2019年4月20日 (土)

恐竜 四十八手を作るぞ! 第三手 剣竜の松葉くずし

ティラノサウルス、トリケラトプスとくればステゴサウルスですね。

St3t

で、恐竜四十八手の第三弾は「剣竜の松葉くずし」です。

St6

恐竜の交尾は哺乳類のそれと違い、大きな尻尾があるので表現が難しい上に、ステゴサウルスは背中に大きな骨板がある分、いわゆるアニマルスタイル、バックスタイル、後背位の体位が取らせにくい種類です。

St7

St8

今回は大体の形を作ってから、あれこれ雌雄の背中の骨板がお互い干渉しないような姿勢を試してみました。

St9

その結果前回のトリケラトプスのように、メスを横たえて、オスも四つん這いで局部を交差させる体位にしました。

St5t

そのさい、オスの総排泄孔が後ろ向きになるため、オスの生殖器(陰茎)も後ろ向きに伸びる形にしました。(サイなど大型哺乳類でもそういう種類があるらしい)

St1t
今回もオスメス同系色にしたため、もうひとつ区別が分かりにくくなってしまいました。

St4t

鳥なんて明らかに模様も色も違う種類がいますので、羽毛恐竜を作る時は反映したいですね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2019年4月 4日 (木)

恐竜 四十八手を作るぞ! 第二手 三角竜の巣篭もり

恐竜の交尾の模型の第二弾はトリケラトプス。

Trisex2t

とりあえずティラノの次は王道で。

作り方はいつもの同じです。

1_18

2_17

3_15

体位はやはり後背位、バックスタイルですが、ティラノよりも楽そうな、メスが横になりオスがしゃんがんで横はめの体位。

4_11

男性器がこんなに長く飛び出たかはファンタジーですが、ある程度長く表現すれば、大概の体位は可能のような気がしてきました。

5_9

とりあえず雌雄分離可能に。

Trisex1t

今回は雄雌あまり色を変えなかったら、いまいちぱっとしませんので、やっぱりちょっと色や模様を変えた方が分かりやすいですね。反省。

Trisex3t

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です) 

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

恐竜 四十八手を作るぞ! 第一手 暴君竜の鵯越

最初に。 「ココログ!日記書くのが難しくなったぞ!仕様を変えられると、50過ぎたら慣れるのに時間がかかるんじゃ!」
さて、実は以前から作りたかったものがあります。
Tsex2t
ズバリ!恐竜の交尾の模型!
Tsex1t
ま、恐竜の交尾自体はそれほど珍しい表現ではなく、昔の図鑑からBBCの映像、どこかの博物館には、T-rexの交尾姿で、骨格展示しているところまであります。
D2wghfgu0aeqzc
とは言うものの、やはり大っぴらにする姿でもなく、普通の動物図鑑なんかでも、各動物の交尾姿にページをさいている本なんかは見たことありません。
定期的に交尾姿をテレビで映されているのは、パンダぐらいでしょうね。
20120706222736c86
一応シリーズ化を想定して「恐竜 四十八手」と命名し、まず最初はやっぱりティラノサウルスで行きましょう。
作り方はいつもの同じです。
Asex1
体位は、ま~動物はよほどでない限り後背位だと思うので、最初はオーソドックスにバックスタイルで行きましょう。
Asex2
でも竜脚類など大きな恐竜は池や湖に入れば、浮力で割といろんな体位がとれたような気もしますね。
Asex3
Asex5
とりあえず雌雄分離可能に。
Asex6
まあもしこのシリーズが続けられたら、科学的にどうのこうのと言うよりも、アクロバティックでも有り得なさそうな体位でも、面白そうなら作ってみたいと思います。
Tsex4
どうせ誰も本当のことなんか分かりっこありませんしね。
Tsex3t
本当はもっと大きな模型にしたかったんですが、数作るにはこれぐらいの大きさがいいでしょ。
(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です) 

| | コメント (2)