2022年1月14日 (金)

オミクロン株

また全国の1日の新型コロナ新規感染者が2万人を超えちゃいましたよ!
東京4051人、大阪で2826人…
感染力が強いオミクロン株。ま、症状は軽いと言っても、マスク手洗いをしているなかでこの広がりですから、インフルエンザの比じゃないでしょう。
年末年始の各地の賑わい、帰省、成人式などの報道を見ていると、まだまだ感染が広がりそうです。
せっかく年末、美術展や骨董市に行けるようになったと思いましたが、また少し用心しないといけませんね。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2022年1月 2日 (日)

2022年 新年

1月2日になりましたが、2022年 新年おめでとうございます。
昨年一年も新型コロナと共の一年でしたが、夏にピークを迎えたものの、その後のワクチン接種のおかげか、11月ぐらには大阪でも感染者数が一桁台になったものの、新株オミクロン株がまた感染者数を増やしつつあります。今日で大阪で50人台でした。
とは言うものの、だいぶ普段通りの生活に戻りつつあり、テレビ中継など見ていると初詣客なども結構な人出に見えます。

さて、今年も兄がオミクロンのせいでアメリカに足止めをくらい、今年も正月の挨拶は無しになり、まだ一階の片付けの真最中ですが仕事場でまったりと正月を迎えました。

Dsc_4264-2

今年も昨年同様、コロナで仕事関係ではイベントなどに影響は受けそうですが、まあ、マイペースで行きましょう。

Dsc_4261-2

昨年は暮れに同級生が亡くなったこともあり、やはり健康第一。
あと断捨離。
片付けで出てきたプラモデル類・オモチャ類は今年どんどん処分していこうと思います。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年12月24日 (金)

友人の死

高校の同級生が亡くなった。享年60歳。
社会人になってからは年に一回会うか会わないかの仲だったが、高校時代は、アニメや特撮にも詳しくて、知らないことを色々教えてもらった。
男女関係なく人気のある男で、お通夜もびっくりするぐらいの数の弔問客が訪れていた。
一番元気な男だったのに、60歳でこの世を去るなんて人生分からないものだ。
本人が一番無念だろう。式場にあった彼のゴジラのイラスト。

Fhnoc9iauaikced

私も望めるならあと20年ぐらいは元気でいたいものだ。
身体も動くうちとなると、あと10~15年ぐらいだろうから、悔いの無いように生きていこう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年12月21日 (火)

みうらじゅん マイ遺品展と2年ぶりの終い弘法に行く

コロナも少し収まってきてるような、新たなオミクロン株が流行する前なのか不穏な感じですが、世の中はすっかり元の戻りつつあるようです。
今日は株主特典でアサヒビール大山崎山荘美術館で開催中の「みうらじゅん マイ遺品展」に行ってきました。

大山崎山荘美術館は初めての訪問です。駐車場が無いとのことで、下の有料の駐車場に停めても良かったんですが、美術館の先に宝積寺という有名なお寺さんがあり駐車場もあるようなので、そこも見学することにして車で登って行きますが、これが車も行き違いできない狭くえらい坂道でした。

Fhghs7maaaaaahf

宝積寺には豊臣秀吉が明智光秀を討ち取ったあと一夜で建てたという「一夜之塔」という三重塔がありました。

Fhghuqvauau5jsf

Fhghw0damam3np2

宝積寺の見学ののち、てくてく歩いて急な坂道を降りて美術館に行きますが、今度は上り坂。やっと美術館に到達してビックリ!隣にさっきの三重塔があるじゃないですか!帰りは横道で駐車場に行けばいいや。(と思ってました)

Fhgwaeaiae8nev

さて、美術館はもと昭和初期の実業家の別荘で、山の上に建つ大きな洋館で、なんとも風情があります。

Fhgwcw6aqaigpvc

Dscn0800

ま~それには似つかわしくない、みうらじゅん氏のコレクションです。

Fhgwdskakae25ap

Dscn0826

しかしみうら氏のコレクションは大好きで、彼は無価値なもの、ゴミみたいなものに価値を与えることのできる天才だと思います。

Fhgwe5xaiaeqhkn

きっと将来、ヌードトランプやヌード栓抜き、ヌードボールペンがお宝になる日がやって来るでしょう。

Dscn0838

さて、見終わって隣の宝積寺に行く道を探すのですが、これが無い!目と鼻の先に車があるのに!
若いころの私なら、境界の柵をよじ登って行ったでしょうが、そんなことをして人に見られても、ケガしてもアホらしいので、がんばって急な坂道を降りてまた登っていきました。あ~しんどかった。

つぎは、2年ぶりの東寺の弘法市に行きました。ここ2年、コロナで中止になったりして、行くにも行けませんでしたが、今年最後の終い弘法に行くことができました。

Fhgz9lgakayvxg3

Fhgz6fcaqaelefi

なかなかの人出で、お店もたくさん出ていました。このままこの平和が続くと良いのですが。
結局欲しいものが見つからず手ぶらで退散。

Fhgz7kdaaamd9ij

せっかくなので東寺の南のほうにあった、怪しいレトロショップも覗いてみようと行きましたが、どうも無くなったみたいでした・・・

Fhg5vfiaqainnrg

在りし日のブログ 

Fhg5yejauaewvht


(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年12月18日 (土)

