2018年10月31日 (水)

2018年に「2001年宇宙の旅」を見に行く

さすがに最初の1968年の公開は知りませんが、スターウォーズが流行ったころのリバイバル上映で大阪のOS劇場で見て、その後ビデオ、DVD、テレビ放映などで何度となく見ています。
もうなにもかも分かっているつもりでも、見るときによってディスカバリー号の模型のみに興味があったとき、ストーリーに興味があったとき、未来観に興味があったときなど様々でした。
今回、公開50年周年ということで、海洋堂から究極のディスカバリー号が発売されることや、メビウスモデルからプラモデルが発売されたことなどで、そして、IMAX(アイマックス)シアターで、デジタルリマスター映像が上映されるということは、まさに快挙です。
実は見に行く気満々でしたが、ま、近くの奈良のイオン郡山店のIMAXでイイかなっと思ってたところ、ホビフェスで、海洋堂の宮脇センムさんに、「あらき、2001年見に行ったか?なに!見に行ってへんのか!見に行ってへんやつにはディスカバリー号は売れへんど!見に行くんやったら一番でっかいエキスポのアイマックスに行かなディスカバリー号は売れへんど!」と恫喝され、エキスポシティに行ってきました。
IMAXで見た映画は「ゼログラビティ」以来でした。
さて、2001の解説は、もういろんなメディアで見たり、聞いたりしていて、難解なのは当たり前で、むしろそれを裏付けるリアリティの再現、当時(1960年代)が予想した2001年の科学が、あまりにもリアルで、マクロの宇宙船からミクロのスイッチ、人口知能(AI)、デジタルナイズされたディスプレイまで、トータルで創造された未来像は、もう見事!と言うしかありません。(2001のディスカバリー号とスタートレックのエンタープライズ号は、私のベストシップです)
とは言うものの、やはり終盤の「スターゲイト」の映像は、ひいき目に見ても、やはり陳腐で、退屈なシーンでした。(ビデオで飛ばしてましたが、やっぱり退屈)
この映画を現在のCG・VFXの技術でリメイクしても、月や木星など最新の映像で見せられる以外には術がないでしょう。それぐらい完成度の高い映像ですが、「スターゲイト」のシーンはもっと革新的な映像を望みます。

オタキング岡田氏や町山氏の解説を聞いて、当初はストーリーにナレーションや解説、モノリスを置いた宇宙人のシナリオまであったそうです。もしそんな分かりやすいストーリーなら、これほどの名作になったのでしょうか?それはそれで名作になったと思いますが、半世紀語り継がれたのは、その難解さからくる現代美術に似た価値観で、よけいに値打ちが上がったと思います。
この映画では、「ボーマン 対 HAL9000」、つまり人間と人口頭脳(AI)の戦いで、人間が勝ち、スターチャイルドに進化したわけですが、HAL9000が勝つバージョンが映画「AI」といことらしいです。なるほど。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2018年10月16日 (火)

樋口真嗣監督 特別講演を聞きに行く

過日10月14日、tsukudadosuさんと一緒に、老松古美術祭に行ったあと、あべのハルカス大阪芸大スカイキャンパス 「新世代造形大賞」の「樋口真嗣監督 特別講演」を聞きにきました。

Dpdy6iru0aawxzi
樋口監督と言えば、平成ガメラシリーズの監督、「シン・ゴジラ」の特撮監督ですが、講演会では、子供の時から特撮、監督になるまでのお話を面白おかしく話され、とても楽しかったです。

Dpdy6itu0aahisw
おそらく、聴講者の多くは、新世代造形大賞に応募なり興味のある30代以下の方が多かったみたいですが、トークの内容は、そんな若人おいてけぼりの80年代オタクカルチャー(特撮映画、模型関係)の裏ネタオンパレードでした。
軽快な特撮マーチのBGMで流される日本特撮映画の映像は、身体が自然と小躍りするぐらい良かったです。

Dpdy6isu8aaxxal
何て言うか、私は同じような経験をして、恐竜造形の道に進みましたが、映像畑の人間は同じものを見ていても、違う部分を見ていたのだなと気付かされました。
それはアニメでも同じで、アニメーターになりたい!声優になりたい!模型を作りたい!作家になりたい!と派生していくんだと、改めて思いました。
トップランナーの話を聞くと、いつも思います。
「何が自分に向いているのか?」ではなく、「これがやりたくてしかたがない」人なんだと。

