手いな~ happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年2月 9日 (火)

アフリカゾウ フィギュアコレクション

と言うほど大仰なもんではないですが、先日アフリカカゾウの模型を作って、良い機会なので、私が持ってるアフリカゾウのフィギュアを紹介。
あふりか 象 模型 インドゾウ アジアゾウ マルミゾウ
まずは私が持っている、一番大きくて高価だったアフリカゾウの模型。(左はPAPOのフィギュア)

Z1
Z2
30年ほど前、バブル時代に買った、高さ45cm、長さ45cm、重さ9kg!お値段12万円!!→参考ページ 

これは現在入手が難しい、イギリス BRITAINS(ブリテン)のアフリカゾウ夫婦と子象。

Z4
こちらは今でも入手できるフランスPAPO(パポ 左)とアメリカ safari(サファリ 右)のアフリカゾウフィギュア。(大きさ約15cm)

Z3
これは10年ほど前、滋賀県の信楽陶器市で買った、陶器製のアフリカゾウ置物(作者不明)。なかなか良いプロポーションです。(大きさ約15cm)

Z5
こちらは少し大きい米サファリのフィギュア。ワイルドライフ・ワンダーズ(左)とヴァニシング ワイルド コレクション(右 真中はレギュラーサイズ)

Z6
ワイルドライフ・ワンダーズは中空のソフビ製で軽量ながらよく出来ています。(大きさ共に約30cm)→参考ページ(18禁) 

Z7
ヴァニシング ワイルド コレクションはPVCならではの細かなディテールで、ずっしり重いです。(大きさ約30cm)

Z8
そしてこちらは出所不明のフィギュア。プラスチック製(中)とピンクエレファント。(大きさは共に約27cm 左はサファリ レギュラーサイズ)

Z9
並べて大きさ比べ!

Z10
こちらは以前紹介した、奇譚クラブ ネーチャーテクニカラーのフィギュア。
A1

小さいですがよく出来ていますね。

ついでに本、資料も紹介しときます。
子供用の図鑑など。きれいな写真が多く、細部がよくわかります。

W1
動物イラスト用の資料と大判の写真集や海外の解剖図つき資料など。

W2
ゾウのフィギュア、オモチャ、食玩、カプセルトイは多いんですが、リアルな大型フィギュア、模型は少ないですね。プラモデルでもリアルなものは見た記憶が無いかも。

こんど発売される海洋堂のメガソフビは数少ないリアルフィギュアかもしれませんね。

備考:最初この日記のタイトルを「アフリカゾウが好き!」にしようと思ったんですが、「がきデカ」しか検索でヒットしない可能性があるので止めました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年1月30日 (土)

ポーズスケルトン 哺乳類

以前リーメントのポーズスケルトン恐竜シリーズをほんのちょっと紹介しましたが、今回は哺乳類シリーズの紹介です。

Z1
売ってたのは知ってたんですが、先日アフリカゾウを作ったのを機会に4種類買ってみました。

Z2
ゾウ、サイ、ヘラジカ、ゴリラがあります。

ひとつゾウを開けてみましょう。

Z3
超精密モデルではありませんが、雰囲気は悪くないです。

Z4
関節が16ヶ所可動なので、いろんなポーズが可能・・・でもないですが、それなりに。

Z5
パオ~ン! スケール1/18ということでですが、イメージ的には1/25ぐらいでしょうか。
Z6
遠近を工夫して、自作アフリカゾウと同じポーズで。

Z7
なかなか面白いですね。

Z1_2
こんな感じですか?(2013年 横浜のマンモス展から)

Z11
マンモスなど化石ゾウ類の骨格模型は見たことありますが、現生の哺乳類の骨格模型って、あんまり見ないのでこういうのは嬉しいですね。
爬虫類や両生類もあるようです。これも骨ブームのおかげでしょうか。happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年1月27日 (水)

アフリカゾウを作るぞ! 後編

アフリカゾウの後半は彩色、完成編です。

A1
色塗りはいつものようにアクリル絵具で筆塗装です。

A2
まず全体をグレーで塗っていきます。

A3
全体が塗りあがったら、牙、爪などを塗ります。

A4
次に全体に薄めたエナメル塗料のつや消しブラックを塗りつけ、

A5
ティッシュで拭き取ってディテールを強調します。

A6
一段明るいグレーをドライブラシで塗りつけ、目など細部を塗り、完成です。

A7
1/20スケール アフリカゾウ

A14
絶滅危惧種ですが、保護活動を尻目に大きな牙(象牙)目的の密猟で、頭数は依然減りつつあります。

A8_2
そのため、大きな牙を持った血統種は現在ではほとんどいなくなり、オスでもそれほど大きな牙は持っていません。(小さい牙の種類だけ生き残っている)

