2019年11月 6日 (水)

日本歴代風俗人形

ネットオークションで「日本歴代風俗人形」12体を入手しました。

Dsc_7967

それなりに古そうで、かなり傷んでおり、欠けや部品の紛失などもかなりあり、状態は悪いものでした。
台座に刻印があり「東京文運堂製」とあります。

Komainu3138img1200x11791572077394p0q7j02

12体は一揃いのイメージがありますが、はてさて、これが全種かどうか分かりません。
大きさはこれぐらい。約21~27㎝でスケール的には1/8ぐらいでしょうか。

Dsc_7972

各人形には説明のシールが貼ってあったようですが、かなり損傷が激しく、読み取れないもの、シール自体が無くなっているのもありました。

Dsc_7957

以下人形の説明は読み取れたもの、想像も混ざっています。

・男性(時代は順不同です)

1)古墳時代の兵士? (シール紛失 予想)

191106192721

2)平安時代 公家武官夏束帯 (シール紛失 予想)

191106192933

3)源平時代 武士の武装 源義経

191106192839

4)鎌倉時代 山〇〇の武装 比叡山僧 (〇は読めず)

191106192852


5)南北朝時代 水干の童(すいかんのわらし?) 楠正行

191106192816

6)室町時代 武士の狩り装束 足利義満

191106192949

7)徳川時代 武官(以下読めず)

191106192907

8)徳川時代 武士の洋装 〇兵指〇役頭取改役 (〇は読めず)

191106192829

・女性

9)奈良時代? (シール紛失 予想)

191106193002

10)平安時代 貴族? (シール紛失 予想)

191106193031


11)鎌倉時代? (シール紛失 予想)

191106193044


12)徳川時代 武家の室の礼装 徳川家定夫人

191106193018

こう見ると、やはり各時代を網羅しているとは言えないので、もっと種類は多い気がしますね。

さて、「日本歴代風俗人形」で検索すると、そのもは出てきませんが、明治・大正期に活躍した博多人形師 井上清助氏の「世界人類風俗人形」が出てきます。

405c145

現在、これらの人形は東京大学総合博物館や福岡市博物館に所蔵されています。

Sim

実は以前ネットオークションでこの人形が出品されたことがあり、入札しましたが、恐ろしい値段(十数万円)になり、途中で諦めました(笑)

Sim2

追伸(2019年11月11日):保存していた画像が何点か出てきたので、一応張っておきます。

1532169698286

1532169699866

1532169700011

1532169698720

1532169698865

1532169699046

今回の入手した人形は、テイストはよく似ていますが、造型や彩色の質は遠く及びません。

刻印の「東京文運堂製」を調べると「株式会社 文運堂」がヒットしました。
現在ノートや文具を作っている会社ですが、創業100年を超える会社なので、何か関係があるのかもしれません。
文具以外に学習教材、社会科歴史教材のひとつとして、小学校の備品として作られた可能性もありますね。あくまで想像ですが。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、情報よろしくお願いします。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


 

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

モデラーズフェスティバル2019に行く

過日11月3日、今年もtsukudadosに誘われ、モデラーズフェスティバル2019に行ってきました。

Dsc_7693

車で昼過ぎに会場のATCに着いたものの、連休の中日の日曜日のためか、会場のATCはもちろん、周辺の駐車場も満杯で、さまよったあげく住之江まで行き駐車し、ニュートラムに乗り換えやっと会場入り(笑)

Dsc_7696

Dsc_7726

ATCではいろんなイベントが開催されており、家族連れでいっぱいでしたが、モデラーズフェスティバルの会場内も老若男女でいっぱいでした。

Dsc_7706

Dsc_7766

常連モデラーさんの超絶技巧作品をはじめ、上手い下手かかわらず、数々の作品に触れることができます。

Dsc_7792

Dsc_7824

Dsc_7784

ま~プラモデルなんて、作ってナンボですから、私のように買ってそのまま押入れに箱のまま積んで置いておく人間には、そのプラモデルの完成品を見れるだけでも大変な喜びです。