PS:老松の骨董市で買った、切られ与三郎と藤娘(?)の小さな土人形。

Dpdwvnu0aaecmr

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土)

「カメラを止めるな!」を見る

過日9月10日に話題の映画「カメラを止めるな!」を嫁さんと一緒に見に行きました。

Dmtodt1uyaii2qy
私は、なるべく情報をシャットアウトし、嫁さんは「こんなしょうもなさそうな映画見たくないわ。万引き家族の方がいいわ」という、この映画を見るには一番良いコンディションで臨みました。

さて、私も「ゾンビ映画っぽいけど、すごい面白く、最後泣ける」という情報は前評判で聞いている以外は知らないとは言え、それなりにハードルは上がっての鑑賞。

で、どうだったかと言うと、「面白かった!」

映画館であんなに声を上げて笑ったのは、小学生のころに四条畷の「ナワテシネマ」でドリフターズの喜劇映画を友達と見て以来じゃないでしょうか。それだけでも見た値打ちがありました。

ハリウッドのお金のかかった映画に比べると、日本の映画は映画館まで見に行かなくても、テレビかビデオでいいわ。という典型的なH国民の私でも、今回は脱帽。
「面白かった」という意味では、最近のスターウォーズシリーズよりも、別の意味で満足度はあったかも。

この感じは、高校生のころに夜中にテレビでやっていた映画「探偵スルース」を偶然見たときの満足感に似ていました。(内容は忘れましたが)

見終わった後の、あれほどスッキリした感じは最近の映画には無かったかも。
ま、だから受けたのかもしれませんが、あんまり大団円ばかりだと、どんでん返しを期待するようになるし、難しいところですね。

今回一番ラッキーだったのは嫁さんでしょう。
この映画も一番最初に、知人スタッフの義理や暇つぶしで偶然、それも「どうせしょうもないやろ」とハードルを下げて見に行った人が、一番楽しめたでしょうから。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

太陽の塔展からの天王子動物園からの松村しのぶトークショー

タイトル通りです。

9月17日(祝)、tsukudadosさんと一緒に、あべのハルカス ハルカス美術館で開催中の「太陽の塔」展に行ってきました。

Dsc_0004
今回は実物の初代「未来の顔」とともに、

Dscn3033
今春から一般公開された内部の生命の樹のリニューアルの様子や

Dscn3010
第4の「地下の顔」などのミニチュア模型の展示などがありました。

Dscn2975
その後天王寺動物園に移動。

Dntxdlsu4aetayc
この日は海洋堂制作のカプセルフィギュア「TENNOJI Capsule ZOO」の記念イベント「てんず~いきものフェス ~ 造形の巻 ~」が開催されていました。

Dntxdltvyaebvww
生き物関係の造型作家さんの展示即売会です。

Dnrkwezvsaasguq
センムさんやお馴染みの造型師のみなさんとお会いして記念写真。

Dscn3071
リニューアルされた動物園に来たのは初めてなので、見学しましたが、そこかしこに台風21号の爪痕が残っていました。a

その後、通天閣下にあるギャラリーカフェ kirinで開催される海洋堂×天王寺動物園オリジナルカプセルズー発売記念イベント松村しのぶ氏による実演&トークイベントに参加。

Dntxdlsuwaauw0
松村氏は知り合って30年ぐらいになりますが、トータル5分ぐらいしかしゃべったことがないので、生トークを2時間ぐらい初めて聞きました。
20分くらいのスカルピーの制作実演もありました。
本当にフィールドワークの好きで、観察眼も持った方ですね。私のような引きこもりで何にも見てない人間と大違いでした。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年7月31日 (火)

「ハン・ソロ」と「ジュラシック・ワールド2」を見る

映画「ハン・ソロ」と「ジュラシック・ワールド 炎の王国」とも封切り日に見て、ツイッターにも書いたんですが、あんまりネタバレを書くのはなんなんで、サラッと流してましたが、そろそろ感想を書いても良いでしょう。

6月29日「ハン・ソロ」を見る。

Dg06k_fuyaiyc2r
あかん・・・もう一ヶ月経ったから、何にも憶えてない!

