2017年3月25日 (土)

京都大アンティークフェアに行く

昨日は京都パルスプラザで開催中の京都大アンティークフェアに行きました。

A1
最近時間があれば見に行くようにしてるんですが、魔がさして買ってしまうといけないので、なるべくお金は持っていかないようにしています。

A8
今回もつらつらと見て回りましたが、やっぱり欲しくなるものがありました。

高さ50cmぐらいの博多人形のアイヌ人(かな?)。よく出来ていますね。

A7
木彫彩色の虎。すこし汚れてますがいいですね。

A10
作家さんの木彫カエルの相撲。なかなか手の出る値段ではありません。

A11

もちろん集めている春画人形もあり、珍しく販売していた百貨店の箱つきのものがありました。

A2
なので、中身はキレイでしたが、しっかりお値段も高こうございました。

B1
モザイクなしはこちらをどうぞ(18禁)

さてこちらの伊万里焼の半裸人形。

I1
お値段36万円也。

I2
私も似たような伊万里と九谷の人形を持っていますが、どちらも1万円もしませんでしたが、意匠や細工に違いがあるんでしょうね。

I3
骨董品は難しいですね。

と言うわけで、今回は何も買わずに無事帰宅できました。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年3月15日 (水)

河野甲さんの「カタツムリの世界」展に行く

昨日は「きしわだ自然資料館」で開催中の企画展「魅力あるカタツムリの世界~カタツムリのリアルフィギュア・河野甲ワールド~」に行ってきました。

K1
K2_2
河野氏は皮を加工してリアルで幻想的な生物作品を生みだされている作家さんですが、博物館の展示物なども制作されています。

K3
今回は河野さんが制作した日本に生息している100種以上(!)のカタツムリが展示されています。

K4
こんないっぱい種類がいるんですね!!それにしてもリアルですね!wobbly

K5
殻は本物が使われ、身体部分は皮やシリコン樹脂で作られているそうです。

K7
クチベニマイマイはよく見た覚えがあります。

K6
海外の巨大なカタツムリも!(日本でも見つかってるらしい)

K8
リアルなカタツムリだけではなく、河野さんの世界のカタツムリコレクションも必見!

K9
この呼び鈴、とても綺麗ですね。

K10
企画展は入場無料で3月20日まで開催中です。

きしわだ自然資料館HP 

関連日記:「河野甲 レザーワークの世界」に行く 

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年1月21日 (土)

東寺 初弘法に行く

今日は東寺の初弘法に行ってきました。

だいぶ前にも来たことがあるんですが、あのころとは見たいものが変わってますので、楽しみです。

H1
天気予報では京都市内でも雪の予報もあった寒い一日でしたが、日差しも出る天気の良い一日でした。

H3
骨董店だけでなく、手作り品や食べ物の屋台など1000店以上の出店があり、見てまわるだけでも結構楽しいです。

H2
目当ての春画人形などを置いているところも何店かあり、値段を聞いてはビックリしたり、あきらめたりした末、なんとか手の届きそうな人形を2点購入しました。
裏絵博多人形と伊万里焼き(?)のお多福人形。

H4
博多人形のほうはけっこう汚れてましたが、年代モノということで。

H9
お多福は上品な出来で綺麗だったので思わず購入。ひとり遊びバージョン!

H8
(無修正版はこちら 18禁!)

寒い日で、温かそうな食べ物屋もいっぱいあり、タイ焼きとお好み焼きで小腹の足しにして帰宅しました。なかなか楽しかった!また行こう。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

ツイッター始めるとブログが書けん!

昨年秋からツイッターを始めたせいか、どうもブログの更新が滞りがちです。
ツイッターに日々のことを書いてもどんどん埋もれてしまいますが、前にも書きましたがブログは日記・備忘録代わりで読み返すことが多いので、ツイッターの繰り返しになりますがやっぱりこちらでも書いておきます。

年始に患ったインフルエンザも良くなり、11日に嫁さんと毎年行く石清水八幡宮に遅まきの初詣。

I1
12日に近くのシネコンに嫁さんと映画「この世界の片隅に」を見に行きました。

K1
すずさん役ののんちゃんは適役ですね。吐息のようなため息や笑い声は彼女にしか表現できないんじゃないでしょうか。遊郭のりんちゃんが切なかった。

13日は皮膚科、眼科と病院回りをしたあと、京都パルスプラザの「アンティークフェスタin京都」に。来たのは2回目ですが、小規模な骨董市ですぐ見て回れました。

I2
I3
前に出店していた春画人形のお店はありませんでしたが、欲しかった医学標本があったので購入。

I4
残念ながら製作会社(島津製作所や京都科学など)のシールがなかったので、どこ製かわかりませんが、樹脂製の量産品ではなく、蝋細工の手作り品のようです。

I5
さて、今日15日はこちらでは珍しく雪が積もりました。

Y1
Y2
雪道は怖くて車を動かせず、仕事場にも行けませんので、今日は自宅で年末に録画していた「ホビットの冒険」3部作を見ることにしました。
スマウグ、ようしゃべるな~。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2017年1月 5日 (木)

