2018年10月31日 (水)

2018年に「2001年宇宙の旅」を見に行く

さすがに最初の1968年の公開は知りませんが、スターウォーズが流行ったころのリバイバル上映で大阪のOS劇場で見て、その後ビデオ、DVD、テレビ放映などで何度となく見ています。
もうなにもかも分かっているつもりでも、見るときによってディスカバリー号の模型のみに興味があったとき、ストーリーに興味があったとき、未来観に興味があったときなど様々でした。
今回、公開50年周年ということで、海洋堂から究極のディスカバリー号が発売されることや、メビウスモデルからプラモデルが発売されたことなどで、そして、IMAX(アイマックス)シアターで、デジタルリマスター映像が上映されるということは、まさに快挙です。
実は見に行く気満々でしたが、ま、近くの奈良のイオン郡山店のIMAXでイイかなっと思ってたところ、ホビフェスで、海洋堂の宮脇センムさんに、「あらき、2001年見に行ったか?なに!見に行ってへんのか!見に行ってへんやつにはディスカバリー号は売れへんど!見に行くんやったら一番でっかいエキスポのアイマックスに行かなディスカバリー号は売れへんど!」と恫喝され、エキスポシティに行ってきました。
IMAXで見た映画は「ゼログラビティ」以来でした。
さて、2001の解説は、もういろんなメディアで見たり、聞いたりしていて、難解なのは当たり前で、むしろそれを裏付けるリアリティの再現、当時(1960年代)が予想した2001年の科学が、あまりにもリアルで、マクロの宇宙船からミクロのスイッチ、人口知能(AI)、デジタルナイズされたディスプレイまで、トータルで創造された未来像は、もう見事!と言うしかありません。(2001のディスカバリー号とスタートレックのエンタープライズ号は、私のベストシップです)
とは言うものの、やはり終盤の「スターゲイト」の映像は、ひいき目に見ても、やはり陳腐で、退屈なシーンでした。(ビデオで飛ばしてましたが、やっぱり退屈)
この映画を現在のCG・VFXの技術でリメイクしても、月や木星など最新の映像で見せられる以外には術がないでしょう。それぐらい完成度の高い映像ですが、「スターゲイト」のシーンはもっと革新的な映像を望みます。

オタキング岡田氏や町山氏の解説を聞いて、当初はストーリーにナレーションや解説、モノリスを置いた宇宙人のシナリオまであったそうです。もしそんな分かりやすいストーリーなら、これほどの名作になったのでしょうか?それはそれで名作になったと思いますが、半世紀語り継がれたのは、その難解さからくる現代美術に似た価値観で、よけいに値打ちが上がったと思います。
この映画では、「ボーマン 対 HAL9000」、つまり人間と人口頭脳(AI)の戦いで、人間が勝ち、スターチャイルドに進化したわけですが、HAL9000が勝つバージョンが映画「AI」といことらしいです。なるほど。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2018年10月30日 (火)

アンティークフェア、モデフェス、2001年に行く

備忘録

10月26日 京都パルスプラザの「京都大アンティークフェア」に行きました。

Dqz1hc6vaaahrf3
今回も見るだけのつもりでしたが、きれいな箱付の博多人形があったので、つい購入。

Dqaybt5u0aay10f
他に、セト・ノベルティの芸者さん、変わった意匠の杯4個セットを購入。

Dqaybt4v4aedwfm
Dqaybt5u4aaz0xe
特にこの子守り(あるいはお母さん?)の博多人形は、赤ちゃんをあやす「でんでん太鼓」までちゃんと残っていました。

Dqbvauzuwaalfre
箱の面には博多駅前 九軌百貨店とあります。

Dqbvaudvaaeftwo
調べてみると1932~37年まで開業してたようで、この人形も戦前のもののようです。

10月28日 tsukudadosuさんと一緒に南港ATCに「モデラーズフェスティバル2018」と「おおさかホビーフェス」を見に行きました。

Dqkokp8vaaurj6d
Dqkvzphu8aabizr
ホビフェス会場ではコミケみたいなイベントもあって、初めてオタクの女性をたくさん見ることができました。