Dg06k_evmaaxakt
たしか見る前は、アメリカでの興業成績がいまいちと言う情報で、期待してなかったのに、見た後は結構面白かったという印象だったんですが、今となっては、なにがどう面白かったすら覚えてない(笑)
私はSW 旧3部作のなかでも、ハン・ソロが一番好きなキャラクターなので、当然この新作にもとりわけ興味がありましたが、顔が似てない!などイチャモンをつける気は更々ありません。

ただ、なんか全然引っかかりが無いというか、ハン・ソロの既知のエピソードを全然別の何者かがなぞったストーリーを見せられた感じです。

ミレニアム・ファルコン号がボロズタ船になる過程も、「あ、そうですか」みたいな感じで。

なんて言うか、そんなことどうでもいいんですよ。

カルルシアンの綺麗な船を、ハンが何十年もかけて改造に改造を重ねて、何十年もかけてオンボロ船にしたって構わない。
2時間半で全部の答え合わせなんて、誰も望んでないと思うんですけどね。

一か月後は何の印象に残ってないのが印象です。(グッズも何も買ってない)

7月13日「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を見る。

Dh8sxsevmaer9tx
前作「ジュラシック・ワールド」の続編で、ま、恐竜は確かにいっぱい出てきますが、これはホラー映画でした。
遺伝子操作で作られたインドラプターを「恐竜」と見るか、フランケンシュタインの怪物のような「モンスター」と見るかで、印象は随分変わってきます。
取って付けたような大富豪の孫娘の正体ですが、もうひとつの「フランケンシュタインの怪物」と考えると、立派なハマー製ゴシック ホラー映画です。

恐竜の映像化は、映画ジュラシック・パークのCG以降、ほぼ画一化されたので、どんなリアル(?)な映像を、あまり見ても驚かなくなりました。
なので、ナショジオやBBCのようなドキュメンタリー的な映像か、そうでない映像かに二分化されたわけですが、今回のJWは恐竜というアイコンが出てくる、予算豊富なSF、ホラー、パニック映画と言うことでしょう。

少なくとも、マイケル・クライトンの「どんなに完全と思われるシステムを破綻する」というコンセプトは、かろうじて生きていたと思います。

どうも3部作で次作があるという噂がありますが、あるとするなら、逃げた恐竜を捕獲するなど、アホな話ではなく、ラプター部隊と人類の戦いの話になるでしょう。
恐竜が勝つか?人類が勝つか?

楽しみが増えた?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年7月25日 (水)

悪夢

よくドラマや漫画で、主人公が大切なプレゼンや会議で、発表直前に大事な資料が無く、ピンチに陥ると言うシチュエーションがあります。
ドラマなので、結局は主人公は上手く切り抜けるんだろうと、ハラハラしながらも第三者目線で楽しめますが・・・・
今回、私自身がそのドラマの主人公になってしまいました。

某博物館 模型教室のワークショップに行った時の出来事。
私の模型教室では、私が作った芯(骨組み)に粘土で肉付けして、復元の過程を学んでもらっています。
絶対に必要なものは芯と粘土、そして、テキスト、粘土ヘラや見本の模型やフィギュア、著書などを持っていきます。
で、今回粘土とヘラ、テキストは某博物館が用意していただいているので、私は芯(骨組み)と見本フィギュアなどを車で持っていく段取りでした。
さて、4時間ほど車で運転して、企画展見学の時間も考え、教室開始2時間ほど前に某博物館に到着。
企画展見学前に教室の準備をしようと、荷解きをしていくと・・・・無い・・・・芯(骨組み)が無い・・・見本の模型やフィギュア、著書は有るが・・・芯(骨組み)が無い・・・・
出発前に積み込んだと思い込んでいた荷物でしたが、肝心要の芯(骨組み)を積み忘れたようです・・・。
他の全てを忘れても、芯と粘土さえあれば、教室はできますが、芯が無ければ・・・
模型教室を始めて20年以上になりますが、こんなポカは初めての経験です。
頭が真っ白になると言うのはこのことです。

32ビットぐらいしか無い頭脳がフル回転して善後策を考えます。

その1:嫁さんに電話して持ってきてもらう→長距離運転ができないので無理(時間的にも)
その2:Tsukudadosuさんに持ってきてもらう→時間的に無理
その3:ショップにあるフィギュアを流用する→有りかも?でも数が?
その4:二時間、独演会をする→参加者が許さない
その5:土下座する→参加者が許さない
その6:スタッフに相談する→まずはそれでしょ

この考えが頭の中で0.5秒ぐらいに現れ、スタッフに連絡。

今回、幸運なことに以前は芯を博物館で作ってもらっていた経緯があり、予備の芯が残っていたので、なんとかそれを流用し、スタッフにもお手伝いいただき、事なきを得ました。
もう感謝!感謝!

