2017年3月13日 (月)

トラウマ映画!「怪奇!呪いの生体実験」

ことあるごとに子供ときテレビで見た「怪奇!呪いの生体実験(THE FROZEN DEAD)1967年」は怖かったと、ブログで書いたり話したりしてきました。

最近すっかり忘れていたのですが、ふと思い出し調べてみるとなんとDVDが発売されているではありませんか!で、もしやと思いToutubeを検索すると動画がアップされていました。
で、それこそ50年ぶりに見たわけですが、よくあるがっかり感は全く無く、かなり良かったし、新たに得体の知れない恐怖心もわいてきました。

子供のころは。とにかく箱を開けて現れる青白い(たぶん当時は白黒テレビ)、脳味噌むき出しで目をキョロキョロさせるエルサの頭(顔)が怖くて怖くてしかたありませんでしたが、今回は彼女の身に突然起こった不条理な出来事と最後にしぼりだすように言う「私を埋めて」という台詞が悲しくて切なかったです。

P028
後味の悪さもなかなかのものですが、親友のジーンとエルサが事件に巻きこまれる前のシーンがもうちょっと長かったら、もっと不条理感が増したんじゃないでしょうか。

しかし、簡単にむかしの動画が見ることができるなんて!今度は「妖婆 死棺の呪い」を見よ!

関連日記:悪夢 

関連日記:トラウマ漫画 IN 国会図書館 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

ツイッター始めるとブログが書けん!

昨年秋からツイッターを始めたせいか、どうもブログの更新が滞りがちです。
ツイッターに日々のことを書いてもどんどん埋もれてしまいますが、前にも書きましたがブログは日記・備忘録代わりで読み返すことが多いので、ツイッターの繰り返しになりますがやっぱりこちらでも書いておきます。

年始に患ったインフルエンザも良くなり、11日に嫁さんと毎年行く石清水八幡宮に遅まきの初詣。

I1
12日に近くのシネコンに嫁さんと映画「この世界の片隅に」を見に行きました。

K1
すずさん役ののんちゃんは適役ですね。吐息のようなため息や笑い声は彼女にしか表現できないんじゃないでしょうか。遊郭のりんちゃんが切なかった。

13日は皮膚科、眼科と病院回りをしたあと、京都パルスプラザの「アンティークフェスタin京都」に。来たのは2回目ですが、小規模な骨董市ですぐ見て回れました。

I2
I3
前に出店していた春画人形のお店はありませんでしたが、欲しかった医学標本があったので購入。

I4
残念ながら製作会社(島津製作所や京都科学など)のシールがなかったので、どこ製かわかりませんが、樹脂製の量産品ではなく、蝋細工の手作り品のようです。

I5
さて、今日15日はこちらでは珍しく雪が積もりました。

Y1
Y2
雪道は怖くて車を動かせず、仕事場にも行けませんので、今日は自宅で年末に録画していた「ホビットの冒険」3部作を見ることにしました。
スマウグ、ようしゃべるな~。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年1月 5日 (木)

新年おめでとうございます。

って、もう1月5日ですね coldsweats01

正月早々にインフルエンザに罹って寝込んでしまう2017年の始まりでした。
S2
さてやっと楽になり、年末に地震対策して整理した工房のガラスケースにコレクションの裏絵博多人形や春画人形を並べる仕事始めでした。

S3
なんか熱病で浮かれたせいか、調子に乗って色々飾ってしまいましたが、今後18歳未満は工房見学禁止だな、こりゃ。

S1
ま、こういうものは縁起物とも売られていたもののようなので、正月らしくて良しとお許しを。

こんなどんどん恐竜から遠ざかっていく私ですが、みなさん今年もあたたかい目で見守ってください。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年12月18日 (日)

忘年会のマル秘話

昨日は毎年参加する(元海洋堂スタッフ)銀ヘルさん主催の造形家仲間の忘年会に行きました。
そこで、(やはり元海洋堂スタッフの)かたやまひろしくんに30年ぶりぐらいに再会して、当時(1985~90年頃?)の話で盛り上がりました。(かたやまくんは、当時「北斗の拳」シリーズを手がけてました。画像左。私の右にあらせられるは世界のボーメさん。かたやまくんはブランクを経て海洋堂で造形を再開。)

Dscn3278
当時、出来あがった原型を病院の仕事が終わってから、夜中に海洋堂に持って行くのが常で、そのころかたやまくんはまだ高校生ぐらいだったそうです。
ふらりと不定期に突然やってくる私は、長時間センムさんや古株のスタッフとベラベラおしゃべりしてたわけですが、そのとき私が占領していた椅子や机は、実はかたやまくんの場所だったそうで、私が占領している間、遠慮して作業場の掃除などをしていたそうです。全然知らんかったわ~coldsweats01 ゴメンネ!