新年おめでとうございます。

って、もう1月5日ですね coldsweats01

正月早々にインフルエンザに罹って寝込んでしまう2017年の始まりでした。
S2
さてやっと楽になり、年末に地震対策して整理した工房のガラスケースにコレクションの裏絵博多人形や春画人形を並べる仕事始めでした。

S3
なんか熱病で浮かれたせいか、調子に乗って色々飾ってしまいましたが、今後18歳未満は工房見学禁止だな、こりゃ。

S1
ま、こういうものは縁起物とも売られていたもののようなので、正月らしくて良しとお許しを。

こんなどんどん恐竜から遠ざかっていく私ですが、みなさん今年もあたたかい目で見守ってください。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年12月28日 (水)

ジシン対策作戦!

(シン・ゴジラ ヤシオリ作戦のBGMを脳内再生してお読みください。)

今の工房に2010年秋に引っ越して、まる6年経ちました。
一階の作業部屋には当初から作品やコレクションを収容するガラスケースを4基備えつけましたが、その間にも東北、熊本と大震災があり、ず~と地震対策しないとと思いながら今に至ってました。

O1
そんなおり、「倒れストップベルト」なるものを見つけ購入。

O2

ベルトを家具の前面からぐるっと後ろに回して、床面に固定する方式です。

Dscn3434
しかし、もう設置してあるガラスケースを動かすことは大変なので、
O4
本来の使い方とは違いますが、ベルトを短く加工して後ろの壁にネジ止めし、ケース前面に引っ掛ける方式にしました。

O6
後ろに窓があるので、ベルトの何本かは角度をつけての設置になりましたが、半日かけてなんとか設置完了。

これで対策していなかった今までよりも少し安心ですかね。(このブログを書いてる今も茨城県で震度6弱の地震が!)

O7
上面には落ちても大丈夫そうなソフトビニール製のフィギュアをとりあえず置いておきます。

O8
でもまだこのあたりや、

O9
このへんが無対策なので、なんとかしないといけませんね。

O10
どうも天井が高いので、突っ張り棒が取り付けられないのがネックやな~ despair

12月29日追記:ガラスケースやデトルフの扉が開かないように施錠する方法がネットで紹介されていました。

L1
専用の鍵などは高価ですが、百均の補助錠が安価で簡単みたいなので、早速やってみました。

L2

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (4)

2016年12月18日 (日)

忘年会のマル秘話

昨日は毎年参加する(元海洋堂スタッフ)銀ヘルさん主催の造形家仲間の忘年会に行きました。
そこで、(やはり元海洋堂スタッフの)かたやまひろしくんに30年ぶりぐらいに再会して、当時(1985~90年頃?)の話で盛り上がりました。(かたやまくんは、当時「北斗の拳」シリーズを手がけてました。画像左。私の右にあらせられるは世界のボーメさん。かたやまくんはブランクを経て海洋堂で造形を再開。)

Dscn3278
当時、出来あがった原型を病院の仕事が終わってから、夜中に海洋堂に持って行くのが常で、そのころかたやまくんはまだ高校生ぐらいだったそうです。
ふらりと不定期に突然やってくる私は、長時間センムさんや古株のスタッフとベラベラおしゃべりしてたわけですが、そのとき私が占領していた椅子や机は、実はかたやまくんの場所だったそうで、私が占領している間、遠慮して作業場の掃除などをしていたそうです。全然知らんかったわ~coldsweats01 ゴメンネ!

