2018年7月31日 (火)

「ハン・ソロ」と「ジュラシック・ワールド2」を見る

映画「ハン・ソロ」と「ジュラシック・ワールド 炎の王国」とも封切り日に見て、ツイッターにも書いたんですが、あんまりネタバレを書くのはなんなんで、サラッと流してましたが、そろそろ感想を書いても良いでしょう。

6月29日「ハン・ソロ」を見る。

Dg06k_fuyaiyc2r
あかん・・・もう一ヶ月経ったから、何にも憶えてない!

Dg06k_evmaaxakt
たしか見る前は、アメリカでの興業成績がいまいちと言う情報で、期待してなかったのに、見た後は結構面白かったという印象だったんですが、今となっては、なにがどう面白かったすら覚えてない(笑)
私はSW 旧3部作のなかでも、ハン・ソロが一番好きなキャラクターなので、当然この新作にもとりわけ興味がありましたが、顔が似てない!などイチャモンをつける気は更々ありません。

ただ、なんか全然引っかかりが無いというか、ハン・ソロの既知のエピソードを全然別の何者かがなぞったストーリーを見せられた感じです。

ミレニアム・ファルコン号がボロズタ船になる過程も、「あ、そうですか」みたいな感じで。

なんて言うか、そんなことどうでもいいんですよ。

カルルシアンの綺麗な船を、ハンが何十年もかけて改造に改造を重ねて、何十年もかけてオンボロ船にしたって構わない。
2時間半で全部の答え合わせなんて、誰も望んでないと思うんですけどね。

一か月後は何の印象に残ってないのが印象です。(グッズも何も買ってない)

7月13日「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を見る。

Dh8sxsevmaer9tx
前作「ジュラシック・ワールド」の続編で、ま、恐竜は確かにいっぱい出てきますが、これはホラー映画でした。
遺伝子操作で作られたインドラプターを「恐竜」と見るか、フランケンシュタインの怪物のような「モンスター」と見るかで、印象は随分変わってきます。
取って付けたような大富豪の孫娘の正体ですが、もうひとつの「フランケンシュタインの怪物」と考えると、立派なハマー製ゴシック ホラー映画です。

恐竜の映像化は、映画ジュラシック・パークのCG以降、ほぼ画一化されたので、どんなリアル(?)な映像を、あまり見ても驚かなくなりました。
なので、ナショジオやBBCのようなドキュメンタリー的な映像か、そうでない映像かに二分化されたわけですが、今回のJWは恐竜というアイコンが出てくる、予算豊富なSF、ホラー、パニック映画と言うことでしょう。

少なくとも、マイケル・クライトンの「どんなに完全と思われるシステムを破綻する」というコンセプトは、かろうじて生きていたと思います。

どうも3部作で次作があるという噂がありますが、あるとするなら、逃げた恐竜を捕獲するなど、アホな話ではなく、ラプター部隊と人類の戦いの話になるでしょう。
恐竜が勝つか?人類が勝つか?

楽しみが増えた?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

模型教室と「獣脚類 鳥に進化した肉食恐竜」展を見に行く

7月22日、福井県立恐竜博物館で模型教室があったので、開催中の企画展「獣脚類 鳥に進化した肉食恐竜」も見学しました。

Dscn1866
午前10時半ぐらい着きましたが、夏休みに入ったところなので、すでに駐車場は満杯状態!

教室は午後からなので、先にその準備を済ませてから、企画展を見学。(さらっと書きましたが、ここで大事件発生!)

Dscn1868_2
本邦初公開のイギリス産肉食恐竜ネオベナートルをはじめに、

Dscn1883
獣脚類の進化を原始的な恐竜から、

Dscn1904

羽毛恐竜、そして鳥まで展示されています。

Dscn1889
さて、今回の展示では、私が荒木工房として作成した復元模型が多数展示されていて嬉しかったです。

Dirbiqqu8aantyb
お手伝いしてもらった、森岡一基さん、

Dscn1952
月村さんの作成された模型も展示されています。

Dscn1908
また本企画展のために新しく制作したネオベナートル、

Dscn1884
バリオニクスも骨格標本の前に展示されており、とても嬉しかったです。

Dscn1881
あれ?ステノニコサウルス??