そして、あるとき、私がスティラコサウルスの原型を持ってきたとき、「この喉の部分はオ○コ(女性器の隠語)の形で作ってんねん」とかなんとか私が言ったみたいで、(まだ高校生でウブだった)彼が、その部分が見たくて原型を持ち出したところ、不注意で落としてしまい、角が破損!夜中の間に折れた部分を作り直したそうです。
「だから荒木さんのスティラコサウルスの角の一本はぼく作です!エッヘン!」って昨日言ってました。てめ~!angry

Dscn5035
(1/20 スティラコサウルス1987年作 出典 http://dinotoyforum.proboards.com/thread/4090/large-figure-collection

ま~そう言えば、喉部分をそんな風に作っていた時期が確かにありました。1980年代後半の作品かな~。 
これは子供用の図鑑にもよく掲載された「1/20 ティラノサウルス1988」

T1
エイリアンのデザインをしたH・R・ギーガーの影響だったんでしょうね。

T2
今はもうやってませんが、粘膜部をよりエロチックにリアルにしたかったのかな。(←いや。ただのスケベ bleah

T3

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年12月 6日 (火)

伊豆ぐるりん珍スポットめぐり

今回、関東に行く用事があり、せっかくなので一泊して、5年前に回れなかった伊豆のB級スポットを見に行くことにしました。

4日早朝7時に自宅を出発し、埼玉県飯能市に模型を運びます。
初めて新東名を走りましたが、トンネル多いですね。富士山の見えるスポットも少なかったですが、今回は綺麗な富士山を見ることができました。(走行中にパチリ)

F1
午後3時前にご依頼者宅に到着し、無事模型を引き渡したあと、当日の宿泊地、伊豆の温泉宿に向かいます。

ダメもとで、富士山の見える部屋を取りましたが、当日午後からの雨で残念ながら見えず・・・。

F2
もちろん、この宿ご自慢の富士山を望む展望露天風呂からも・・・見えず・・・。
朝もモヤがかかって見えず・・・

I2
夜中に見えたかも?の一枚(画像処理しています)

I1
さて気を取り直して、翌日5日は伊豆の珍スポット、B級スポット巡りです。

一番最初に行ったのは宿から近かった、世界文化遺産「韮山反射炉」。B級スポットなんて言ったらバチがあたりますね。

I3
宿を8時半にチャックアウトして、9時に着いたので観光客もまばらでラッキー。

I4
一緒にボランティアの解説を聞いていた60代ぐらいの夫婦が、「むかし、小学校の遠足で来たときは煙突みたいなのが原っぱに立ってるだけだったのに、立派になったね~」とか言ってたのが印象的でした。
私が駐車場から出るころには、次々と観光バスが入ってきてました。

さてここからが本番です。まずは「怪しい少年少女博物館

I5
前は名前だけで行くのをやめたんですが、あとから調べて「なんで行かんかったんや~」と後悔したところなので、今回はとりあえずここが第一目的地でした。
車のナビを頼りに行きますが、とんでもなく道の狭い峠を越えさせられました。

昼前に「怪しい少年少女博物館」に到着。

I6
一応どんなところかは、事前にネットで調べていましたが、ま~何て言うか、一言で言うなら「ゴチャゴチャ」です。

I7
さて、次は「怪しい~」の姉妹施設「まぼろし博覧会」に行きます。

I16
ま~こちらも二言で言うなら「大きなものがゴチャゴチャ」です。

I17
これは私の勝手な想像ですが、各地にあった娯楽施設やイベントで使用された展示物が、施設の閉館などで廃棄されたものを寄せ集めて、これまた閉館、倒産した施設に「怪しい」「まぼろし」という、便利なコンセプトを使って復活させたものでしょう。