さて今回、後から考えると、荷解きするまで気が付かなかったので、こういう対処になりましたが、これが高速道路を走っている途中とか、中途半端なときの気づいたら、どうしたか?

某博物館に予備が無かったらどうしたか?

色々なシチュエーションで想像すると、どのような対処法があったのか冷汗がダラダラです。
今回は私の確認不足が招いた結果ですが、危機管理と言う言葉があります。
最悪の事態を想定して最善をつくすということでしょうか。

で、教室から工房に戻ってみると・・・

Dixo86kueaaiz2p

ちゃんと骨組みがありました・・・

Dixo86ruwaa15ib

しかし当分悪夢をみそうです coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2018年6月20日 (水)

大阪北部地震 震度6弱

6月18日7時58分に大阪府北部で、震度6弱の直下型地震が発生しました。
自宅は京田辺市ですが、地域的には震源近くです。

ちょうど、一階で7時半から始まるBSのNHK朝ドラ「半分、青い」を見終わって、二階の寝室に朝の血圧を計りに戻ったときに、ズン!ズン!と強い揺れが数秒続きました。
同時に地震速報もスマホから鳴り出し、時間的にはたいした長さではありませんでしたが、強さはかなりのもので、一緒に起きた嫁さんも「大きかったな」 私も「かなりやばかった」と。

落ち着いたところで、寝室を出ると、二階の階段ホールは本棚が倒れ、階下まで本が散乱していましたが、子供たちも無事で、それほど被害はありませんでした。

さて、そうなると急に枚方市にある工房のことが心配になってきました。
枚方市は震源の高槻市、茨木市と共に震度6弱の地域です。
工房にはショーケースにコレクションやら模型やら、自宅とは比べ物にならないくらいの物量があります。
自宅の片づけは嫁さんと子供に任せて、車で工房に向かいました。

途中の道路では水が噴出している個所や、消防車などとすれ違い、不安はどんどん増していきます。
前日まで作っていた、納品前の原型模型を無造作に机に置いていたことや、ガラスケースが倒れて、コレクションが散乱している最悪の状況を考えながら、到着。

工房に入る前に、深呼吸して手を合わせて「何事もありませんように」と祈ります。

さて中に入ると、机に置いていた模型は下に落ちて、少し破損していましたが、あとは想定内、最小限の被害で済んでいました。

J4_3
一番心配だったショーケースも倒れることなく、中のコレクションも多少ずれてこけたり、落ちたりしてましたが、ま、なんとか無事でした。

J7_3
ガラスのショーケースが無事だったのは、以前施した地震対策が多少なりとも役に立ったのかもしれません。(2年前のブログ→ジシン対策作戦!) 

J6
もちろん、震度7などもっと大きな揺れだったらひとたまりもなかったかもしれません。

J5
これまで、頭では「地震が起こったら大変やな」と思っていても、その対処などは後回しにしていましたが、今回は不幸中の幸いと思い、これを機に、コレクションの保管方法など改めて見直すつもりです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

老松古美術祭と野崎参りに行く

GWまっただ中ですが、おかげさまで本業が忙しくなり、外出もままなりません。
とは言うものの、以前から行く予定にしていた4月29日の大阪の老松古美術祭と5月1日の野崎参りには行ってきました。

老松通りに骨董店街があるとは、前からぼんやり聞いてましたが、私の集めているのは、骨董品と言うよりも、どちらかと言うとガラクタなので、リサイクルショップの方が性に合ってますし、何よりも骨董店って入るのに敷居が高い気がして、今まで行ったことがありませんでした。

Db75n1yvaaak3gs
今回の老松古美術祭は年に2回のイベントのようなものらしく、良い機会なので、tsukudados さんをお誘いして、行ってみました。

Db75n1zvwae_v8o
案の定、普段は入りにくそうな骨董店も、多くのお客さんが、入れ替わり立ちかわり出入りしていて、入りやすく、また露天販売もあって、結構楽しめました。