10月30日 エキスポシティのIMAXに「2001年 宇宙の旅」を見に行きました。

Dqt8rxmv4aafvjc
28日のホビフェスで海洋堂の宮脇センムさんに、「あらき、2001年見に行ったか?なに!見に行ってへんのか!見に行ってへんやつにはディスカバリー号は売れへんど!見に行くんやったら一番でっかいエキスポのアイマックスに行かなディスカバリー号は売れへんど!」ということで、行ってきました。

Dqt8rxnu0aecdfm

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

樋口真嗣監督 特別講演を聞きに行く

過日10月14日、tsukudadosuさんと一緒に、老松古美術祭に行ったあと、あべのハルカス大阪芸大スカイキャンパス 「新世代造形大賞」の「樋口真嗣監督 特別講演」を聞きにきました。

Dpdy6iru0aawxzi
樋口監督と言えば、平成ガメラシリーズの監督、「シン・ゴジラ」の特撮監督ですが、講演会では、子供の時から特撮、監督になるまでのお話を面白おかしく話され、とても楽しかったです。

Dpdy6itu0aahisw
おそらく、聴講者の多くは、新世代造形大賞に応募なり興味のある30代以下の方が多かったみたいですが、トークの内容は、そんな若人おいてけぼりの80年代オタクカルチャー(特撮映画、模型関係)の裏ネタオンパレードでした。
軽快な特撮マーチのBGMで流される日本特撮映画の映像は、身体が自然と小躍りするぐらい良かったです。

Dpdy6isu8aaxxal
何て言うか、私は同じような経験をして、恐竜造形の道に進みましたが、映像畑の人間は同じものを見ていても、違う部分を見ていたのだなと気付かされました。
それはアニメでも同じで、アニメーターになりたい!声優になりたい!模型を作りたい!作家になりたい!と派生していくんだと、改めて思いました。
トップランナーの話を聞くと、いつも思います。
「何が自分に向いているのか?」ではなく、「これがやりたくてしかたがない」人なんだと。

PS:老松の骨董市で買った、切られ与三郎と藤娘(?)の小さな土人形。

Dpdwvnu0aaecmr

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土)

「カメラを止めるな!」を見る

過日9月10日に話題の映画「カメラを止めるな!」を嫁さんと一緒に見に行きました。

Dmtodt1uyaii2qy
私は、なるべく情報をシャットアウトし、嫁さんは「こんなしょうもなさそうな映画見たくないわ。万引き家族の方がいいわ」という、この映画を見るには一番良いコンディションで臨みました。

さて、私も「ゾンビ映画っぽいけど、すごい面白く、最後泣ける」という情報は前評判で聞いている以外は知らないとは言え、それなりにハードルは上がっての鑑賞。

で、どうだったかと言うと、「面白かった!」

映画館であんなに声を上げて笑ったのは、小学生のころに四条畷の「ナワテシネマ」でドリフターズの喜劇映画を友達と見て以来じゃないでしょうか。それだけでも見た値打ちがありました。

ハリウッドのお金のかかった映画に比べると、日本の映画は映画館まで見に行かなくても、テレビかビデオでいいわ。という典型的なH国民の私でも、今回は脱帽。
「面白かった」という意味では、最近のスターウォーズシリーズよりも、別の意味で満足度はあったかも。

この感じは、高校生のころに夜中にテレビでやっていた映画「探偵スルース」を偶然見たときの満足感に似ていました。(内容は忘れましたが)

見終わった後の、あれほどスッキリした感じは最近の映画には無かったかも。
ま、だから受けたのかもしれませんが、あんまり大団円ばかりだと、どんでん返しを期待するようになるし、難しいところですね。

今回一番ラッキーだったのは嫁さんでしょう。
この映画も一番最初に、知人スタッフの義理や暇つぶしで偶然、それも「どうせしょうもないやろ」とハードルを下げて見に行った人が、一番楽しめたでしょうから。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年7月31日 (火)

「ハン・ソロ」と「ジュラシック・ワールド2」を見る

映画「ハン・ソロ」と「ジュラシック・ワールド 炎の王国」とも封切り日に見て、ツイッターにも書いたんですが、あんまりネタバレを書くのはなんなんで、サラッと流してましたが、そろそろ感想を書いても良いでしょう。

6月29日「ハン・ソロ」を見る。

Dg06k_fuyaiyc2r
あかん・・・もう一ヶ月経ったから、何にも憶えてない!