I18_2
存外それは成功しており、たぶん元手もそんなにかけず、私みたいな物好き相手に経営できてるんですから。(くれぐれも私の勝手な想像ですからね)
料金も1000円前後で、家族4人で4000円なら腹立つかもしれませんが、私みたいに一人で見に来て、かつて大勢の観客を喜ばせた(で、あろう)展示物(の残骸)を1000円で見れるなら、「ま~良しとしよう」という人間もいるでしょう。

実際に伊勢にあった秘宝館の展示物の残骸や私が雛形原型を作った衣料品メーカー(倒産)の巨大ティラノサウルスのオブジェなんかも散見できました。

I30
また明らかにマニアのコレクション寄贈?放出?のような一角もあり、私は十分楽しめましたが・・・

I8
・・・初デートで彼女をこんなところへ連れて来たら十中八九振られるかも?でもサブカル好きな女の子なら喜んでくれるかも?
実際、当日女性のグループを何組か遭遇しました。

さて近くにあった象牙の美術館にも寄りたかったんですが、時間の関係で「伊豆極楽苑」へ向かいます。

I23
こちらは以前にも来たことがあるので、併設の「秘宝展」のみ入館。

I24
前に来たときは春画人形や陰陽人形には別に興味が無く、流し見だったので、今回はじっくり鑑賞。これ持ってるし!→また買ってしもた~ 春画 底絵つき人形(18禁)

その後、最後の目的地「土肥金山」へ。

I25
勝手な思い込みで、てっきり山の中にあると思っていたのが、開けた港町にあってビックリ。
福島 いわきの炭鉱跡展示のように、実際の坑道跡に等身大人形の展示があり、場所場所で音声解説が自動的に流れるのは、とても分かりやすい展示方法ですね。

で、見たかったお風呂シーン。こんなもの見たいためにこんなところまで来る俺はバカか?

I27
最後に250kgの金塊にタッチして、今後の金運アップを願い、帰宅の途に。

I28
自宅に着いたのが夜の11時でした。

I29
ま~年齢相応の上品な施設や観光ができれば良いのですが、なんせ55歳になっても精神年齢は20代(?)のままなので、お恥ずかしい・・・ coldsweats01

でも身体は正直で、あ~しんどかった。

関連日記:関東ぐるりん一人旅 秘宝館制覇!編 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (8)

2016年11月29日 (火)

エレベーターの中の妄想

少し前に思った、どうでもいいこと。
私は今フリーランスで、むさ苦しい工房で一人で仕事しています。
10年前までは30年近くの間、何ヶ所かの病院のスタッフで働いてましたが、いずれも小規模の病院でした。
今回、某大手デパート内にある会場で5日間ほど仕事があり、関係者通用口を利用する機会がありました。
通用門に入るときは守衛のチェックがあり、エレベーターまでも延々通路を歩き、初日はなかなかの迷路のようでした。その間もいろんな売り場のユニフォームの女性とすれ違います。
迷路に慣れてくると、エレベーターに乗ってくる「デパート職員=若い女性多数」に、これまで経験したことに気付きました。「なんだ!この香りは?」
エレベーター内に充満していたのはズバリ!お化粧品の芳香。
普段と違う経験でした。
もし違う人生、普通のサラリーマンで、デパートやOLさんの多い職場で働いていたら、毎日こんな良い香りを嗅ぐ毎日だったのかもしれませんね。

O1
さて、話は変わって、普段通り毎日(ルーティンワークと言ってはなんですが)模型を作る仕事をしていますが、ここ数日、嫁や子供のガラケーからスマホ買い替えや自宅の配水管の掃除などの手続きや立会いで長時間費やしてヘトヘトになってしまいました。
別に自分の身体を動かしているわけではないのですが、いつもと違うことをすると精神的にもしんどくなるのは歳なんですかね~。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年9月20日 (火)

なにがなんだか

最近ツイッターとフェイスブックを始めて、わけが分からない状態になっています coldsweats01
現在メインサイトの「恐竜模型の世界」とこのブログや趣味のサイトなど5個やってますが、ちょっとペースが狂っています。(って、ま~勝手に自分で大変にしているんですが・・・)