A10
象の長い鼻は人間の手のように器用に動くので不思議に思いますが、この部分は人間で言うと鼻から下の上唇部分にあたるそうです。

A11
上唇で下唇に触れたり動かす感覚で象の鼻を捉えると、なんとなくあの器用さが理解できますね。

A12
さて、アフリカゾウをはじめて作りましたが難しいですね。長い鼻と大きな耳をつければ、なんとなく象にはなりますが、かっこよく作るにはもっと勉強しないといけません。

A13
男前のゴリラの写真集が出てますが、アフリカゾウにも男前があると思います。もっとも人間から見た勝手な男前ですが。
私は手塚治虫の「ジャングル大帝」に出てくる、鼻の付け根の太いアフリカゾウが好きで、あんな強そうなやつを作ってみたいな~。
また作ってみようかな。パオ~ン!

アフリカゾウを作るぞ! 前編 

メガソフビ ↓ 予約開始になってますよ!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2016年1月26日 (火)

アフリカゾウを作るぞ! 前編

少し前の日記にも書きましたが、海洋堂のメガソフビで松村しのぶ氏のアフリカゾウが発売されますね。
そうしたらもうアフリカゾウを作ろうという気がたぶん無くなってしまうので、今のうちに作ることにしました。
ちょうど仕事も無くてヒマですし coldsweats01

13
わたし結構アフリカゾウは好きで、写真集やフィギュアや模型は集めています。(そのうちコレクションの紹介もします)
先日もネットオークションでケニア出身の彫刻家、ロバート・グレン(Robert Glen)のメチャかっこいい彫刻が出品されてたんですが、残念ながら落札できなかったので、今回はそれをお手本に作っていきます。

作り方は恐竜のときと一緒。まず発泡スチロールを芯にして

1
石粉粘土で包んでいきます。

2
肢部分には太目のアルミ線を芯に入れます。

3
鼻にも芯にアルミ線を入れています。

4
まず頭のほうから粘土を盛りディテールをつけていきます。ん?こんなんスターウォーズに出てきたような?

5
耳をつけると、とたんに象らしくなりますね。

7
足を作り、牙もつけ、耳にもディテールをつけていきます。

8
耳の形を整えて形の完成です。スケールは約1/20。

9
少し頭がでかくなりすぎたのか、ロバート・グレンみたいに精悍さが出せず、丸っこい感じになってしまいました sweat01

10
反対側。ん~鼻ももうちょっと動きをつけた方が良かったかな。

11
お尻としっぽ側。

12
この角度が一番見れるかな?

14
後編は彩色です。

アフリカゾウを作るぞ! 後編

メガソフビ ↓ 予約開始になってますよ!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)

2014年4月17日 (木)

サンゴー牧場で遊ぶ

海洋堂 カプセルQの「北海道サンゴー牧場の朝」 1/35スケールの家畜動物フィギュア。

S1
タミヤの戦車やジオラマに使うのにぴったりですね。(牧場ジオラマなら何個だぶってもいし)

ま、最初知ったときは、「センムの趣味丸出しの商品やな~」と思いましたが、見方を変えて松村しのぶ監修の動物フィギュアと思うと、それはそれでブリテンやサファリ、PAPO路線のひとつとも考えられるのでネットでAカラー・Bカラー2種とも購入。

のどかですね~。

S2
お馬の親子は~ note

S7
仔ブタがお乳飲んでるし。

平和ですね~ sun

S3
しかし!そこに時空を超えて天敵登場! ガオ~ッ!!

S4
ヒヒ~ン!sweat01

S5
ブヒー!ブヒー!ブヒー!sweat01

S6
バキバキバキッ ムシャ ムシャ ムシャ  ゴックン!

久しぶり恐竜が登場してよかったですね!みなさん!happy01

ところで、今度のカプセルQの恐竜は海生爬虫類みたいですね!やったね!tsukudadosさん!