Db75n1yv0aas3qi
この付近はギャラリーなども多く、確かに売っているのは、いわゆる骨董や美術品が多く、高価なものが多いので、購入には至りませんでしたが、見るだけでも勉強になるものもあるので、また秋も覗いてみようと思います。

さて、野崎参りは、子供のころは親に連れてきてもらって、毎年のように行ってましたが、ここ40年ほどは全くのご無沙汰でしたので、嫁さんと一緒に行ってみました。

Dcfifc8u0aaiidp
記憶では駅前から参道、境内まで露店がびっしり並んでいて、長い石段を上ったあとに飲む、冷やしアメが絶品!というものですが、ま~ま~記憶通りでした。

Dcfifelvaaejsf9
今回行ったときはGW中の平日だったせいか、露店も少なく、お客さんも少なかったようです。
Dchjd0xv0aenjaz

私が子供のころは石段の中ごろの踊り場では、傷痍軍人さんがアコーデオンとかひいてました。

Dcfifc_u0aecanx
正月の親戚の挨拶に行ってた天王寺の歩道橋なんかでも見た記憶がありますが、当時は戦後から20年ほどしか経ってなかったんですね。阪神淡路大震災からもう23年経ってることを思うと、大人になってからの20年なんって、ちょっと前みたいな感じですね。

D6ad2f3ef998da6d1c894fbc729835a7

親に連れてきてもらってたころは、行きの道の露店で私が「あれ買って~!」と言うと、親が「帰りにな」と。そして、帰り道は露店の無い裏道を通って帰るというフェイントを何度もくらいました。

Dchjhi8vqaa88gk
ま、一度「ひよこ釣り」でひよこを二羽(オス)取って、大きく育てたのに、親戚がつぶして食べたことがありました。(画像はおたまじゃくしすくい)

Dchnefnu0aapcze
小学生高学年くらいからは、友達どうしで行くようになりましたが、景品のモデルガン欲しさで、「かたぬき」をして惨敗してから、露店なんか大嫌いで、ろくなもんじゃないというイメージは、大人になった今も続いています。

Img_111
今回はなんとなく記憶にあった、露店のガラクタ屋みたいなのを期待して行きましたが、そういう店はなく、現在の盆踊りの夜店とたいして変わりませんでした。実際参道にも新築の民家などもあり、露店の出店もできない個所もあるように見えました。

ところで、やはり私が子供のころに、JR忍ケ丘駅の岡山付近で、「めくらいち」ってあったんですが、憶えてる方いてはりますか?

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

生存報告と恐竜展の紹介

今日、高校の同級生のR氏から「荒木、生きてるか?」と電話がありました。
ブログが二ヶ月以上更新されてなかったので、孤独死でもしたのかと心配になったそうです。心配してくれてありがとう。

確かにツイッターを始めてから、日々のしょうもない出来事まで毎日ツイッターに書いているので、ブログまで書けないでいます。

ツイッターは記事がどんどん流れて、後から検索することが難しいので、今日はここ2ヶ月の備忘録を自分のために記しておきます。

前回のブログ後、1月21日は東寺の初弘法に嫁さんと行ってきました。

Duc5speumaeqnqo
嫁さんは初めてで、はじめは行くのをいやがってましたが、食べ物屋やアクセサリーなどの小物の出店もあって、おでんなんか食べて結構楽しんでました。
該当ツイート  

1月31日は皆既月食をデジカメで撮影。途中で雲が出て、最後まで撮れませんでしたが、安いデジカメのくせに割といい写真が撮れてビックリ。

Du35488umaabrko
該当ツイート 

2月4日 ヤフオクでツシマヤマネコの博多人形を入手!