Dscn1933

会場のショップでは、私のラフスケッチをデザインしたグッズ、トートバックやクリアファイル、キーホルダーなども販売。

Dirbiqsvmaaijs
また、私が原型製作した会場限定のネオベナートル、バリオニクスのフィギュアも販売されます。(8月上旬入荷予定です)

Dirikbgvqaaffeq
さて、午後から恐竜模型教室を行いました。

Dscn1968
今回は企画展に合わせて獣脚類、肉食恐竜を作ってもらいました。

みなさんティラノサウルスだけじゃなく、カルノタウルスやフクイラプトル、スピノサウルスなど様々な獣脚類を作ってくれました。

180724000114

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!博物館紹介ページ 

(今回、スタッフさんへのスペシャルサンクスはまた別の記事で)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2018年4月12日 (木)

千葉市科学館 「わくわく恐竜ランド」 のお知らせ

千葉市科学館 GW企画展「わくわく恐竜ランド」で私の恐竜模型10体が展示されます。
期間:平成30年4月28日(土)~5月20日(日)

Dajk7puvmaaui2u

Dajk9o8vmaasre_
楽しいワークショップなどもありますよ!お近くの方はGWのお出かけのひとつにぜひお加えください!

詳しくは科学館HPをご参照ください。

千葉市科学館HP

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2018年4月 8日 (日)

「恐竜の卵」展 大阪場所に行くぞ!

今日はtsukudadosさんと一緒に大阪市立自然史博物館 ネイチャーホールで開催中の「恐竜の卵」展に行ってきました。

Dscn0272
昨年の福井県立恐竜博物館でも見学しましたが、展示内容が少し変わっていますし、今日は恐竜博物館の今井拓哉研究員の講演があり、講聴も目的で行きました。

Dscn0273
エウヘロプスの全身骨格。

Dsc_1459
トロオドンの実物大抱卵復元模型。

Dsc_1477
トルヴォサウルス全身骨格と記念撮影。

Dsc_1487
大型のテリジノサウルス類。

Dsc_1466
とにかく、これでもか!と言うほど恐竜の卵が見れます。

Dscn0342
熱心に勉強中のtsukudados氏。

Dsc_1485
さて、講演会「『恐竜の卵展』の深イイ話」を聴きに場所を博物館 講堂に移動します。

Dsc_1493
今井先生の恐竜の卵についての謎を、楽しく興味深く聞くことができました。

Dsc_1498
質疑応答で、子供が将来、恐竜学者になるには?と言う質問に、「まず自分の好きなこと、興味のあることを勉強して、それが将来、恐竜の研究ににつながることもある」という答えに、なるほどと思いました。
それは純粋に化石採集や地質学の場合もあるでしょうし、私のように造形から恐竜につながる場合もあるかもしれませんね。

さて、会場のショップでは私の担当したトロオドン抱卵フィギュア、恐竜グッズなどが販売中です。

Dscn0275
Dscn0277
Dscn0278
恐竜展の思い出、お土産に是非どうぞ!

大阪市立自然史博物館 特別展「恐竜の卵」は5月6日まで開催中です。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年10月18日 (水)

毎日小学生新聞のステゴサウルス作品

ツイッターでは紹介しましたが、今年の夏も毎日小学生新聞で恐竜模型工作の記事のお手伝いをしました。

7月15日号

Dflldesuaaapsu3
そして10月12日号で、夏休みに募集したステゴサウルス作品が紹介、掲載されています。

M1
わたしの似顔絵つきで寸評させてもらってます。

M2
たくさんの作品ありがとうございました!happy01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

サイドショーのケラトサウルスとガストニアがキター!

このブログでサイドショウの恐竜を紹介するのは2年ぶりですね。
以前はまめに情報収集をしていたり、日本の販売代理店も予約を受け付けていたのですが、このところ疎くなって、新作の購入もあきらめていました。
そんなおり、恐竜マニアの間で話題になった「奇跡のヨロイ竜」の記事を見て、スルーしていた新作のガストニアが俄然欲しくなってしまい、セカイモンに手を出すはめに。

Ph1
これまた入手していなかったケラトサウルスも出品されていたので、一緒に購入しました。

まずはヨロイ竜「ガストニア(Dinosauria Gastonia Statue by Sideshow Collectibles)」

G6_2
相変わらず箱デカイです!重いです!アメリカからの送料も高いです!

G5
梱包状態。

G1
しかし、ヨロイ竜でこれだけのスタチューが販売されるなんて、考えれば凄いことですね。
大きさは50cmほどありますから約1/10スケールですね。

G2
買う人いるんかな~?(ここにおった)

G3
しかもノドサウルス類でっせ。アンキロサウルス類と違いまっせ。

G4
でもエドモントニアもサウロペルタもスパイクがカッコいいので、一部では人気はあるのかも。

G12
エディションナンバーは、27/400です。

お次は「ケラトサウルス(Dinosauria Ceratosaurus Statue by Sideshow Collectibles)」

G7
箱、やっぱりでかい。

G8
梱包状態。小さい翼竜が2匹入ってますね。

G9
すごく動きのある造形で、かっこいいです。こちらも50cmちかくあり、約1/10スケールですね。

G10
筋肉のボリュームもベースのボリュームもすごいですね。

G13
エディションナンバーは、91/700です。

G11
ん・・・いよいよ置くところがなくなってきた・・・ despair

今回初めてセカイモンを使いましたが、2体でトータル12万円ほどかかってしまいましたから、やっぱり購入者が飽きてヤフオクで格安出品されるまで待つのが得策かも。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年8月10日 (木)