Dsc_7816

Dsc_7811

Dsc_7764

Dsc_7730

会場はプラモデルのコーナーとドールハウスのコーナーがあり、どちらもミニチュア好きの私には、とても楽しい空間です。

Dsc_7833

さて、会場を後にして、天王寺のあべのハルカスで開催中の、大阪芸大の新世代造形大賞を見に行きました。

Dscpdc_0003_burst20191103170321664_cover

力作揃いのなか、アノマロカリスの活け造りが目を引きました。

Dsc_7871

Dsc_7869

Dsc_7858

カニのような甲殻類的なイメージは面白いですね。

Dsc_7878

tsukudadosさん、ずっと運転していただき、ありがとうございました!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

ある造型師の死に思う

私は今58歳。もうすぐ還暦。
仕事のピークは50~53歳だった頃で、年末年始も仕事場に泊まりこんで作業したもんだが、現在は明らかに減っているが、ま、それは別に良い。
体力も気力も年々減退していることは自覚しているし、今は忙しいときは忙しいが、暇なときは暇というま~ま~の環境だと思う。
でも一寸先は分からない。
そんな折、有名な造形師の訃報が届く。享年52歳。
映画やテレビ関係で活躍、大学で造形を教え、彼の経歴を見ると十分すぎる素晴らしい人生だったと思うが、まだまだ仕事盛りだったことを思うと、やりたいこと、やってみたかったこと、見たかったこと・・・SNSの闘病記を見ると満足な気持ちよりも無念だったことは想像に難くない。
ひるがえって、自分はどうだろう?
病気でなくても、明日交通事故や地震で命を絶つかもしれない。台風で家が水没して生活が成り立たなくなるかもしれない。
昨今人生100年時代と聞く。
もちろん長生きすること、長生きに備えることも大切だが、はたして、80歳になったときに、自分がしたいことが出来る心体だろうか?
まさに一寸先は闇だ。
何を言いたいかというと、やりたいこと、見たいものは今すぐやっといたほうが良い。
いつもできない理由を探して先延ばししているが、今日できること、したいことは無理してもやっておいた方が良い。(と思う)
だから俺は行く!時間を作っても行く!仕事をおっぽってでも行くぞ!(どこへ?)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

京都アンティークフェアに行く

台風19号が近づく前日の10月11日、京都パルスプラザの「京都アンティークフェア」に行きました。

Egkgse1u0aawsuh

こう言う箱もので開催される骨董市は、私が買えるようなチープなものや掘り出し物はほとんど無いですが、いろいろな品物がまんべんなく見れて楽しいし、天候も気にする必要がないので毎回行ってます。

Egkgse1uyaeob39

今回も春画人形系はほとんどなく、象牙の春画根付は高いままでしたが、他の象牙関係の彫刻や置物は、結構安くなってるのもありました。(象牙一本10万円など)

Egkdsg0vuaamcgl

たぶん、ワシントン条約など象牙取引が国内で禁止になる前に、在庫一掃セールというところでしょう。

Egkdsg1u0auftp_

私も以前なら買ってたかもしれないんですが、ツイッターのフォロワーさんなんかに動物愛護の方も多いので少なからずその影響で、今は見るだけです。

Egkdsg1ueaasvx

何も買うつもりはなかったんですが、土人形(博多人形?)の相撲取りと行司を見つけ買ってしまいました。

Egk6mivuuaepk7r

さて、12日は台風19号接近、関東上陸でした。

Egrm3i9u8aakdqe

一夜明け広域で大変な被害を出ていることが分かってきました。
ここ何年か毎年のように地震・水害など自然災害がどこかの地域を襲う印象です。
昨年の大阪での地震の時も、私の仕事場でもそれなりの被害がありました。地震だけでなく、いつ今回のような豪雨災害が工房を襲うか分かりません。
コレクションなどの被害を最小限に抑える用意を日ごろから準備しておかないといけませんね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

久しぶりの東京。恐竜博2019とDORO☆OFF2019

9月20日に埼玉県飯能市に模型の納品。今年で3年連続なんですが、最近嫁がうるさく一泊しかできないので、納品後は2年は続けて、富士方面、神奈川泊まりで横浜や伊豆の観光でした。
しかし今年は浅草にホテルが取れましたので、上野の科博の恐竜展を見に行くことにしました。
東京に行くのは4年ぶりです。
タイムスケジュールを考えると、納品は昼ぐらいに終わらないと、科博の開場時間に間に合わないので、早朝4時に自宅を出発。(去年もこんなだった憶え)
新名神の鈴鹿あたりが走りやすくなっている。

