2017年2月22日 (水)

講談社「福井県立恐竜博物館100」

講談社 どうぶつアルバム13「福井県立恐竜博物館100」が発売にまりました。

K1
お子さん用の図鑑と侮れません。恐竜博物館に展示されている全身骨格標本や収蔵化石がカラー写真と解説とともに100点紹介されています。

K3
K2

各恐竜骨格に私が制作した復元模型の写真も添えてあり、骨格と復元の対比も分かりやすくなっています。

K4
これを見たら恐竜博物館に行きたくなること間違いなし!

K5
博物館に行ったことあるひとも、博物館の図録と一緒に子供と楽しむにはもってこいの一冊ですよ!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

またブラキオサウルスを作るぞ!

以前もこのブログで書きましたが、再びブラキオサウルスを作りました。スケールは1/20です。
今回はツイッターで制作状況を小出しに書きましたので、ここではまとめて書きます。
実は某博物館でブラキオサウルスの復元模型を作る仕事があり、前から作ってみたかった骨の形が露(あらわ)な姿にしたところ、監修でNGになり(当たり前か)、作り直しした際、不用になったこのボッコボッコの首を再利用することにしました。

B21
さて、ここは開き直って、ボッコボッコの首に似合うガッリガッリの骨皮筋衛門(ほねかわすじえもん)のようなブラキオを作ることにしました。

まずは頭部から。

B4
歯は帯状にした粘土をカッターナイフで整形していきます。

B8
完成時は口は閉じた状態になるので、先に口腔内の色を塗っておきます。

B10
胴体部分はいつものように軽量化・粘土節約のため、芯部分に発泡スチロールを使います。

B16
スチロールカッターで整形して、薄く延ばした粘土でくるんで芯にします。

B17
四肢、尻尾は針金を芯にして粘土で作ります。

B19
先に書いたように、今回は痩せた体躯を作りますので、まずは表皮に表れそうな骨(肩甲骨・椎骨・肋骨・腸骨 等)や筋肉を作っておきます。

B20

B26
その上に、薄く延ばした粘土を表皮のイメージで被せていきます。

B29
B30
表面の乾かないうちに、それっぽいシワなどのディテールをつけていきます。

B31
ま~、王道と言えば王道の手順ですが、皮一枚下の骨や筋肉の表現方法としては、これに勝る方法は無いでしょう。

B32
被せる時点で偶然できるシワも作為的ではなく、自然なシワになるのが良いですね。

B33

B36
その後、ありそうな大小のシワやディテールを加え、形が完成。

B35
彩色はいつものようにアクリル絵具の筆塗り。

B37
今回はグレーが基調でちょっと地味になったかな?

B38
マイブームの明るい斑点で模様をつけ、

B39
B40
B41
エナメルブラックでウォッシングのスミイレ後、ドライブラシ。

B43
B44
爪や目など細かい部分を仕上げて、出来上がり。

B46
「ブラキオサウルス2017」

B47

B49


ん・・・ガッリガッリの骨ばった筋ばったブラキオにしようと思いましたが、いまいちうまくできませんでしたね~。筋肉をつけすぎたかな?尻尾太すぎたかな?ちょっと中途半端な出来になってしまいました。反省。

さて今日は良い天気だったので、公園に屋外撮影に行きました。

Brachiosaurus201701m
模型が大きいので外の撮影がやっぱり合ってます。

Brachiosaurus201704mt
ん~イイ感じ。ジュラシックパークのBGMが脳内再生されてます。

Brachiosaurus201707mt

メインサイトにアップしました。→「ブラキオサウルス2017

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (10)

2016年11月11日 (金)

PNSOの恐竜フィギュアがキタ~!

注文していた品物が名古屋出張中に届いてました。

中国 PNSOの恐竜フィギュア。

P1
ネットで評判が良かったのでアメリカのAmazonより取り寄せました。

フアンヘティタン Huanghetitan 長さ約70cm

P2
ティラノサウルス Tyrannosaurs 長さ約 35cm 羽毛表現してます。

P3
マンチュロサウルス Mandschurosaurus 長さ約 38cm

P4
ルーフェンゴサウルス Lufengosaurus 長さ約 53cm

P5
シャントゥンゴサウルス Shantungosaurus 長さ約 40cm

P6
エウヘロプス Euhelopodidae 高さ約 46cm

P7
ティラノ以外、すべて中国産の恐竜です。造形、ディテールなどもかなり良いですね。

まだ箱を開けていませんが、チアリンゴサウルスや

P8P17
バシロサウルス!!