そして、あるとき、私がスティラコサウルスの原型を持ってきたとき、「この喉の部分はオ○コ(女性器の隠語)の形で作ってんねん」とかなんとか私が言ったみたいで、(まだ高校生でウブだった)彼が、その部分が見たくて原型を持ち出したところ、不注意で落としてしまい、角が破損!夜中の間に折れた部分を作り直したそうです。
「だから荒木さんのスティラコサウルスの角の一本はぼく作です!エッヘン!」って昨日言ってました。てめ~!angry

Dscn5035
(1/20 スティラコサウルス1987年作 出典 http://dinotoyforum.proboards.com/thread/4090/large-figure-collection

ま~そう言えば、喉部分をそんな風に作っていた時期が確かにありました。1980年代後半の作品かな~。 
これは子供用の図鑑にもよく掲載された「1/20 ティラノサウルス1988」

T1
エイリアンのデザインをしたH・R・ギーガーの影響だったんでしょうね。

T2
今はもうやってませんが、粘膜部をよりエロチックにリアルにしたかったのかな。(←いや。ただのスケベ bleah

T3

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年11月29日 (火)

エレベーターの中の妄想

少し前に思った、どうでもいいこと。
私は今フリーランスで、むさ苦しい工房で一人で仕事しています。
10年前までは30年近くの間、何ヶ所かの病院のスタッフで働いてましたが、いずれも小規模の病院でした。
今回、某大手デパート内にある会場で5日間ほど仕事があり、関係者通用口を利用する機会がありました。
通用門に入るときは守衛のチェックがあり、エレベーターまでも延々通路を歩き、初日はなかなかの迷路のようでした。その間もいろんな売り場のユニフォームの女性とすれ違います。
迷路に慣れてくると、エレベーターに乗ってくる「デパート職員=若い女性多数」に、これまで経験したことに気付きました。「なんだ!この香りは?」
エレベーター内に充満していたのはズバリ!お化粧品の芳香。
普段と違う経験でした。
もし違う人生、普通のサラリーマンで、デパートやOLさんの多い職場で働いていたら、毎日こんな良い香りを嗅ぐ毎日だったのかもしれませんね。

O1
さて、話は変わって、普段通り毎日(ルーティンワークと言ってはなんですが)模型を作る仕事をしていますが、ここ数日、嫁や子供のガラケーからスマホ買い替えや自宅の配水管の掃除などの手続きや立会いで長時間費やしてヘトヘトになってしまいました。
別に自分の身体を動かしているわけではないのですが、いつもと違うことをすると精神的にもしんどくなるのは歳なんですかね~。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (2)

2016年11月13日 (日)

幸せな1日

今日はtsukudadosさんと一緒にあべのハルカス 大阪芸大スカイキャンパスで開催中の「竹谷隆之の創作神 マクタカムイ展」と竹谷さんと海洋堂センムさんのトークショーに行ってきました。

H2
マクタカムイ像は大阪芸大に常設される、創作、創造を司る神としてプリミティブなデザインで、ブロンズで鋳造されています。

H3
竹谷さんの造形は大好きで、リボルテックの仏像はもちろん、巨神兵サムライプレデターなど持っています。

H13
ただこれまでお会いする機会がありませんでしたが、今回幸運なことにセンムさんの計らいで、憧れの造型師にお会いすることができました。

H5
(ちゃっかり)持参した著書にもサインしてもらえるなんて、なんという幸せ!

H6
もう良い人オーラーがあふれていますね。(下品オーラ全開の私とは大違いです)

H4
トークショー前のお忙しいお時間に本当にありがとうございました!

H7
その後トークショーを聞きますが、造型の方法はもちろんですが、どういう経緯で造型家になったかなどの話は本当に面白いですね。

竹谷隆之の創作神 マクタカムイ展」は11月30日まで開催中です。(入場無料!)

その後、One-Stepさんに行き、まっつくさんの1/12スケールの女子高生と自転車を購入。

H11
なんて繊細なパーツなんだ!!

H12
その後、久しぶりにGILL GILLさんに寄り、めちゃカッコいいシレーヌを見せてもらいました。

H8
寺田克也氏画、塚田貴士氏原型「妖鳥シレーヌ」 完成品販売を予定しているそうでっせ!

H9
やはり塚田貴士氏原型の韮沢靖氏 の「ニナ・ドロノ」のキット祖組み。かっこいい!

H10
いや~今日は大変満足な一日でした。

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

2016年11月 9日 (水)

KAME HOUSEさん工房に来る

先日名古屋の東急ハンズでご一緒した、KAME HOUSEさんが工房を訪ねてきてくれました。

K1
ハンズの販売が終わったあと、高知 四万十のかっぱ館、広島、鳥取のカエル工房さんを巡られたそうで、楽しそうな旅ですね。→ KAME HOUSEさんのブログ 
遠いところまでありがとうございました!

ところで、トランプが新しいアメリカ大統領ですか!世界はどうなるんでせう??

(このブログは「恐竜模型の世界」の一部です)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