メインサイトの「恐竜模型の世界」は、カタログやパンフレット的な位置づけで、どんな模型があるか、どんな仕事をしてきたか、今度こんなイベントがあるなどを紹介するサイトとして使っています。

このブログは雑記帳、備忘録的な位置づけです。一昨年の今頃なにしていたか、どこへ行ってたかなど、バックナンバーやカテゴリーで探すことができ、日記代わりにもなっています。ただこのブログの存在を知っている人しかサイトを訪問しません。

ツイッターを二週間ほどやってみて、確かに面白いものだと感じました。私のことを昔から知っているひとが意外と多いことに驚きましたし、また「恐竜模型」の「恐竜」と「模型」の重なってる部分、重なってない部分などもなんとなく感じることもできます。
ツイッターはブログと違い、拡散力があるように思うので、これまでブログでお知らせしていた模型教室やイベントのお知らせなどはこちらでもどんどんやっていこうと思います。

さてよく分からないのがフェイスブックです。
まだ始めて1週間ほどしかしていませんが、実名登録なので難しいイメージがあります。
ブログだと別に誰かに発信しているわけでないので、自由に好きなことを書いてますし、レスポンスがあればそのつど反応すればよいのはツイッターも似ています。
でもフェイスブックは発信している相手がはっきりしていて、もともと人付き合いが下手なので、なかなかハードルが高く、何を書いたらよいのか悩んでいます。どうしたもんですかね?

ただ新しいことを始めると、いつもと違って脳ミソの普段使ってない箇所がフル稼働しているみたいで楽しいです。

ま、どちらも始めてまだ日が浅いので、またこの日記を一年後読み直したときに「フェイスブック、めちゃ面白いのに、こんなこと書いてるわ!」って可能性もありますしね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年9月 5日 (月)

ツイッター始めました!

いや~ ホント今更なんですが、ツイッター始めました!coldsweats01

Icon
https://twitter.com/araki_kazuyan

私の性格上SNSは極力使わん方が身のためと思ってましたが、色々思うところがあり、情報発信の場にしようかと思い至りました。

あまりつぶやくことも無いとは思いますが、フォローいただければ嬉しいです。
(いまいち使い方が分からないので、フォロー?フォロワー?などのやりとりで失礼があったらスミマセン!ま~おいおい分かってくると思いますのでご容赦を!)

9月7日追記:何をつぶやいていいのか分からん・・・ coldsweats01

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年8月12日 (金)

シーラカンスが好き!その22 シーラカンス スタチュー エクスプラス

忙しくて紹介できませんでしたが、先日買ったエクスプラスの「Wonder of wild series シーラカンス」です。

C1

思いのほかでかい箱!

C5
梱包状態。けっこうアバウト?coldsweats01

C6
ありゃ~!胸ビレ外れてるし~!sad  ポリストーン製にしては割と軽いな。

C3
ベースは重くて、ずっしりしています。

C4
原型はPaleocraft の John Cooper氏。 関連日記→スタージョンさんとT-rex 

S4
実際の現生シーラカンスの生態モデルと言うより、「生きた化石 シーラカンス」の雰囲気を持ったモデルですね!長さ約30cm。1/6スケールです。

C2
身体のうねりもカッチョいい!

C8
表面ウロコのアップ!

C9
口の中!

C7
シーラカンスは現在も生息している魚類の一種ですが、私ら世代には、絶滅こそ免れたものの、恐竜やマンモスのように太古の「謎の生物」的な一面もあり、作者の思い入れが造形に反映される面白いモチーフのひとつだと思います。
実は私にも「これが俺のシーラカンスだ!」像があり、(そのうち)腕と時間ができたら・・・作りたいな・・・ confident

で、コレクションケースに。

Co1
もうシーラカンス置くとこないので仮置き。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

「英 EU離脱!」に思う

地球の向こっ側の出来事で、持ち株や投資信託の損失で今年の収入分以上が全てパ~になりました・・・いったいなんのために働いているのやら・・・ despair

S
やっぱり嫁さんの言うとおり貯金しとけばよかった・・・ crying (これからますます損失が増えていきそうでコワい)

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