P9
P16
メガロドン!!も購入。

P10
P18

またブリスター仕様のミニフィギュアもあり、気になったモデルを何種類か購入。

P11
ウエルホサウルス

P12
孔子鳥

P13
ニクトサウルスなど面白いフィギュアがあります。

P14
造形もアイテムも今までにないもので、とても素晴らしいのですが、胴体が真ん中でつないでいたり、どうもパーティングラインなどが大雑把で気になりました。
届いたフアンヘティタンなど胴体がボコッとへこんでいて(どうも中の詰め物がずれているのか)、日本メーカーなら返品交換してもらうところですが、やりとりがじゃまくさいので諦めます。

P15
元の造形が良いだけにもったいないですね。
しかしこんな出来の良いモデルがどんどん出てくるのは嬉しいような困るような・・・。

だ~!日本のアマゾンでも売ってるし!!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (12)

2016年11月10日 (木)

丹波竜フェスタ2016のお知らせ

丹波市担当者様から「丹波竜フェスタ2016」開催のお知らせをいただきましたので、紹介します。

10977_1
2016年12月11日(日) 「丹波竜フェスタ2016 恐竜の生活を探る!!」
やまなみホール・山南住民センター他周辺
国内外の著名な古生物学者・研究者による講演会及びパネルディスカッションやワークショップ、グルメコーナー丹波のグルメ村などが開催されます。
詳しくはこちらを

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年10月29日 (土)

東急ハンズ名古屋 地球研究室で作品販売!

荒木恐竜工房、独立10周年、模型稼業34年を記念して、私のこれまで制作してきた模型を特別販売いたします!

Hands1
今回、東急ハンズ名古屋店 地球研究室 クリエイターズワールド(11月3日~13日)で販売するのは、キットや複製品ではなく、月刊モデルグラフィックスや文芸社マスターモデラーズ誌で連載のため制作した、一点作・ワンオフ模型の20作品です。

連載誌以外でも各種恐竜展イベントや恐竜図鑑などに掲載されたきた模型たちです。

私の最高の自信作「ティラノサウルス2009(スカー 1/10スケール 2009年制作)」(150万円 税別)を筆頭に、

Tyrannosaurus2009dmmm
各地target="_blank"のイベントで展示した「トリケラトプス2002(1/10スケール 2002年制作)」(60万円 税別)

H7掲載されたマスターモデラーズ誌。

H1
ステゴケラス 1996(1996年制作)」(8万円 税別)なども販売予定です。

Stegocerass

お買い上げいただいた方には、掲載誌、図鑑を進呈いたします!

人気の「トロサウルス 1986(1986年制作)」(40万円 税別)。多くの恐竜図鑑で紹介されています。

H6

月刊モデルグラフィックス掲載号

H3
お買い上げいただいた作品には、エンボススタンプ刻印した作品証明書も発行します。

H4
私が原型制作したリーズナブルなフェバリットの恐竜シリーズもあると思いますので、買っていただいた方にはサインもしまっせ!scissors

11月3日~6日(PM:12~17時ぐらいまで)まで会場で制作実演予定ですので、どうぞ皆さんお越しください。たぶんヒマにしていますので、お気軽にお声かけてください!happy01

東急ハンズ名古屋店HP 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年10月15日 (土)

カロラータの羽毛恐竜ボックスを買う

コンスタントにネイチャー系フィギュアをリリースしているカロラータから「立体図鑑リアルフィギュアボックス 羽毛恐竜プレミアムボックス」が発売されたので購入。

C1
値段が張るな~と思ってましたが、ケース(ボックス)はこれまでのモノようも大きいです。

C2
商品画像より。いや~羽毛恐竜のみのセット!やられましたね~!good51cs1plwgfl

一番大きなティラノサウルスでこれぐらい。前足でかい!