03291529_53366845434be

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (15)

2014年4月 9日 (水)

阿倍野百貨店の思い出

昨日の日記で阿倍野の歩道橋のことを少し書きましたが、色々思い出したので少し書いてみたいと思います。
私は百貨店(デパート)と言うと、まず阿倍野百貨店(近鉄百貨店阿倍野店)を真っ先に思い出します。
親戚(伯父)が美章園に住んでいて、子供ころは毎年正月に訪ねていました。その帰りに阿倍野百貨店の食堂とオモチャ売り場に寄るのが常でした。

当時は地元にオモチャ屋などはなく、プラモは薬局や電器店、文房具店の片隅に置かれていてました。置いてあるモノもテレビでやってるキャラクターものの安いモノばかりでした。(書いてて涙が出てくらい昭和ですな。ブルマークの高価なプラモは薬局のショーウインドウに飾られていた。)

しかし阿倍野百貨店のオモチャ売り場には見たことがない輸入プラモなんかが置いてあり、今でもはっきり思い出すのが、レジの後に置いてあった子供の背丈ほどもある大きなレベルの1/96 アポロサターンロケットの箱、ショーケースにズラッと並んだブリテンの動物たちでした。

地元では決して見られない、そんな模型を見ることができるのが年に一度の阿倍野百貨店でした。

年長になるにつれ、少し足を延ばして市外や大阪の模型店に行くようになりましたが、当時の印象は今でも強く残っています。

余談ですが、当時、薬局と電機屋の同級生はとにかく良い模型を持っていました!私がサンダーバード2号の小さい模型しか買えなかったのに、一番デカイ2号とか基地とか持ってたのはそいつらでした!coldsweats01

ブリテンの動物も、じかに触ったのも薬局の同級生の兄貴の持ち物で、とにかく衝撃的な出来!後年自分でブリテンのフィギュアを買えるようになったときのものとは全然別物でした。
前に漫画家のヒサクニヒコさんにそのことを話した際に全部一緒とおっしゃってましたが、私は出来の良いブリテンとモールドが甘くなったブリテンがあると今でも思っています。

サファリの動物フィギュアも長い間、往年のブリテンを越えることができず、結局、マスプロの動物フィギュアがブリテン製と肩を並べるようになったのは、数年前にフランスのPAPO社製が出て、やっとという気がします。(海洋堂などの単発はありますが)
まさに動物フィギュア暗黒の30年でしたね。

ブリテンの動物フィギュアについてはまた書きたいと思います。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (9)

2014年3月 9日 (日)

古田悟郎作品展に行く

今日は大阪へ。

F1
通天閣近くのギャラリーカフェ「Kirin(キリン)」で開催中の古田悟郎さんの作品が一堂に揃った個展「モノノケ堂の不思議動物蒐集品(コレクション)」を見に行ってきました。

F2
古田さんは海洋堂の原型師のひとりで、(絶滅・現生・想像)爬虫類・両生類(もちろん恐竜も)を作らせたら右に出るモノがいない実力の持ち主です。爬虫類専門誌「ビバリウムガイド」での連載でその作品をご存知の方も多いのではないでしょうか。

F3
会場では間近に作品を見ることができ、その精緻なデティールや彩色を隅々まで拝めます。ありがたや~。
天保山マーケットプレイスの時の日記

F4
作品のひとつ、パール色した「奇妙蝦 アノマロカリス」

F6
で、在廊されてた古田さんと一緒に記念撮影。真ん中で二人に紹介されている模型は大阪で見つかったマチカネワニです。めちゃ!かっこええで~!

F5
作品の画像はこちらのツイッターで見ることができます→モノノケ堂の不思議動物蒐集品

古田作品をご存知の方はこの個展を待ちわびていたでしょうし、知らなかった方は是非ギャラリーに行って実際に作品を見てください。度肝抜かれまっせ!good

お土産に買ったオオアタマガメの根付け。サインしてもらっちゃった!happy01

F7
私が持ってる古田さんの作品(と思ってるが違うかな?)

T1

ギャラリーカフェ「Kirin」で3月18日まで開催中です!

さて古田さんの個展に行く前に梅田ロフト7階に昨日オープンした「文教堂JOY B’s Hobby」に行きました。

海洋堂コーナーや

F8
恐竜コーナー(ん?このアロサウルス、どっかで見たような・・・ 

F9
実物大R2-D2など

F10
結構プラモデルの品揃えもいいぞ!

F12
で今日の戦利品。日本橋のアストロゾンビーズで買ったペガサスホビーの「ドラゴンスレイヤー」

F11
こんなん出てたんや!wobbly

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (6)