Dvj6jijvoaeejxp
亀田均 作。ちょっと珍しいんじゃないですか?
該当ツイート 

2月中はあまりの寒さと巷のインフルエンザの猛威でほぼ冬眠状態。

3月1日 2週間ほど前に取材のあった記事が京都新聞に載りました。

Dxwrg1lu8aaezod
該当ツイート 

さて二男は昨年から一人暮らししていますが、同居している長男が3月1日から22日まで旅行に出かけるので、家には嫁さんと二人きりの新婚状態になりました。

とは言うものの、生活のペースはいつもと同じですが、3月4日は良い天気で暖かかったので、嫁さんと近くの山田池公園に梅を見に行きました。

Dxak9rcumaaj4lj
該当ツイート 

息子がいない機会なので、嫁さんが3月5日から三日間ほど実家の小浜で帰省することになり、私は束の間の独身状態に。
自宅でひとりでいてもやることないので、この間、工房でひとりぐらし。
3月7日にアカデミー賞をとった「シェイプ・ザ・ウォーター」をふらっと見に行きました。

Dxr4kwqu8ae0z9p
独特の雰囲気のある、後からジワジワ来る映画でした。

3月11日 嫁さんと近所を散歩。

Dx_qweuvaaa8ovk
初めて来た御社。
該当ツイート 

3月16日、嫁さんと京都に行った帰りに、前から寄りたかった食堂に行きました。

Dyzhiwruqael7ym
たぶん50年以上営業してそうな佇まいで、子供のころの「他人丼」の味が食べられるはずだと前々から思ってました。
該当ツイート 

昨日は近所にできる大規模なんとかの説明会を聞きに嫁さんと出席。

Dyuw_ftu0aekpex_1
そのあと近くのお好み焼き屋で一杯飲みながらの夕食。
該当ツイート

ま、こんな感じで特筆することなく過ごしてましたが、数週間とは言え、子供がいなくなった夫婦二人の暮らしを経験しましたが、「静か」というのが実感です(笑)

さて現在開催中の私がお手伝いしている恐竜展の紹介です。

大阪市立自然史博物館では「恐竜の卵」展が開催中です。

福井県立恐竜博物館では春の企画展「発掘 2017」が開催中です。

福岡市科学館 特別展「恐竜 DINOSAUR」が開催中です。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2018年1月17日 (水)

謹賀新年

もう1月もなかばですが、新年おめでとうございます。

備忘録で記しておきます。

Dsa8f4rvaae1cxz
昨年就職して独立した二男は年末から帰省してましたが、残念ながら風邪を引いて、2日の実家に新年の挨拶には行けず。

お節の中でも、クワイが一番好き。

Dshqkfsvwae_5tb
実兄が一時間並んで買ってきた、奈良 福寿館のしゃぶしゃぶのお肉は絶品。

Dshqkfuuqaafhls
でも、嫁さんのゴマメも美味しい。

Dsa8f4nu8aebekj
さてこの冬は、例年になく寒いですね。寒さに弱い私は外出する気になれず、自宅と工房の掃除や片づけ、趣味の造形で過ごしました。

あまり家でごろごろしていても体が鈍るので、会期終了が近づいていた、兵庫県立美術館で開催中の「大エルミタージュ美術展」に行くことにしました。

16
むちゃくちゃ寒い11日、電車を乗り継いで到着。

3
私と同じように閉会間際の駆け込み客が大勢来てました。

4
又吉先生のマトリョーショカ。

5
さて、今日1月17日は神戸淡路大地震の日ですが、「大エルミタージュ美術展」を見たあと、兵庫県立美術館の隣にある人と防災未来センターに行きました。

6
映像がすごいと聞いていたので、前から一度来たかったところです。
ちょうど小学生の社会見学と一緒になりました。
映像は1.17をミニチュア特撮で再現したもので、怪獣の出てこない怪獣映画のようでした。(画像は展示品)

7
隣接のJICAの中にあった、めちゃカッコいい黒人戦士の置物!

9
その後、電車に乗って残り福の西宮えびす神社へ。

10
2年前にtsukudadosさんと十日戎に来たときは境内に入ることができないくらいの人出でした、この日はすんなりとお参りできました。

1
福娘さんもかわいい!

2
奉納マグロにもお賽銭をペッタン!商売繁盛お願いします。

11
さて14日は兄と実家の庭の前栽の木を伐採に。

12
伸び放題の松の木と柿の木をチェーンソーで切り倒しました。

13
柿の木は私が生まれるはるか前から、松の木も50年ほどたち、色々思うことはありますが、ご近所からの苦情や管理するものがいないのでしかたありません。

そして昨日16日、地元の毎年参拝する石清水八幡宮に遅い初詣。

14
毎年となりの研修所で人形展があるので、そちらも覗いてみます。

15
今年も良い年でありますように。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