Dg06k_evmaaxakt
たしか見る前は、アメリカでの興業成績がいまいちと言う情報で、期待してなかったのに、見た後は結構面白かったという印象だったんですが、今となっては、なにがどう面白かったすら覚えてない(笑)
私はSW 旧3部作のなかでも、ハン・ソロが一番好きなキャラクターなので、当然この新作にもとりわけ興味がありましたが、顔が似てない!などイチャモンをつける気は更々ありません。

ただ、なんか全然引っかかりが無いというか、ハン・ソロの既知のエピソードを全然別の何者かがなぞったストーリーを見せられた感じです。

ミレニアム・ファルコン号がボロズタ船になる過程も、「あ、そうですか」みたいな感じで。

なんて言うか、そんなことどうでもいいんですよ。

カルルシアンの綺麗な船を、ハンが何十年もかけて改造に改造を重ねて、何十年もかけてオンボロ船にしたって構わない。
2時間半で全部の答え合わせなんて、誰も望んでないと思うんですけどね。

一か月後は何の印象に残ってないのが印象です。(グッズも何も買ってない)

7月13日「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を見る。

Dh8sxsevmaer9tx
前作「ジュラシック・ワールド」の続編で、ま、恐竜は確かにいっぱい出てきますが、これはホラー映画でした。
遺伝子操作で作られたインドラプターを「恐竜」と見るか、フランケンシュタインの怪物のような「モンスター」と見るかで、印象は随分変わってきます。
取って付けたような大富豪の孫娘の正体ですが、もうひとつの「フランケンシュタインの怪物」と考えると、立派なハマー製ゴシック ホラー映画です。

恐竜の映像化は、映画ジュラシック・パークのCG以降、ほぼ画一化されたので、どんなリアル(?)な映像を、あまり見ても驚かなくなりました。
なので、ナショジオやBBCのようなドキュメンタリー的な映像か、そうでない映像かに二分化されたわけですが、今回のJWは恐竜というアイコンが出てくる、予算豊富なSF、ホラー、パニック映画と言うことでしょう。

少なくとも、マイケル・クライトンの「どんなに完全と思われるシステムを破綻する」というコンセプトは、かろうじて生きていたと思います。

どうも3部作で次作があるという噂がありますが、あるとするなら、逃げた恐竜を捕獲するなど、アホな話ではなく、ラプター部隊と人類の戦いの話になるでしょう。
恐竜が勝つか?人類が勝つか?

楽しみが増えた?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

生存報告と恐竜展の紹介

今日、高校の同級生のR氏から「荒木、生きてるか?」と電話がありました。
ブログが二ヶ月以上更新されてなかったので、孤独死でもしたのかと心配になったそうです。心配してくれてありがとう。

確かにツイッターを始めてから、日々のしょうもない出来事まで毎日ツイッターに書いているので、ブログまで書けないでいます。

ツイッターは記事がどんどん流れて、後から検索することが難しいので、今日はここ2ヶ月の備忘録を自分のために記しておきます。

前回のブログ後、1月21日は東寺の初弘法に嫁さんと行ってきました。

Duc5speumaeqnqo
嫁さんは初めてで、はじめは行くのをいやがってましたが、食べ物屋やアクセサリーなどの小物の出店もあって、おでんなんか食べて結構楽しんでました。
該当ツイート  

1月31日は皆既月食をデジカメで撮影。途中で雲が出て、最後まで撮れませんでしたが、安いデジカメのくせに割といい写真が撮れてビックリ。

Du35488umaabrko
該当ツイート 

2月4日 ヤフオクでツシマヤマネコの博多人形を入手!