Dsc_7030

今年最初の富士山も見ることができ、

Dsc_7066

途中仮眠を取りながら昼過ぎに納品先に無事到着。

納品を終え、圏央道から都内入り。3時に浅草のホテルに着けば、余裕で恐竜展の見学ができるはずが、高速を下りてから大渋滞。

Dsc_7082

特に上野駅前の走りにくいこと!だから都内を車で走るのは嫌なんですよ。

何とか3時半に浅草のホテルにチェックイン。博物館入館が4時半までなので、荷物を置いてテクテク上野に向かいました。

さて、いざ恐竜展の会場に着くと「本日は8時まで開場してます」とよ!あわてることは無かったぜよ!

Dsc_7096

会場で、ディノニクスのホロタイプ標本!!

Dsc_7098

デイノケイルス(デカい!)

Dsc_7104

Dsc_7135

命名 カムイサウルス!(むかわ竜)とご対面。

Dsc_7120

図録を買って、ガチャを一回まわしてティラノでした。

Dsc_7186

観覧が終わったあと、浅草をテクテク観光。

Dsc_7210

学生の頃から東京には何度も来てますが、いつも恐竜や模型関係や神田の古本屋目当てで、浅草は10年ほど前に家族でディズニーランドに行ったときに、はとバス観光で少し浅草寺に寄ったことがるだけで、実質初めてです。

Dsc_7202

なかなか楽しい街ですね。浅草寺の仲見世はもちろんですが、町中にある商店街やお土産物屋は見て歩くだけでも楽しいです。

Dsc_7207

さて投宿したホテルはつくばエクスプレスの浅草駅から徒歩1分にかかわらず、駐車場無料で部屋も風呂も広い!

Dsc_7182

たぶん、ラブホの転用だと思いますが、これで一泊5800円なら、十分満足です。

明くる21日は帰宅だけでしたが、調べると浅草橋で「DORO☆OFF2019」が開催されているではないですか!

ホテルに聞くと、チェックアウト後、昼ぐらいまでなら車を駐車してて良いと許可をもらったので、朝の浅草寺界隈の観光のあと、またもやテクテクと歩いて浅草橋のDORO☆OFF会場まで行きました。

Dsc_7263

勝手に10時には開場してると思い込んで行くと、一般入場前の参加者の自己紹介時間で、一般入場は11時からとのこと。
出直そうかと思っていたところ、ちょうぎさんと鷲見さんが私を見つけてくれて、そのまま参加者面して見学させてもらいました(笑)

Dsc_7226

ドロオフは数年前にも見学したことがあるんですが、うちに箱のまま眠っているプラモデルの、超絶技巧の完成品を間近に見ることができ、眼福のひと時でした。

Dsc_7223

ちょうぎさんのディスカバリー号(メビウス改造)

Dsc_7310

加藤優介さんのワンマンポッド(メビウス改造)

時々東京に来てますが、いまいち地理が分かりませんでしたが、今回、本郷から上野、浅草、両国あたりはなんとなく位置関係が分かりました。

Dsc_7363

今後、東京での宿泊は当分浅草になりそうです(笑)

Dscn6454

ドロオフ後、首都高から東名に乗って帰路につきました。

Dsc_7405

21日夜9時に帰宅。走行距離1053㎞

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

昆虫展に行く

今日は大阪市立自然史博物館で開催中の特別展「昆虫」に行ってきました。

Dsc_6984

それほど昆虫が好きなわけでも、詳しいわけでもなく、大きな昆虫の拡大模型が紹介されていたので、それ見たさで行きました。

Dsc_6988

会期も終了間際の平日なので、ガラガラと思いきや、けっこうお客さんがいっぱいでした。

S2

平日なので子供の姿はあまりなく、年齢も男女も様々で、結構虫好きが多いのかな?って印象でした。

Dsc_7009

さてお目当ての拡大模型ですが、テレビやネットの紹介で受けた印象よりも、作りがおおざっぱで出来もあまり良くありませんでした。

S1

最近SNSなんかで、材料費や制作期間そっちのけで、町の八百屋のお父さんなんかが、孫のためにすごいクオリティの造型物を作ったとか見ますね。

Dsc_6996

もうイベントの前に広く造形物ボランティアを募集してみてはいかがですか?(オリンピックのデザインをタダで募集するみたいに)
あっオレの仕事も無くなるか!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

東急ハンズ名古屋店 地球研究室で販売イベント

現在、東急ハンズ名古屋店 10階の地球研究室で、私のワンオフ模型とコレクションの販売イベントを行ってもらっています。

Img_0274

比較的高額な商品なので、増税前にいかがですか?