「コレクター福富太郎の眼」展と堺アルフォンス・ミュシャ館に行く

過日12月15日、すこし時間ができたので、前から行きたかったハルカス美術館で開催中の「コレクター福富太郎の眼」展を見に行きました。

福富太郎氏と言えば、私の記憶では中高校年のころに夜中にこっそり見ていた番組「11PM」で、持ってる裸の絵ばかり自増しているスケベなオッサンというものでした。

Fgnbzxzvcaawl2b

後年、氏がキャバレー王で実業家で美術品の収集家ということを理解してからも印象はたいして変わりませんでしたが、ここ最近私の方の趣味嗜好が昔の博多人形や土人形の収集などに変わってくると共に、氏の収集品がすごく魅力的なものばかりに見えてきました。

Top_kaburaki

「コレクター福富太郎の眼」というタイトルは言い得て妙で、私が漠然と抱いていた氏の「スケベ」さは、ある意味当たっていて、それは悪い意味ではなく、氏の仕事柄夜の街で働く女性の真の姿を知る、ただ単に見た目が綺麗とか美しいとか表層的なものではなく、描かれた女性の業や悲劇が醸し出す妖艶で危うい美しさに魅力を感じていたんだろうなということが、少し分かるような理解できるようになりました。

Img11680x510

それは私が好んで集めている、明治~大正期の博多人形と雰囲気が似ていて、それはたぶん、今のフィギュア作家が今の人気イラストレーターの絵を立体化するように、当時の人気の日本画などをモチーフにして作品にしていたんでしょう。

Ez03lbmuyaq2ppw

さて、電車で天王寺まで来たので、これまた前から行こうと思っていた、堺市駅前にある「堺 アルフォンス・ミュシャ館」にも行ってみました。

Fgojtusvgaemiwx

こう言ってはなんですが、なんで堺にミュシャ?ですよね(笑)

Fgokb1puuaeydif

ほぼ館内は撮影禁止でしたが、下絵のスケッチやけっこう貴重な作品がいっぱいあり驚きました。しかも入館料は安いし空いてる!

ところで、堺市駅って思ってたより未開発ですね。私がよく行ってたのは堺東の方で、たしか有名なプラモデル屋があったのでよく行ってましたが、でかいビルやデパートがあった印象に比べ、こちらはやっと再開発しましたって感じでした。
ま、どうでもいいですが。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (0)

2021年12月11日 (土)

令和の工房改装計画その4 一階を片付けるぞ!

間が空いてしまいましたが、いよいよ工房一階の模様替えに取り掛かります。
おっと、その前に二階に上がる外階段も塗り替えてから、10年経ちましたので11月15日に塗り替え工事をしました。

Before 錆だらけ

Dsc_3603-2

after

Dsc_3622aa

さて、一階は主に接客とコレクション展示に使用していましたが、最近は来客も少なくなり、2階・3階の整理、行く行くはコレクションの整理も考え、展示スペースを少なくして、倉庫スペースを広くすることにしました。

Dscn0486-2

なるべく新しく購入する棚などは少なくして、現在あるものをうまく利用できるように考えます。

Dscn0499-2

また、1階の奥にあった三段ボックス書棚は、いままで本を探しにくかったことを考慮して、玄関近くに持ってくるようにしました。

Dscn0500-2

Dscn0502-2

西壁面にあるガラスショーケースは移動させる体力はありませんので、スチールラックやデトルフ、ショーケース、大きな木製デスクを一人で黙々と移動させます。もう60歳だと、これがしんどい。息子を呼んで手伝ってもらおうかとも考えましたが、なんとか一人でやりした。(その際無理して壊したフィギュア、模型多数!)

Dscn0534

場所を取るガラステーブルは処分。
とりあえず、家具や棚を予定の位置の移動しましたが、片付け自体は全然終わっていません。

Dscn0535

しかし仕事もあるので、一旦この状態で休止。

Dscn0559

ただ、最近各地で地震が多発しているので、本棚やスチールラック等の地震対策を最小限度ですがやっておきました。

Dscn0615

Dscn0619

そして、12月8日に外階段下に物置を設置。いままで一階玄関脇に置いていた灯油缶や掃除道具はこっちに入れて整理します。

Before

Dsc_3902

after

Dsc_3906

また仕事が一段落したら片付けを再開します。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

フクイラプトルの前肢

もうご覧になられた方もいらっしゃると思いますが、2000年に開館した福井県立恐竜博物館のメイン展示のフクイラプトルの骨格標本の2021年のリニューアルに伴い、復元模型も前肢の改修を行いました。