C3
ティラノ以外はスケール統一しているのかな?不明。

C4
ミクロラプトルなど7種類の羽毛恐竜があり、ポーズのバリエーションやカラフルなカラーリングが楽しめます。

C5
リーフレットも立体図鑑の名に恥じない内容ですね。

C6
海洋堂やユージン、奇譚クラブなどのメーカーがすごく出来の良いネイチャー系フィギュアをリリースしますが、単発が多いのでもったいないですよね。

カロラータやフェバリットのように息の長いシリーズ展開は貴重な存在ですね。

カロラータさん、是非バージェスモンスターBOXを出してください!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年9月27日 (火)

タルボサウルスのフィギュア

数年前に開催された「大恐竜展 ゴビ砂漠の驚異」のオリジナルフィギュアをヤフオクで入手しました。1000円也~happy01

T1
私もどこかの会場で見ているはずですが、このフィギュアの存在は知らんかったな~。モンゴル恐竜展と勘違いしているのかな?(モンゴル展には徳川さんのフィギュアがありましたよね)

コールドキャスト製、木製ベース付。

T2
大きさはこれぐらいです。

T3
羽毛タイプですね。

T4
なかなか独特な顔付きです。

T5
販売は「オークコーポレーション」

T6

もしかしたら、会場で実物を見たけど、買わなかった可能性もあるな・・・。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年8月15日 (月)

玉川高島屋「生命40億年の旅」の様子

現在、玉川高島屋S・Cで開催中(17日まで)の「生命40億年の旅 ~大むかしの生きもの展~」の様子をスタッフ様にお知らせいただきました。僭越ながら私の模型中心で紹介させてもらいます。

6_2
導入部のディメトロドン模型。

22
パノラマ年表部。イクチオステガ、エダフォサウルス、エオラプトル、プラテオサウルスなど、進化の要所模型。

42_2
新生代の哺乳類模型。スミロドンやマンモスなど模型専門誌モデルグラフィックス誌に発表して以来、あまり展示の機会が無かった絶滅哺乳類模型ですが、今回展示の機会をいただき嬉しかったです。

53_2
会期は残すところ2日となってしまいましいましたが、未見の方は是非ご来場ください。
(画像提供:(株)XAIYA様 ありがとうございました)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年8月 5日 (金)

「恐竜の大移動展」オリジナルフィギュア続報! 全種揃いました!

福井県立恐竜博物館で開催中の特別展「恐竜の大移動」のオリジナルフィギュアが発売の続報です。

以前お知らせした3種類に続き、いよいよ「ズケンティラヌスVSシノケラトプス(Zhuchengtyrannus vs Sinoceratops )」と

Z1
Z8
「グアンロンVSインロン(Guanlong vs Yinlong)」が発売になります!

Z2
Z7
これで全5種揃いました!

Z3
これから博物館に行く方、行ったけどまだ売ってなかった方、ぜひ全種ゲットしてくださいね!happy01

さて、長野の出張から自宅に帰ると色々届いてました。

エクスプラスのシーラカンス スタチュー

Z4
PAPOの羽毛ベロキラプトルフィギュア。

Z6
オークションで落とした、ハズブロの巨大ミレニアム・ファルコンのリペイント完成品(エンジン部発光!)。

Z5
いま開けて紹介する元気がありませんのが、また近いうち紹介します。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (3)

2016年7月20日 (水)

「恐竜の大移動展」オリジナルフィギュア 続報!

福井県立恐竜博物館で開催中の特別展「恐竜の大移動」のオリジナルフィギュアが発売の続報です。

前回お知らせした「ユウティラヌス ザ デュエル(Yutyrannus the duel)」」に続き、「ビスタエヴェルソルVSペンタケラトプス(Bistahieversor vs Pentaceratops)」

O1
F1

「レドンダサウルスVSコエロフィシス(Redondasaurus vs Coelophysis)」

O2
F2
が発売開始です!

引き続き「ズケンティラヌスVSシノケラトプス(Zhuchengtyrannus vs Sinoceratops )」と「グアンロンVSインロン(Guanlong vs Yinlong)」もまもなく発売予定です。(画像は商品サンプル)

O4
O3
みなさん!他では入手できない会場限定商品なので、恐竜博物館に行ったときはお土産の候補によろしくお願いします!!happy01

(※ 一部 恐竜名の表記が間違っていました。申し訳ありません。価格はショップでご確認ください。7月31日訂正)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