Dvj6jijvoaeejxp
亀田均 作。ちょっと珍しいんじゃないですか?
該当ツイート 

2月中はあまりの寒さと巷のインフルエンザの猛威でほぼ冬眠状態。

3月1日 2週間ほど前に取材のあった記事が京都新聞に載りました。

Dxwrg1lu8aaezod
該当ツイート 

さて二男は昨年から一人暮らししていますが、同居している長男が3月1日から22日まで旅行に出かけるので、家には嫁さんと二人きりの新婚状態になりました。

とは言うものの、生活のペースはいつもと同じですが、3月4日は良い天気で暖かかったので、嫁さんと近くの山田池公園に梅を見に行きました。

Dxak9rcumaaj4lj
該当ツイート 

息子がいない機会なので、嫁さんが3月5日から三日間ほど実家の小浜で帰省することになり、私は束の間の独身状態に。
自宅でひとりでいてもやることないので、この間、工房でひとりぐらし。
3月7日にアカデミー賞をとった「シェイプ・ザ・ウォーター」をふらっと見に行きました。

Dxr4kwqu8ae0z9p
独特の雰囲気のある、後からジワジワ来る映画でした。

3月11日 嫁さんと近所を散歩。

Dx_qweuvaaa8ovk
初めて来た御社。
該当ツイート 

3月16日、嫁さんと京都に行った帰りに、前から寄りたかった食堂に行きました。

Dyzhiwruqael7ym
たぶん50年以上営業してそうな佇まいで、子供のころの「他人丼」の味が食べられるはずだと前々から思ってました。
該当ツイート 

昨日は近所にできる大規模なんとかの説明会を聞きに嫁さんと出席。

Dyuw_ftu0aekpex_1
そのあと近くのお好み焼き屋で一杯飲みながらの夕食。
該当ツイート

ま、こんな感じで特筆することなく過ごしてましたが、数週間とは言え、子供がいなくなった夫婦二人の暮らしを経験しましたが、「静か」というのが実感です(笑)

さて現在開催中の私がお手伝いしている恐竜展の紹介です。

大阪市立自然史博物館では「恐竜の卵」展が開催中です。

福井県立恐竜博物館では春の企画展「発掘 2017」が開催中です。

福岡市科学館 特別展「恐竜 DINOSAUR」が開催中です。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年12月24日 (日)

ソルジャー・ブルーの人形を作るぞ!

「ソルジャー・ブルー Soldier Blue」(1970年)

私が高校生ぐらいのときに、深夜テレビでやってるのを偶然見て、前半のどかに展開する物語がラストで一転するのを見てから、忘れれない映画のひとつです。

Img_1
また映画のポスターも、インディアン(ネイティブ・アメリカン)娘が後ろ手に縛られた扇情的で、印象的なデザインでした。

前から、この姿を形にしたいと思っていて、ちょうどシームレスフィギュアが出始めた時に再現しようと思った時もあったんですが、髪の毛の三つ編みの再現が難しそうなので、なかなか出来ずにいました。

今回、仕事の手が空いたので、もう粘土で作ってしまえ!と言うことで、さっそく始めました。
作り方はいつも同じで、針金を芯に石粉粘土で作っていきます。

171224192930
日本の緊縛でもこの正座に後ろ手縛りはよくよく見る構図ですね。

さて形が出来ました。

6

このまま色を塗らなくてもいいかな?

12
とも思いましたが、やっぱりモデラーの性(さが)で、色が着いてないと完成と思えませんので、塗り始めました。

7
出来ました。

8
ポスターは後姿だけですので、前側は想像です。

9
少しインディアンぽく、顔や乳房にペインティングを施します。
10_3
制作期間は5日ほどで、もっと丁寧に表面処理、彩色したほうが良いことは分かっているんですが、根がせっかちでいけません coldsweats01

11
ポスターは基本的な構図は同じですが、デザインはいろいろあるみたいですね。

関連日記:ソルジャー・ブルー  

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

SW EP9 予想

スターウォーズ EP8「最後のジェダイ」を見た直後ですが、EP9の予想をしてみます。
まず一応EP9で今回のEP1~9の物語が完結するというのが大前提です。

EP8を見て判明したのは、レイはスカイウォーカーはじめ、ジェダイの騎士団の末裔ではないlこと、フォースのパワーが思ってた以上にモノスゴイということ。

EP1~3はジェダイ全盛期からジェダイと共和国が滅びる物語。
EP4~6は新しいジェダイの希望と束の間の平和の物語。
EP7は新しいフォースの持ち主レイ(ジェダイではない)の出現の物語。
EP8は最後のジェダイ(ルーク)が滅び、ジェダイの末裔(レン)とレイの物語。