リニューアル前の骨格標本

9_20211201223101

リニューアル後の骨格標本

Img_0510

当初の復元では、いわゆる「うらめしや~」の、手首が回内した形でした。

Photo_20211201222201

最近の復元では鳥の前肢様に、手首が回外したもの変わってきているので、骨格標本はいち早くリニューアルされ、追って復元模型も改修を行いました。

3_20211201222301

4_20211201222301

このフクイラプトル模型は、フクイサウルスと共に2002年に制作した模型です。

Photo_20211201222202

5_20211201222301

6_20211201222301

その模型を20年後に、またこの手で改修できるのは本当に作者冥利につき感無量です。ありがとうございます。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

恐竜模型教室 in ちーたんの館 令和3年 冬

今年夏に予定されいた丹波竜化石工房 ちーたんの館での模型教室は、新型コロナの緊急事態宣言発令で、中止になりましたが、館のご厚意で11月28日の「丹波竜フェスタ2021」の催しのひとつで企画していただきました。

冬のWS開催は珍しく、今年は暖かな冬ですが、当日は冷え込み早朝に向かう高速道路では霧がかかっている状態でした。

Ffpqcbnaaaid1bo

さて、予定よりも早く着き一服。

Ffpqen_acaeflej

今年のフェスはコロナの影響で、野外での催しはありませんでした。

Ffpg_qaamaeoevq

模型教室は午前は丹波竜など竜脚類を作る教室。

Ffqgrnvacamdfrb

午後は肉食恐竜を各2時間作りました。

Ffq6oufaqaeggpf

ちょうどその間で講演会があり、兵庫県立人と自然の博物館 池田忠広先生の「篠山層群の小さなモンスター」をみなさんと一緒に聞きました。

Ffqzc5vamamiy30

毎回夏に訪れているので、今年は会場周辺や道中で晩秋・初冬の丹波の自然が見ることができました。
ご参加いただいた皆様、ご企画いただいたスタッフの皆様、ありがとうございました。

Ffpqucbaqaaksdo

さて、教室が終わると、もうあたりが暗くなってきていました。
せっかくなんで、付近で一泊して、丹波篠山名物のボタン鍋でも食べたいと思いましたが、嫁さんから日帰り命令が出て、いつもの中華屋で五目ラーメン。

Ffr5ywkaqaisy72
Ffr5asyamaaoy4l
しかし道中、捕れたて?の猪を見ました!

Ffrjslvauaihbdk

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

 

| | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

「はじめての日本のれきし えほん」

絵本「はじめての日本のれきし えほん」

Fe9j9ueakauroe2

高校の同級生だった溝口イタルくんの絵本です!

Fe9j9xxaqamqxyn

溝口くんとは
高校時代、一緒に東京に旅行に行った仲ですが、彼は忘れてるかも(笑)

Fe9j9vxakaewdvb

こどもから、大人まで楽しく学べるパノラマ絵本で~す(^o^)

Fe9j9wsagaamllo

溝口くんは鉄道の絵本もいっぱい描いてますよ!

amzn.to/3oWFx0v

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

情景師アラーキー展に行く

勤労感謝の日の23日、tskudadosさんと一緒にイオンモール茨木で開催されている「情景師アラーキーの凄い!ジオラマ展」を見に行きました。

Fe2vo9dakamwe5d

アラーキーさんのジオラマはモデラーズエキスポやモデラーズフェスティバルなどで実物を見る機会がありましたが、今回は十数点の作品を一堂に見ることができました。

Dscn0454-2

作品の素晴らしさは言うまでもなく、著書もたくさんありテレビでもよく取り上げられるので、会場は私ら模型大好きオッサン世代だけではなく、若いカップルや子供も男女関係なく、あらゆる世代のお客さんで賑わってました。

Dscn0436-2

Dscn0435-2
ジオラマと言うと、戦車や戦争の一場面、あるいは鉄道模型のようなものを思い浮かべ、興味の有る無いがはっきり分かれそうですが、アラーキーさんのジオラマは、なんて言うか、ドールハウスや与勇輝の人形、映画の三丁目の夕日に近く、世代や男女関係なく訴えかける郷愁のようなものがあり、そのジオラマの中の住人になり入り込めそうな雰囲気があります。

Dscn0394-2

もちろんそのようなドールハウスやジオラマはこれまでもありましたが、ひとりで昭和からSFまでのバリエーションは珍しいし(例えば昔の自転車屋のようなお店がスクラップのロボットを売ってるうような)、また非常にしゃれた見やすいガラスのショーケースに入る、統一された大きさにジオラマが作ってあることも、このような展示会を行うことを当初から考えて作っていたのも珍しいかもしれません。

Dscn0402-2

これは氏が大手電器メーカーに勤めていたころから趣味で作っていたことを考えると、とても戦略的作戦だったと思います。

Dscn0413-2

たとえ思ったり企画しても、それを実際に行うこととは大きな隔たりがあります。それを実現したアラーキーさんは凄い!と思いますが、それは凡人の想像で、実はアラーキーさんの理想はもっとはるかに凄いものかも知れませんね。これからも期待!

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