Img_0276

ワンオフ模型は、かつてモデルグラフィックス誌で連載していた時に作成した模型が中心です。

Img_0277

コレクションはこれまでコツコツと収集してきたもので、チャールズ・R・ナイト(Charles R. Knight)制作のステゴサウルス模型のレプリカモデルや、1933〜’34シカゴ万博と1964〜’65ニューヨーク万博で実物大の恐竜オブジェを展示したシンクレア石油の実物大の恐竜像を制作した、ルイス・P・ジョーナス・スタジオの1/10スケールのステゴサウルスとアンキロサウルスの貴重な雛形模型などなど。

Img_0273
(画像は東急ハンズ名古屋店様 提供)

若い頃は私設の「恐竜模型博物館」を作りたいという夢もありましたが、色々考えるとね~。
各地にいろんな私設の資料館や博物館がありますが、コレクションはもちろんですが、その維持や管理などを考えると本当に頭が下がる思いです。私みたいないいかげんな人間には無理だと悟りました。

最近、知り合いの病気や訃報を耳にします。少しでも元気なうちに、これらのコレクションや作品を価値の分かるひとの手元に渡って欲しいと思っています。

9月30日まで開催中です。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

この夏 最後の模型教室 IN 恐竜博物館

令和元年の夏、最後の恐竜模型教室が無事終わりました。

Dsc_6722

9月1日の福井県立恐竜博物館 ふれあい恐竜教室は、開催中の特別展「恐竜の脳力」にちなみ、トリケラトプスを作ってもらいました。

  Dsc_6733
トリケラトプスだけでなく、スティラコサウルスやエイニオサウルスなど色んな角竜を作ってくれました。

190902213846_20190902224701

開講前にお子さんの作品を見せてくれる方や東京から朝5時に出発して参加してくれたご家族など、ご参加いただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!

さて、外の出る仕事は今年はこれが(予定では)最後なので、教室後は北陸 山代温泉に一泊してホッコリしました。

Dsc_6782

私が子供の頃はテレビのCMで「湯女の山代」で有名でしたが、加賀温泉郷は当時の団体客を受け入れるイケイケの歓楽温泉地から、昔ながら風情のある温泉地に脱却しているみたいですね。
私が今回予約した宿も、公共温泉の「総湯」が隣接している好立地ながらも、おそらく経営が立ち行かず、「大江戸温泉グループ」がリニューアルした旅館でした。そのため、部屋も古いのか新しいのか分からない程度のリフォームでしたが、バイキングの料理や屋上の露天風呂などとても良かったです。

Dsc_6824

ま、昔ながらの部屋食も良いですが、仲居さんに心づけや、食事あとの布団の上げ下げなど、けっこう気持ちの負担になってました。
ましてや、気楽な一人旅なら、私なんかは「ほっといてほしい派」なんで、最近の湯快リゾートや大江戸温泉などは、安くて満足です。
ま、若い彼女が出来たら見栄を張りたい気持ちもありますが(笑)

旅館でもっらたサービス券で、総湯と古総湯に。

Dsc_6760

総湯はいわゆる公共温泉ですが、古総湯は昔の総湯を再現、再建築したものだそうです。

Dsc_6753

でも熱過ぎて2秒しか入れず!

Dsc_6768

さて、たまたまですが、当日御神楽みたい行事があり、得した気分。

Dsc_6748

ゆっくり風呂に入り、美味しい食事をして、また心新たに仕事しましょう!