ではEP9はというと、新しいフォース使いの物語になるのではないかと思います。

EP9で完結するなら、最後は大団円しかありませんから、最終的にはレイとレン(新旧のフォース使い)が分かり合える最後しか考えられません。

しかしレンは、最後のジェダイの血と親殺しの罪と共に滅びるでしょう。

レイがEP8で明かされたように名もない市井の両親から出生したのが本当だとすると(これがフェイクなら全てがひっくりかえりますが)、どんな人にでも強いフォースを持っている可能性があるということ。
つまりEP9ではフォース軍団(最後に出てきた子供みたいな)が、力を合わせて大きな悪の力(ファーストオーダー?)に対抗する形になるでしょう。

アメリカ映画、ディズニー映画、昨今の世界情勢を考えると、民主主義は正義、テロリストは悪ですので、テロ的なレジスタンスが勝利する形ではなく、カイロ・レン(あるいはレイ)が帝国(ファーストオーダー)をなんらかの形で民主国家、共和制に変革する話になるんじゃないでしょうか。このあたりで、レンが正義に目覚める?

EP9の骨幹はフォースは選ばれた人(ジェダイ)ではなく、みんなが持っている力で、最後は正義のフォースが勝利するという物語でしょう。

映像的な見せ場としては、ドラゴンボールの元気玉のように、各々の小さいフォースの力を合わせて大きな力にするようなシーンがあると断言します。(無かったら髪の毛を剃って丸坊主にします!)

ただ、新3部作のために最後の最後にちょっろと悪のフォースの気配が見えるシーンがあるんですけどね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2017年12月15日 (金)

「スターウォーズ 最後のジェダイ」を見に行く

今日は嫁さんと近くのシネコンに「スターウォーズ 最後のジェダイ」を見に行きました。

Drdcdlzueaa0dnl
封切り日ですが、平日の昼間なのでオジン率高し。(後ろの席のオジン二人のやかましいこと)

Drdcdlzvqaeeitz
内容は旧作をオマージュした画面のてんこ盛りですが、こうなるだろうという予想をすかして、かわした構成で、いまいちスッキリ感が残らない内容でした。ま、新シリーズ中の「帝国の逆襲」に相当する回だからしかたないか。

Dretpctuqaefowc
それにしても、ひねりすぎで、「24」とかドラマを見たあとの観客には、これぐらいひねらんと納得しないのかもね。
で、レイの両親って、結局無名の人ってこと?EP9で、もうひとひねりありそうですが。
それにしても、レイはきれいな顔立ちしているな。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2017年3月13日 (月)

トラウマ映画!「怪奇!呪いの生体実験」

ことあるごとに子供ときテレビで見た「怪奇!呪いの生体実験(THE FROZEN DEAD)1967年」は怖かったと、ブログで書いたり話したりしてきました。

最近すっかり忘れていたのですが、ふと思い出し調べてみるとなんとDVDが発売されているではありませんか!で、もしやと思いToutubeを検索すると動画がアップされていました。
で、それこそ50年ぶりに見たわけですが、よくあるがっかり感は全く無く、かなり良かったし、新たに得体の知れない恐怖心もわいてきました。

子供のころは。とにかく箱を開けて現れる青白い(たぶん当時は白黒テレビ)、脳味噌むき出しで目をキョロキョロさせるエルサの頭(顔)が怖くて怖くてしかたありませんでしたが、今回は彼女の身に突然起こった不条理な出来事と最後にしぼりだすように言う「私を埋めて」という台詞が悲しくて切なかったです。

P028
後味の悪さもなかなかのものですが、親友のジーンとエルサが事件に巻きこまれる前のシーンがもうちょっと長かったら、もっと不条理感が増したんじゃないでしょうか。

しかし、簡単にむかしの動画が見ることができるなんて!今度は「妖婆 死棺の呪い」を見よ!

関連日記:悪夢 

関連日記:トラウマ漫画 IN 国会図書館 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