模型展示 in 近鉄百貨店 橿原店

今日は近鉄百貨店 橿原店で開催中の「恐竜のひみつ展」に行ってきました。

H1
恐竜ロボットがお出迎え。

H2
こちらでは私の恐竜模型のうち、1/10スケール中心に20点が展示されています。

H6
1.3mのティラノサウルスの復元&骨格模型。

H3
けっこう間近で模型が見ることができますよ。

H7
配布されているクイズに全問正解すると、かっこいいシールがゲットできます。

H5
模型や説明にヒントがありますので、小さいお子さんも、一生懸命模型を見てくれてました。

H4
12日には私の模型教室、13日には恐竜くんのトークショーが開催されます。

詳しくは百貨店HPで 

観覧無料ですので、お近くの方は是非どうぞ。15日まで開催です。(毎日楽しいワークショップ(有料)が企画されています。)

さて、イベントを見たあと、今井町にもちょっと寄りました。

H8
交流センター内の展示。

H9
H10
H11
どうしても模型に目が行ってしまう・・・。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年7月 6日 (木)

福井恐竜博物館 特展会場限定「トロオドン フィギュア」の紹介

福井県立恐竜博物館で今月14日から始まる特別展「恐竜の卵」の会場ショップ限定で販売される「トロオドン フィギュア」の紹介です。

T5
特別展のポスターにもなっている巣で抱卵しているポーズで、私が原型を作っています。

T2
ポリレジン製で細かいディテール、彩色まで忠実に再現。

T3
パッケージもしっかり梱包されていますね。

T6
特展会場にはこの抱卵ポーズの実物大ジオラマも再現展示されています。

こちらも会場限定のぬいぐるみトロオドン。もふもふでかわいいです!

T1_2
デザインは私ではありませんが、開発段階でアドバイスさせてもらいました。

T4
このほか私のラフスケッチをデザインしたトートバックやマグカップなども販売されます。

T8
会場に行かれたときは、旅の思い出に是非お手に取ってみてください。

福井県立恐竜博物館 特別展「恐竜の卵」HP

T7

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

PNSOのティラノサウルス・ウィルソンがキタ~!

注文していた中国PNSOのデラックスバージョン ティラノサウルス・フィギュアが届きました。(Tyrannosaurus ‘Wilson’ statue)
白い大きな化粧箱にフィギュアの写真だけのデザイン。高級感がありますね。

P1
きちんとウレタンで梱包しています。

P5
解説書は結構分厚くオールカラーで、これだけでも特別感がありますね。

61rubvdx23l__sl1200_
フィギュア、解説書、ポストカードと内容も豪華です。

さて気になる本体のフィギュアは、箱に比べるとちょっと小さく、約1/35スケールといったところでしょうか。硬質のPVC製でけっこう重い。

P2
大きなベースつきで、サファリが正確な復元方向に向かっているとすれば、どちらかと言えばPAPO的な体表ディテールに凝った方向性でしょうか。

P3
なのでしっかり下顎も可動します。

P7
同じ方向性といえばReborのシリーズがありますね。

P9
もっともこれはアマゾンで売ってたReborのケラトサウルスのコピー商品(かな?ライセンス取ったらすみません)

P10
PAPOの怪物っぽいスタイルを踏襲しながら、ベースや死体などオリジナリティを出しています。

でも市販の恐竜フィギュアの出来の水準も上がってきましたね。コレクターとしては結構なことです。もっとも原型師としては大変なんですが・・・ coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

フェバリットコレクション スピノサウルス遊泳ver.& 始祖鳥

フェバリットコレクションからソフトモデル、スピノサウルス遊泳ver.& 始祖鳥が発売になりました。

Sp2

最近ツイッターのほうで情報を発信しているので、こちらでは今になってしまいた。

Ar4
スピノサウルス遊泳ver.ソフトモデルは2014年に発表された復元スタイルで、現生のワニのような半水棲で、水中の魚などの獲物を泳いで追いかけているスタイルをモデリングしました。

Sp3
アーケオプテリクス/ 始祖鳥 ソフトモデルは、いままさに飛び立とうしている始祖鳥の躍動的な瞬間を作りました。

Ar2
最新の研究から、始祖鳥の羽根には黒色を示唆する証拠が見つかったことから、黒~グレー~白色でカラーリングしています。

どうぞ、皆様のコレクションのひとつのお加えください!happy01

フェバリットHP スピノサウルス遊泳ver. 
フェバリットHP アーケオプテリクス/ 始祖鳥 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