Dsc_6803

明くる今日(9月2日)は帰途だけですので、リサイクルショップなどふらふら寄りながらゆっくり帰りました。

途中、滋賀県 高島市のメタセコイヤの並木と

Dsc_6866

京アニの現場(ご冥福をお祈りいたします)

Dsc_6869

無事帰宅できたことに感謝しましょう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

老兵は死なず、ただ消え去るのみ

夏休みで模型教室が続いていましたが一段落つきました。

今夏最後の教室が9月1日にありますが、それまでは中断していた原型制作などの作業、盆休みの帰省、通院などももろもろやることがあります。
が、思えばずいぶん仕事も減り、ゆったり過ごしています。

一番忙しかったのは2008年~2013年ぐらいの5年間でしょうか。
(1999年~2000年の病院に勤めながら恐竜博物館の展示物を作った激動の1.5年間を除く)
病院勤めのサラリーマンを辞め、独立後数年たったこの頃で、展示用模型をはじめ、本の執筆、食玩フィギュアや玩具会社のフィギュアの原型制作、夏休みのイベントで恐竜模型の貸出しや教室なども同時に数か所あり、模型の振り分けに苦労したこともありました。

自宅から独立させた仕事場に展示ルームを作ったり、泊りがけで作業していたのもこの時期でした。
私にすれば人生のピークだったんでしょう。

あとはどんどん仕事も減ってフェードアウトしていくんでしょう。
よっぽど才能ある人以外は、人生曲線なんて、ま、こんなもんでしょう。
古生物造形も、若い作家がたくさん出てきてます。
作り手から若手作家の作品を楽しむ側になる時期かもしれませんね。

私ももう58才ですので、サラリーマンならもう2年で定年。
色んな意味で先が見えてきました。
あと2年続けられたらラッキーと思い、やっていきましょう。
老兵は死なず、ただ消え去るのみ

Maxresdefault

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

模型教室 IN 広島空港と恐竜学博物館と大和ミュージアム

さて、8月4日は広島空港で開催中の「ジュラシック エアポート」の関連イベントで、恐竜模型教室を行いました。

Dsc_6139

毎度のことながら、皆さんが彩色完成まで出来ませんでしたが、参加者さんのノリもよく、楽しく行え、たくさんの恐竜模型ができました。

Dsc_6118

190806213139

こちら広島空港さんはここ毎年夏休みに構内中に恐竜ロボットやグッズ、イベントを行う、「ジュラシックエアポート」を開催されているそうです。

Dsc_6140

前日3日は恐竜くんのトークショー・ワークショップもあって、大盛況だったそうです。

Dsc_6142

Dsc_6144

今回、午前・午後の2回開催、広島と遠方だったので、主催さんにお願いして、現地に前日入りさせてもらいました。3日に自宅を出発し、当日は移動だけなので、前から行ってみたかった岡山理科大学の恐竜学博物館に寄ってみました。

Dscn5860

Dscn5880

クリーニングルームのある研究室の展示だけでなく、構内各棟に標本が置かれており、起伏にとんだ構内を標本目指してさまようのは、夏の炎天下ではさしずめアスレチックのようでしょう。(実際は学生さんに案内してもらいましたが)

Dscn5892

Dscn5919

明くる4日は教室を行い、そして教室終了後は広島市内に移動。

ホテルにチェックイン後、夜は付近をブラブラ散歩しながら原爆ドームまで行ってみました。

Dsc_6174

明くる5日はホテルを8時にチェックアウトして、呉の大和ミュージアムを見学に行きました。

Dscn5962

ここは子供が小さい頃(12年前)に一度家族旅行で訪れました。

Dscn6026

Dscn5992

向かいにある「てつのくじら館」はなぜかそのとき行かなかったので、今回初訪問です。

Dscn6028

Dscn6074

せっかく広島に来たので、本場のお好み焼きを食べようと、スマホでちょっと調べて、呉駅近くの「五ェ門」というお店で食べました。
感想「美味しいけど食べにくい!」

Ebljrm2u4aairfe

Ebljrm6uyaaqqb7

もうちょっと若いころなら、帰りに尾道や倉敷に寄ろうかと元気があったかもしれませんが、お土産を買って、昼過ぎぐらいに帰宅開始。
夕方6時ぐらいに工房に到着し、荷物を降ろして帰宅しました。

大阪から呉まで往復828㎞の行程でした。

Dsc_6300a

ここ2週間の間に3か所の教室があり、普段仕事場から動かないで仕事をしているので、かなりハードでした。次は今夏最後の教室が9月にありますが、それまではストップしていた作業が落ち着いて出来そうです。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)


| | コメント (0)

より以前の記事一覧